20191229105200

斉藤一人さん 本当の幸せって、どんなだろう

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200516124403j:plain

 

 

そんな時は、「どうしたら、あの人が喜ぶだろうか」

「どうしたら、この人は幸せになるだろうか」

そんなふうに、人の幸せを考えてみたらどうだろう。

 

 

 

本当の幸せって、どんなだろう


本当の幸せ。

それって、なんだろう。

あなた、本当に幸せですか?


もし、あなたが「今、すごい幸せで、これ以上何も望みません」というのなら、それは、あなたにとってはもちろん、私にとっても喜ばしいことであって。

そういう、すごい幸せな人からしたら、この話は必要ないかもわかんない。

それから、「釣りが大好き」「ゴルフが大好き」、自分の好きなことを考えていればハッピーなんだ、って。

そんな、自分の幸せを見つけちゃった人には、やっぱり、一人さんは「よかったね」っていうことで。

ただ、自分の幸せ、というのが見つかっていない、「人生、つまんないな」とか、「なんで、自分をこんな目に遭うんだろう」とか思ってる人。

それから、本当の幸せって、どういうものか知りたい人。

今も、そこそこ幸せだけど、もっと、自分は幸せになれるんじゃないか。

そういう人に、一人さんから提案があるんです。

自分の心をが幸せを渇望して、「自分の幸せって、どこにあるんだろう」とか、考えてる時。

そんな時は、「どうしたら、あの人が喜ぶだろうか」

「どうしたら、この人は幸せになるだろうか」

そんなふうに、人の幸せを考えてみたらどうだろう。

 

本当のお楽しみは、これからだ!


人生って、不思議です。

「自分の人生、つまんないな」

「俺って、ついてないな」と言ってた人でも、人を喜ばす人生を歩き出すと、展開が凄い違ってきちゃう。

人生が急に輝きだす、って言うのかな。


例えば、前に、若い男の子で「自分と仲良くしてくれる人がどこにもいないし、世の中、つまんない」っていう人がいたんです。

ところが、人を喜ばすことをやり始めたら、会社やなんかで、仲良くしてくれる人が出てきて、毎日「楽しい、楽しい」って言い出したの、その子。

しばらくしたら、仲の良い人と一緒にサークルに出かけるようにもなって、そこでも人に喜ばれてて「自分は幸せだ」って。

もっと驚いたのは、最近やけに顔がイキイキ輝いて、かっこよくなってきたから「なんか、いいことあったのかい?」って聞いたら、「サークルで知り合いになった女性に告白されて、今、付き合ってるんです」って。

その子のことを見てて、私、思うんだけど。

よくね、定年退職だとかで、ずぅ~っと家にいて、テレビを見て一日過ごしてるような人に、周りが「こういうサークルがあるから、行ってみれば」とかって言うんだけど。

サークルに出かけたとしても、結局、行かなくなっちゃうと思うんです。

だって、出かけて行っても、そこで、自分が何をしていいのかがわからない。

そうすると、そこもやっぱり、楽しくないんだよ。

だから、そういうサークルへ行く前に、普段の生活の中で、何かひとつ、人を喜ばせることをしてみると、いいかもわかんない。

それで、人を喜ばすって、みんなが思ってるほど、難しいことじゃないんだ。

例えば、女性に「いつも、綺麗だね~」って、いってあげたっていいし。

外で食事をした時、お店の人に「美味しかったよ」というのもいい。

友達やなんかと会ったら、「あなたと会えて、嬉しいよ」とか。

会社に行ったら、上司や社長に「この会社で働けて、私はついてます。感謝してます」とか。

そういう言葉を言っても喜ばせることができるし、字を書いても喜ばせられる。

なおかつ、それをやってる自分自身が、すごく楽しいんだよね。

だから、「人を喜ばせるんだって」ことを、自分の趣味なんかにしちゃうと、いいかもわかんない。


趣味っていうと、魚釣りとか、ゴルフとか、色々な趣味があるじゃない?

魚釣りも楽しいし、ゴルフも楽しい。

いろんな楽しみが、あるんですけど。

ひょっとしたら、人を喜ばす、ということ以上に、わくわくできて、楽しいものって、ないかもわかんないよ。

私自身は、人を喜ばせる以上の楽しみは「ない」と確信してるんです。

実際に自分がやってみての感想だよ。

神がくれた、本当の楽しみ。

だと、私は思ってます。

そうやって言うと、すぐ「一人さん、それ、本当ですか?」って質問が来るんですけど。

それはね、私に聞いちゃ駄目なんです。

自分に聞いてください。

幸せって、自分の心が決めるものだからさ。

だから、自分が人を喜ばすことをやってごらん。

そしたら、私の言ってることが分かるから。


幸せな人は、なぜ、幸せなのか


この前、素敵な踊りを踊ってる人と、偶然、出会いました。

その人はレストランをやっているんだけど、「うちの店にはあまりお客さんが来ないんです」っていうのね。

私は、その人の話を聞いてて、こんなことを思った。

「もしかしたら、そこのレストランに来たお客さんが、誕生日は何かお祝い事があった時、その人のために、1曲、踊りを踊ってあげたら、すごく喜ばれて楽しくなるだろうな」って。


何を言いたいんですか、って。

人間って、自分が楽しむことを先に考えちゃう傾向があるんだけど。

自分が楽しむことを考えるのはいいんだよ。

私は何も、「それは悪い」と言ってるんじゃないからね。

ただ、意外なことに、自分を先にするより、相手が楽しむことを先に考えると、もっと、もっと自分が楽しくなってくる。

自分の楽しみを優先した時の何倍、何十倍も楽しいんだよ、って。

それを言いたいんです。


だから、自分の趣味が踊りだとする。

自分が好きな踊りを踊ってると、「それだけで自分は楽しくてハッピーなんです」って。

だけど、知り合いの誕生日とか、周りにお祝い事やなんかがあった時、「自分の踊りで、人を楽しませられないだろうか」

そうやって考え出した時から、もっと、もっと楽しくなってくる。

わかるかな。


例えば、畑にニンジンの種をまけば、人参が出る。

キャベツの種をまけば、キャベツが出る。

ごぼうの種をまけば、ごぼうが出る。

ここまで、OKですね。

そうすると、農家の人は畑にたねをまきながら、「美味しくて、体にも良い野菜を出したら、みんなに喜ばれるだろうな」とか考える。

「喜ばれるものを作るには、水やりはこうして、肥料はこれにして」とか。

農家の人は種まきしながら、そんなことを考えて、ワクワクしてるんです。

それと同じように、「人が喜ぶ」ことを考える、人を喜ばすという幸せの種をまいていると、すごく楽しくて、幸せになる。


それで幸せの種をまく、人を喜ばすって、「誰々の誕生日を祝ってあげよう」とか、ちょっとしたことで良い上に、、変な話、あまりお金をかけなくても、人を喜ばすことはできるんですよ。

マグカップに字を書いてあげる、なんてのは、100円か、200円の話でしょ。

人を褒めたり、人に優しい言葉をかけてあげるとかって、ただだよ。

それでも、ものすごい効果がある。

「効果がある」というのは、人から笑顔が貰える、って事だよ。


人の笑顔って、生活の足しにも何にもならないようだけど、実はすごいの。

人が喜んで笑顔になった、そういう顔を自分に見せてくれた時って、釣り人が狙ってた石鯛を釣った時とか、ゴルフでホールインワンした時と同じか、それ以上の喜びがあるんです。

素敵な思い出として、いつまでも心に残り、人生を豊かにしてくれる。


人を幸せにする、人を喜ばせることをやったら、自分だけじゃなく、相手の心にも「嬉しいな」っていう思い出が残る。

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村