20191229105200

皇帝のいない空蝉(うつせみ)

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20191005025548j:plain



 

こんにちは、メロンです。テーマは私の人生です。

 

メロンちゃん、テーマはあなたの半生を通して、語らしてもらいます。

 

半生って、私はまだ、27歳ですよ。

 

こんにちは、Greenです。今回は、今何かうまくいっていない、何か人生が思い通りに全然行かない。何か苦しいなと感じている時は、環境を変えるよりも、自分の心の在り方自体を変えていきましょうというお話です。

 

私は結構大切なことだと思っているので、よろしければ最後までお付き合いください。

 

メロンちゃんは、ごくごく普通の家庭で、生まれ育った人なんです。

お父さんは、地元の会社に勤めている会社員の方です。お母さんは、日中はパートをしているんです。

メロンちゃんが5歳の時に、弟さんが生まれたんです。

メロンちゃんはすごく大喜びしたそうです。

ずっ~と弟か妹が欲しいと思っていたので、大喜びしたそうです。

 

 

 

妄想

 

ですが親からの愛情の矛先が、どうも自分よりも、弟の方に向いているという感覚を持ち始めるんです。

どうしてそういう風になっていたかといえば、例えばただでさえ忙しいお母さんは、家にいるときは、全部弟につきっきりになっているんです。

あるいは、お父さんが仕事から帰ってくると、本当にラスコリーニコフは俺に似てるなと言ってみたり、将来は早くサッカーをやってみたいなとか、どこか釣りにでも行きたいなとか、いわゆる男同士の話なんですね。

そういうことを楽しそうにしているので、なにか自分だけ構ってもらってないような自分の頭の中で、妄想なのですが、思い描くんです。

 

それをだんだん膨らまして行ったんです。

 

行動

 

その時メロンちゃんは何をしたかというと、何とかして親の愛情を自分に取り戻そうとしたんです。

考えた末にとった行動は、拗ねてみるということをしたんです。

何かわざとぐずってみるとか、わざとぐずってみたり、拗ねてみたりすると、親は「よし、よし仕方がないわね」という風に、子供なりの愛情の感じ方を期待して、拗ねてみたりぐずってみたりとか色々してみたそうです。

しかし実際に起きたことは、予想に反して、「あなたはお姉ちゃんなんだから」と怒られるんです。

「お姉ちゃんだからもっとしっかりしなさい」「お姉ちゃんだからそんなこと言ってはだめ」

そういうことを言われるわけです。

そういうこともあって、メロンちゃんはまた考えるんです。

どうすれば良いんだろうか? 拗ねてもぐずっても駄目だということに気がついたんです。

どうすれば親の愛情を、自分に取り戻すことができるのだろうか?

 

他人軸

 

そこでメロンちゃんが考えた方法は、なんでも言うことを聞く良い子になるということです。

ちゃんと親の言うことを忠実に守る良い子になると決めたんです。

今度はこれを実験してみるわけなんですね。

例えばお母さんがやっているように、家事の手伝いをしてみるとか、お風呂掃除を言われる前にしてみるとか、おもちゃをちゃんと片付けるとかですね。

良い子の行動をすればするほど、お父さんとかお母さんが喜ぶわけなんです。

例えば親がこんなことを言ったりするんです。

「メロンちゃんは、すっかりお姉ちゃんらしくなったね」

そういうふうに、どんどん親は喜ぶわけなんです。

メロンちゃんは、親の喜ぶ顔をさらに見たいので、メロンちゃんは、どんどん、どんどん親が考える良い子になっていくんです。

 

認知の歪み

 

それに向かってメロンちゃん自身の人格を形成していくんです。

ここが色々な問題を生み出していくスタートなんです。

後々、メロンちゃんはそういう風に気づくわけなんです。

メロンちゃんは、どういう人生を生きてきたかと言うと、自分の人生を生きるというより、親が考える良い子を演じる人生を生きていくわけなんですね。

ところがメロンちゃんが、どんどん大人になっていって、高校生ぐらいの時に彼氏と付き合うようになったんです。

その時期から、いくつも何かおかしいぞという経験をするんです。

例えば彼氏に二股をかけられてしまうとかですね。

暴力を振るわれてしまうとかです。

屈辱的な事ばかりされるようになったりするんです。

何か嫌な風になっていくんです。

何かおかしい、なんでだろう。

メロンちゃんもそういう体験をを、たくさんするようになったんです。

 

自動思考

 

今度は大人になっていくと、自分でもよくわからない。

自分でもなぜそうなるのかよくわからない問題を、抱えていくようになるんです。

例えばどういうことかと言うと、お付き合いしている彼氏と深い関係性になっていくと、そのとたんに、相手の人に興味を失うんです。

急に冷めていたりするんです。

あるいは相手の嫌な部分ばかり、急に見えるようになっていくんです。

あるいは、この人には自分なんかもったいない、自分はこんな素敵な人に、ふさわしくないんだという風に急に感じてしまうんです。

そのせいでお付き合いが、長続きしないんです。

本当はメロンちゃんは結婚したいんです。

そういうふうに思っている相手がいるにも関わらず、どうしても何か分からないけれど、結婚に踏み切れない自分が居てるんですね。

すごく葛藤を抱えて苦しいんです。

苦しすぎて仕事もままならないんですね。

どうしてメロンちゃんの心の中で、自分でもコントロールのできない状態みたいなことが起きてしまうんでしょうか?

 


トラウマ

 

これは先ほど、お話しさせていただいた通り、幼い頃に自分の素直な価値観、自分の気持ちを優先するよりも、相手の喜ぶこと、悪い言い方をすれば、相手の言いなりになること、こういうことをしないと、私は嫌われるんじゃないか、私は愛されないんじゃないかということをずっ~と強化しながら、自分の人生を生きてしまったんです。

ですから、結婚したい相手がいると思ったとしても、無自覚、自分では無自覚なんですが、もしこの人と結婚すれば、ずっ~とこの人にこき使わるんではないかと思ったりするんです。

結婚したら余計にありのままの素直な自分で、いられなくなるんじゃないかと無意識が抵抗してくるんです。

これはある意味育ってきた家庭環境で、そこから生じてしまった一種のトラウマなんですね。

そのせいで、ずっ~と作られた自分を演じるんですね。

さらに演じながら、自分を強化してしまったんです。

メロンちゃん自身は、とても気さくで、感じが良くて、優しくて、誰からも好かれるような人なんですね。

 

不安症

 

でもですよ、メロンちゃんが、気さくで、感じが良くて、優しく振る舞ってくる動機は、つまり心の裏側には、相手の言いなり、相手の言いなりにならないと、私は嫌われるんだみたいな根深い恐怖があるんです。

ですからメロンちゃんの心の中には、いつも自分は良い子、「はい、はい」というような良い子でいないと、嫌われると怖い、嫌われると悲しい、そういう動機に基づいて、人と接していたりするんです。

それは関係が深くなればなるほど、もっと苦しくなるんではないかと思います。

もっと言うことを聞かないといけない。もっと言うことを聞かなきゃいけない。

もっと自分を押し殺さなければいけない。

そういう無意識がどんどん抵抗してくるので、それは多分苦しいではないかと思います。

 

そういうわけなんですよ。これを自動思考と呼んだりもします。

 

f:id:shiho196123:20191005030802j:plain

 

自分軸

 

こういったことに気付いていたメロンちゃんは、ずっ~と過去から今までの経緯から、両親に対する自分の見方、自分は弟より可愛がられなかったのではないかか、弟より愛してもらってないのではないか、という見方を変えて行ったんです。

あるいは弟さんに対する根深い怒り、嫉妬心を持っていたんですが、そいうところの見方を変えて行ったんです。

あるいは自分自身への見方、自分は愛されないんだとか、私は良い子子でいないと嫌われる。

 

そういう見方を変えて行ったんです。

 

引き寄せの法則

 

そうすると、メロンちゃん自身が、一番びっくりしていたんですが、これまでとは全く違うパートナーの方が見つかるんですね。

職場で嫌な上司がいたらしいんです。

チクチクやってくるんですね。ねちねちとやってくるんです。

その嫌な上司が、急にそういうことをしなくなったんです。

メロンちゃんはご両親や弟さんにも、取り繕った関係性、本音を語れなかったんですね。

その関係性が、びっくりするほど、ものすごく改善していくんです。

そういうことが、どんどん、どんどん起きだすんです。

メロンちゃん曰く「引き寄せの法則の意味がやっとわかりました」

 

そういう現実が起きてきたということです。

 

フォーカス

 

なので今もしあなたが、感じている不愉快な現実、そういうことが起きているのであれば、実はそれは自ら、間違ったところにフォーカスを当てているせいで、あるいは間違った方向に努力しているせいで、どんどん自らが、作ってませんかということです。

なので今の不愉快な現実を変えるために、例えば環境を変える、新しいスキルを身につける。

ことを私たちは行ったりするんですが、あるいはもっと自分の役職が上がれば、今の不愉快な環境から、脱出できるのではないだろうか。

そういうことを考えて、いろんな努力をするんです。

けどもですよ、そうではなくて、そもそも自分自身の在り方みたいなところ、短期目線とか対処療法で考えるのではなくて、ご自身の在り方そのものを変えてみるんです。

自分自身に対する評価自体を変えていくんです。

そういうことをしないと、根本的には何も変わらないと思います。

いくら環境を変えても、同じような問題を繰り返してしまうんです。

あるいは倍返しでやってくるんですね。

そんなことが起きたりするんです。

今あなた自身が、すっかり嫌な現実に巻き込まれてしまっています。

そのような場合は、何か環境を変えるために努力するとか、そういうことよりもご自身の在り方を、もう1回見直していくんです。

そういうことをすれば、これまでと違った世界を、経験できるのではないかと思っています。

少し抽象的な話だったかもしれないんですが、実際にメロンちゃんに起きたこと、時系列で語ってみました。

 

最後に

 

メロンちゃんはそれまで役職が上がれば、こんな嫌な世界から抜け出せるのではないかとか、自分が新しいパートナーを見つければ、嫌な世界から抜け出せるのではないかと、メロンちゃんはそっちの方に頑張っていたんですね。

そっちの方に頑張れば頑張るほど、実は余計に自分のことを苦しくしていたんです。

そうではなくて、メロンちゃん自身の在り方、自分は良い顔しないと嫌われるんだ。

そういう在り方自体を変えた瞬間に、ガラッと世界が変わっていったということです。

もし自分の在り方を見直したいなという方は、環境を変えるよりも在り方を変えてみましょうということです。

 

いかがでしたでしょうか、今回は、そういうことについてお話をしてみました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

www.shiho196123.net

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村