20191229105200

斉藤一人さん 思いが「すぐに叶う人」「叶わない人」の違い

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200212111526j:plain

 

もっと言うと、私には「神という経営コンサルタントがついている」と思ってるんです。

その神様がお給料として何を求めるかって言うと、私の幸せなんです。

私が豊かな気持ちでいるとか、幸せにしていることなんです。

 

 


「どうすれば幸せになれるの?」と考えてはいけない


多くの学者が研究していて、いまだにはっきりした理由が分かってないんだそうです。

よく「脳や臓器を休めるためだ」って言うけど、もうやつは動きが止まると人は死んでしまうから、活動していてもちゃんと休む時は休むようになってるんだよね。

でも一つ、はっきりしていることがあります。

それは、「寝ている間は何も考えていない」ということです。

人が寝ている間、魂の元である親神様から、人の内なる神様である神我に対して、様々な指示が出るんです。

だから、寝てくれないとその人がいろんなことを考えちゃって、親神様の声をちゃんと受け取れないんだよね。

寝てる時の方が神我が働きやすいの。

だから病気でも寝てる間に治るんだよ。

それで、「寝る前に何を思うかが大事」ってよく言うんだけど、私はそれより「起きている時に何を思うか」の方がもっと大事だと思うの。

だって、起きている時に思ってないことを、夜寝る前に思ったってしょうがないよね。

結局「神我」は愛でできてるの。

だから「人に幸あれ」とか「自分に幸あれ」とか愛あることを思っていると、より「神我」との一体感を感じることができるんだよ。

でも逆に、否定的なことを考えたり「あいつは嫌な野郎だ」とか愛のないことを考えていると、「神我」ちゃんと働けなくなるんです。

それと「神我」という、自分の中にいる紙は最善を知っているんです。

でも私たちは最善を知らないんです。

「どうなるんだろう?」とか「どうすれば幸せになれるんだろう?」って考えない方がいいの。

最善とは、あなたが考える以上のことなんです。

つまり、「神我」は想像もできない方法であなたの問題を解決してくれるんだよ。

いつまでもくよくよ考えているよりも、昼間は自分にも良くて、周りにも良くなるように、愛を持って一生懸命に過ごす。

そして、夜は疲れて寝ればいいの。

そうすれば、すべてはうまくいくようになっているんです。


同じ成功するなら、機嫌が良くて、楽しく成功する人になろう


こういう人は、「機嫌を悪くしていないと、部下になめられるから成功できない」と思っているんです。

ただし、いつも機嫌の悪い人でも、成功してる人はいます。

だけどそれは「機嫌が悪いから成功した」のではなくて、「成功を想像したから」成功したんです。

でもどうせ成功するなら、機嫌が良くて、楽していた方が、自分にも周りにもいいんだよね。

それに、周りに迷惑をかけながら自分が成功しても、その人は幸せになれないよね。

幸せじゃなくても、お金持ちはいるの。

でも周りに嫌われながら、幸せにはなれないんだよね。

お金を持っていても、不幸な人はいくらでもいるの。

お金だけ持ちたいのなら、それでもいいんだよ。
でもそこまで願うなら、もっと人に好かれて、自分も楽しくなった方がいいよね。


競争に勝ったから豊かなのではなく、豊かな考えだから豊かになった

 


「世の中は競争だ」と思っている人がいますね。

そういう人は「人と打ち勝って、その競争に勝った人が成功する」って思ってるの。

でもそうじゃないんだよ。

有限なものを取り合う時には、競争が必要なの。

でも、この世の富っていうのは無限なんです。

ダイヤモンドでも、金でも、毎年掘り出されているよね。

そのダイヤモンドや金を、あの世に持って行った人は一人もいません。

ということは、年々増え続けているんです。

だからこの地球は、年々豊かになっています。

それも無尽蔵に。

「お金は一部の大金持ちが握ってる」って言うけど、その人は自分のお金を銀行に預けてるの。

そして、銀行に預かったお金を他の人に貸したりして、使ってるんだよ。

この世の中には、「絶対になくならない」っていう法則があるんです。

だから、「この世の中には豊かさはいくらでもあるんだ」とか「この世は豊かさに満ち溢れているんだ」と思っている人は、豊かな考えだから、豊かな知恵が出てくるんだよ。

「人を蹴落として」って、考え方が貧しいよね。

昔は中国でも餓死者が出るぐらい貧しかったんだよ。

それが今はものすごく豊かなんだよね。

13億の人口のうち、一億人ぐらい富裕層がいるって言われてるの。

つまり、日本の人口に近いぐらいのお金持ちがいるんだよ。

だからといって、それで誰かが困るわけではないよね。

富はいくらでもあるんだから。

神様にしてみれば、「たんぽぽを一つ作る」のも「一人の人間を大金持ちにする」のも変わりがないの。

どちらも神様にしてみれば「すごいこと」ではありません。

神様にしてみれば、たんぽぽを作るのも、桜を作るのも、お金持ちを作るのも同じなんです。

その逆に「私の畑が実らないんだ」とか、愚痴や泣き言を言っている人には、その通りに服を出すのも簡単なんです。

それだけのことです。

神様のすることは、決して難しいことじゃないんだよ。

 

f:id:shiho196123:20200214162406j:plain


「私は人から妬まれない」で妬まれることはなくなる

 


お金持ちに対して嫉妬したり、妬んだりする人がいるんだけど、そういうのは貧しい考え方なんだよね。

貧しい思いをしているから、貧しいことが起こるんだよ。

「悪いことは何もしていないのに、なんで私は貧しいの」って思うかもしれないけど、あなたが何を思うかの方が大事なんだよ。

下町で育った人が、成功してお金持ちになったら、ほとんどの人が下町から逃げていくんです。

なぜかというと、みんなが質素な暮らしをしている中で、その中から一人成功する人が出てくると、妬みがすごいんだよ。

さらに言うと、それが逆に自分たちを苦しめていることに気づいてないの。

だから、いつまでも貧しい暮らしから抜け出せないんだよね。

その中、私は下町出身で今も下町に住んでるけど、誰からも妬まれたことがないんです。

何故かっていうと、私は「人から妬まれない」って思ってるの。

だから、実際に私のことを妬んでいる人がいたとしても、「その人が私のことを妬んでいる」とは認めません。

「その人はいい人で、影では私のことを褒めている」と思ってるんです。

実際にどうかは関係ないの。

大事なのは「自分がどう思うか」だから、どうにでもなるんです。

常に、「一つ上を行く思い」をすればいいんだよ。

私はたった5人の会社で、納税額日本一になりました。

なぜそんなことができたのかと言うと、「この5人なら充分だ」と思っているからなんです。

だから、「すごい人を引き抜いてこよう」とは思わないの。

最初から、うちにはすごい人が来てると思ってるからね。

もっと言うと、私には「神という経営コンサルタントがついている」と思ってるんです。

その神様がお給料として何を求めるかって言うと、私の幸せなんです。

私が豊かな気持ちでいるとか、幸せにしていることなんです。


悪口を言われても、言い返さない人にいいことが起こる

 


人から悪口を言われたり、馬鹿にされたからといって、そのことを気にしたり落ち込むと、自分の畑に悪い種をまいてしまうことになるんです。

そもそも悪口は、言った方が負けなの。

いくら相手から言われても、自分が言わないでいると、言わない方にいいことが起こるんだよ。

そういう法則になっているの。

悪口を言われてそれに言い返すのは、その人と一緒にビルから落ちるのと同じなんだよ。

世の中に不幸な人がいっぱいいるんだけど、他人はどうあれ、まずは自分の思いを変えるのが先決なんです。

それを他人の不幸を見て「あの人はどうして、あんなことをするんだろう」と考えてイライラしたり、怒ったり、悲しんだりすること自体が、自分の畑に不幸の種をまいているのと一緒なんだよね。

世の中で不幸なことは、「無知」なんだよ。

私たちは無知を解消するために本を読んだり、、勉強するようになってるの。

でも知識を得て、「自分は賢くなった」と思って威張ったり、人のことを馬鹿にするのも無知と一緒なんだよね。

だって、威張ったり、人のことを馬鹿にするのは、「自分の庭に不幸の種をまいていること」と同じなんだから。


毎日、明るく楽しいことを考えて、明るく楽しい現実を創る

 


人間というのはね、「心の思い」次第なんです。

だから「暗くて重い思い」をしている人は、風船の中に泥水を入れているのと一緒なの。

重くて下に下がっちゃうんです。

それに対して、明るい考え方をしていると、「あ、軽い」と言って、空気が風船の中に入って浮くんだよね。

生きている間は、人って紐に結ばれてるから飛ばないけど、死んで手を離されると、暗かった人はずっと地獄に落っこちて行っちゃうの。

でも、明るい人はすっと天国に上がっていくんだよ。

もう1度言うけど、「思い」っていうのはね、心の中に畑があるのと同じなの。

そんな畑に楽しいことと豊かなことをまくとみのるんだけど、実った時にこころに実るんじゃないの。

現実に実るんだよ。

暗いこととか悲しいことを考えていると、本当に暗くて悲しい嫌な奴が出てきたりとかして、思ったことが現実になるんです。

さらに言うと、タネっていうのはたった一粒のたねでも万倍に実るんだよ。

だから、「これくらいならいいだろう」と思って話していることが、とんでもないことを引き起こすんです。

逆に、ほんの些細なことが、素晴らしいことに変わったりするんです。

誤ってへんてこりんな間違った考え方をしてしまった時は、根元から抜いちゃうの。

つまり、否定するんだよ。

否定的な思いが浮かんできたら「それでも、なんとかなる」と言って、その都度、打ち消すんです。

それで、明るく楽しいことを考えるの。

そうすると、現実が変わっちゃうよ。

現実とは、この世の思いなの。

あなたが思っていることが、現実を創っているんです。

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村