コンクラーベ

斉藤一人さんです

20191229105200

斉藤一人さん 社長のお仕事

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20210411174041p:plain

 

 

常に、新しいひらめきや戦力で先を見てなきゃいけない。

 

 

一人さんのやり方は、「教える」じゃなくて「見せる」

例えば、上司が部下に仕事を教える時は、どう教えたら部下は簡単に理解できますかっていう話なんだけど。

俺の場合は、相手ができないことは、片っ端からしてあげちゃうんです。

いわゆる「教える」ということはしないんだよね。

うちの会社でも、お弟子さんが社長業を始める時には、最初は何もかも俺がしてあげたの。

初めてのことは右も左も分からないんだから、出来なくて当たり前だよね。

だから、全部俺がやってあげる。

それをそばでじっと見ているうちに、みんな少しずつ仕事ができるようになったの。

早く仕事を覚えさせようとか、そんなことはしないんです。

できるようになるまで、俺が代わりにやってあげたら済む話なんだよ。


試験で言うとね、俺が100点を取れるんだったら、できない人の代わりに俺が問題を解いてあげるの。

そうすれば、誰でも100点が取れるよね。

もちろん、学校の試験で替え玉は駄目だけど。

でも社会に出たら「人の仕事を手伝っちゃいけません」なんて決まりはないから、どんどん手伝ってあげたらいいんです。

で、お弟子さんは俺の仕事を見て、一つ一つ覚えていけばいい。

それを、世間の人は「苦労させなきゃいけない」「実力をつけさせなきゃ」とかって言う。

あのね、そんなことを思うより、できるあなたがやってあげたらいいよね。

それが一番簡単で早いし、教えられるほうも楽なんです。

一人さんのやり方は、「教える」じゃなくて、「見せる」なんだ。

見せあいっこが許されているものは、仕事でもなんでも、みんなで見せ合えばいい。

そうすればみんなで向上していくし、お互いがいい意味で切磋琢磨するようになるんです。

少なくとも、うちの会社はこのやり方で全員が大成功したんだよ。


仲間と一緒に成長できるって、すごく楽しいの。

社員同士は、ライバルじゃなく仲間です。

それなのに仲間同士で熾烈な争いをしたり、嫉妬して足を引っ張りあったり・・・・・・。

日本は、そういう会社がなぜこんなに多いんだろうって。

仲間なんだから、一緒に楽しく向上すればいいよね。

それが豊かな心につながるし、神が望む道なんです。


足の引っ張り合いをすれば、優位に立てる人と脱落する人が生まれる。

それに対して、全員で一緒に成長すれば、脱落する人がいないから、会社の売り上げだって伸びるよね。

自分だけ向上したいって、そういうのは貧しい心だよ。

で、貧しい考えの人には神が味方してくれないから、貧しい現実しかもたらされないんだ。


嫌いな人からまんじゅう一個でも受け取らない


世の中には、会社や社長の悪口を言いながら給料をもらっている人がいます。

でも、そんなに相手が嫌いなんだったら、お金をもらうべきじゃないんだ。

俺だったら、嫌な奴がくれるものは、饅頭一つでもお断りするけどね。

お前からは、米粒一つだって受け取りたくないぞって。

何が言いたいんですかって、お金でも物でも、好きな相手からもらうおよって話なの。

会社や社長が好きだから、ここで働く。

それが正解なんです。

だから俺の会社だって、「斎藤一人」という人間が好きな人にだけ働きに来て欲しいし、俺のことが嫌いな人に来てもらう必要はない。

斎藤一人って、そういう人間なんです。

大体、人の悪口を言いながら給料をもらうなんて、相当カッコ悪いよ。

もし、あなたが会社や社長、上司の悪口を言いながら働いているんだとしたら、自分がどれほどカッコ悪いことをしているか、そのことを認識したほうがいいと思います。

でね、「社長は絶対これをしなくちゃ駄目」っていうのがあって。

それは、社員には滞りなく給料を渡すこと。

これだけは絶対に破っちゃいけない、社長の責任なんです。

よく、「社長は仕事もしないで」とか言われるんだけど、社長に給料を払っていれば、その社長はちゃんと仕事をしているの。

だから、社員はそれ以上のことを社長に望むべきじゃない。

だって社長の仕事は会社に黒字を出して、社員に給料を渡すことだから。

それが社長の、唯一の仕事なんです。

わかるかい?

社長が社長としての仕事を全うするには、社員には見えないものを見なきゃいけないんだよね。

常に、新しいひらめきや戦力で先を見てなきゃいけない。

それを、社員の隣で社員と同じような仕事をしているようではだめなの。

いつも会社にいて社員を見張るとか、そんなの社長の仕事じゃないよ。

そんなことをしている社長は、社長の仕事をしていないことになるから、高い給料もらっちゃいけないんです。

好況でも、不況でも、いつでも利益を出すのが社長の仕事。

どれほど風が強かろうが、波風を立てずに会社を率いていくのが社長なの。

そういう社長のいる会社だったら、社員は会社の事も社長の事も好きでいられるし、安心して楽しく働けます。

だから、会社も安泰だよ。

 

 

f:id:shiho196123:20210411174846p:plain


本当は誰もが頭のいい人間なんだ


一人さんってね、特別頭がいいわけじゃないんです。

ただ、神が味方してくれているだけなんだよね。

じゃあどうすれば神が味方してくれるんですかって言うと、神が望む生き方をすればいい。

その第一歩が、「自分の中にいる神」を信じることだよ。

人は誰もが神の子だから、みんな自分の中に神がいます。

で、自分の中に神がいるということは、言い換えれば、人は皆成功するようになっているの。

だって神は全能だから、失敗なんてしないでしょ?

自分の中にいる神を信じていると、もし失敗したとしても、

「あ、これは神様からの間違っているよというサインだな」ということが瞬時にわかるんです。


やり方が間違っていることにすぐ気付けるから、失敗を踏み台に、成功の階段をだだっと駆け上がっちゃう。

そうすると、いとも簡単に成功しちゃうんだよね。

だけど神を信じていない人は、失敗が大失敗になるまで間違いに気付けなかったり、「なぜ自分は失敗ばかりするんだ」って怒ったり泣いたり。

結局、いつまでも成功できないままなんです。

本当は、誰だって頭がいいの。

神が味方してくれたら、「簡単にできること」がパッとひらめくんだよね。

要は、簡単に楽しく成功できるの。

それを傍で見ると、「あの人は天才だ」ってことになるわけで、誰にでもそういう現象は起きるんです。

でもね、神が味方してくれなければ、なかなかアイデアは降りてこない。

そうすると、自分で苦労してアイデアを絞り出すしかないんだけど。

そういう時って、苦労しなきゃ形にならないようなアイデアしか生まれないんです。

結局、どこまでも苦労が続いちゃうんだ。


一人さんってね、何十年と経営方針を変えていないんです。

今でこそ会計士さんをよく分かってくれているんだけど、創業当時は、会計士さんですら、俺の経営は何をどうしたいのか全然わからなかったんだって。

時代が変わって、最先端の経営手法が海外から入ってきた時、会計士さんがびっくりしたんだよ。

「えっ、斉藤さんはもう何十年も前から、この経営手法でしたよね?」

要は、うちの会社は創業地から一貫して、理想的な、一流の経営手法をずっと貫いてきているって事なの。

別に自慢したいわけじゃないんだ。

俺はただ、人が何十年もかけないと分からないことが、なぜかぱっとわかっちゃうんです。

それだけの知恵がどこから出てきたのかって言うと、間違いなく、自分の中の神がくれたものね。

俺には、そんな力はないからね。

神は、何をどうしたらいいか、全て知っているんだ。

 

斎藤一人さんの話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとうございます。

 

www.youtube.com

https://youtu.be/yGA9szsyOsE

お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

我が儘勝手で申し開きもございません。

上記の赤色のボタンを押してくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村