20191229105200

斉藤一人さん 病気を都合よく利用していると、病気はなかなか治らない

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200408110116j:plain

 

 

その人の脳の中に、

『病気であることは大変なことだけど、時に都合のいい場合もある!』

という思いが、知らず知らずのうちに出来ちゃうんだよ。

そうすると、その思いがちゃんと体に伝わって、病気がなかなか治りづらくなることがあるの。

 

 

 

病気を理由にして、行きたくない用事を妻に押し付けていた私


一人さんに、色々なことを教えていただくようになってからというもの、一人さんとお会いする時間が、私の大きな楽しみになりました。

体調が悪くても、一人さんにお会いすると、私の具合の悪さはどこかへ行ってしまうような気がするのです。

一人さんに会いに行く時の私の足取りは、「うつの患者」患者とは思えないほど軽がるとしたもので、スキップでも踏みたい気持ちでした。

ところが、これが「町内の集まり」だったり、「親戚の集まり」になると、私の足取りは途端に重くなります。

私の住んでいるところは小さな町で、「今、『うつ』で療養中なんです・・・・・・」と言うだけで、街中の人達の噂を立てられるような気がしていたのです。

それは私の被害妄想なのですが、そういう集いにはどうしても気が進まず、「今俺は病気だから・・・・・・」ということを理由に、妻に全部押し付けていました。

すると、ある日、一人さんから、こんなことを言われたのです。


「しばちゃんは、病気を都合よく使っていないかい?

病気を都合よく使っていると、なかなか治らないよ」


「・・・・・・」


病気を都合よく使うって、一体、どういうことでしょう。

こんなに早く治りたいと思って、日々、一人さんの教えを実践しているのに・・・・・・。

なぜ、一人さんはそんなこと言うんだろう?

私は無言で、考え続けました。

すると、一人さんがこんな話を切り出しました。


「しばちゃんね、俺が言っている『病気を都合よく使う』とは、こういうことなんだよ。

人間というのは、病気で多少、体調が悪い時でも、自分の行きたい所に行ったり、
やりたいことをやったりするのは、すんなりとできるものなんだよね。

でもね。

その人が『行きたくないな・・・・・・』と思う場所ってあるよね。

例えば、『町内会の集まり』だったり・・・・・・。

『親戚の集まり』だったり・・・・・・。

『子供の学校のPTAの集まり』だったり・・・・・・。

『就職の面接』だったり・・・・・・。

『体育の授業』だったり・・・・・・。

『会社』だったり・・・・・・。

そういう場所に行くのが嫌で、「私は病気だから、出席できないんです・・・・・・」

という理由で断るとするよね。

そうすると、その人の脳の中に、

『病気であることは大変なことだけど、時に都合のいい場合もある!』

という思いが、知らず知らずのうちに出来ちゃうんだよ。

そうすると、その思いがちゃんと体に伝わって、病気がなかなか治りづらくなることがあるの。

自分自身の思いが、病気が治ることを止めていることがあるんだよ」


「病気でいると、かまってもらえる」
その思いが、身体にちゃんと伝わっている!


一人さんは話を続けました。

「あと、こういう場合もあるよね。

『私は人付き合いが、苦手だなあ・・・・・・』って言う人っているだろう。

『実は私、病気になったの』と人に話すと、『そうなの、大丈夫!?』とか、

『それは、大変ね・・・・・・』とか、いろんな人がかまってくれたり、優しくしてくれたりするんだよね。

そうすると、その人の心の中に、

『病気でいると、たくさんの人がかまってくれたり、優しくしてくれる!』という思いができちゃうの。

その思いがちゃんと体に伝わって、病気が治りにくくなっていることもあるんだよ。

しばちゃんも、そういうところはないかい?

『行きたくないところ』から、病気を理由にして逃げていないかい?

自分が病気であることを公言していると、人に構ってもらえたり、優しくしてもらえると思っていないかい?

そういうふうに病気を都合よく利用していると、病気ってなかなか治らないこともあるんだよ」


「・・・・・・」


一人さんは、何もかもお見通しだったのです。

私が病気を理由にして、私が病気を理由にして妻に嫌な用事を押し付けていることを・・・・・・。

私は、ゆっくりと口を開きました。

「一人さん! 私、嫌な用事から逃げていました。

病気を言い訳にして、妻に全部押し付けてきました。

病気を都合よく使ってきたんですね。

だから、私の『うつ』は、なかなか治らなかったんです・・・・・・。

そのことに、今日、やっと気がつきました」

すると、一人さんはいたずらっぽく笑いながら、こう言いました。


「そうだね。しばちゃん、よく気が付いたね。

そのことに、自分で気が付いて欲しかったんだよ。

今日から、何があっても、病気を言い訳にしたらダメだよ。

『病気だから、働けない・・・・・・』

『病気だから、外に出られない・・・・・・』

『病気だから、人に会えない・・・・・・』

『病気だから、八つ当たりしてもしょうがない・・・・・・』

『病気だから、お肉はなかなか食べられない・・・・・・』

『病気だから、泣いてもしょうがない・・・・・・』

・・・・・・そんなふうに言っているうちは、病気を都合よく使っていることだからな。

病気を言い訳にしなくなった時、しばちゃんの病気が劇的に良くなるよ。

このことを覚えておいてくれるよな」


その日から、私は自分が病気であることを言い訳にすることは一切やめました。

多少、具合が悪くても、それを理由にして逃げることは、絶対にしないと決めたのです。

「ありのままで人に接して、日々、一生懸命、魂を磨いていく方法!」

心に強く決意しました。

その気持ちに応えるように、私の体調がぐんぐん良くなっていきました。


この一人さんの教えは、今病気の人にとって、ちょっと耳の痛い話でしょう。

でも、本当によくなりたいのなら、もう一度、自分の心の中を見直してほしいのです。

「自分の病気を都合よく使っていたな。

もう今日から、そういう思いは一切手放そう!

何が何でも元気になってやろう!」

そう思った瞬間から、あなたの病状は飛躍的に回復に向かうと私は信じています。

そのことに、どうか気づいてくださいね。

 

 

「自分を許します」と何度も自分に言うこと

 

鬱の人は、とにかく時間さえあれば、自分のことを責めたり、過去のことを思い出して後悔しています。

「俺って、なんでこんなにダメな人間になってしまったんだろう・・・・・・」

「あの時、こうしていればよかった・・・・・・」

多分私と同じようにつまずいたり、失敗しても、

「ま、いいか」

と笑って流せる人もたくさんいるでしょう。

でも、鬱の人は、そのように開き直るということができません。

心がガチガチに固まってしまって、緩めることができない。

緩めたくても、その方法がわからないのです。

そんな苦しい気持ちの最中、一人さんから、こんなことを言われました。


「しばちゃんは、自分の事が許せないだろ」


「・・・・・・」


私は黙りこみました。


だって、一人さんの言うとおり、自分のことが何より嫌いで、許せなかったのです。


一人さんはこう言いました。


「しばちゃん、自分を許しますって飯言いな。

この言葉が、しばちゃんの病気を良くして、幸せの方向に導いてくれるよ」

「自分を許します」

あなたは、この言葉が、何の抵抗もなく言えますか?
私は、どうしても言えませんでした。

だって、心の中は、自分の事が許せない気持ちでいっぱいなのです。

鬱になって、働けなくなって、妻にも子供にも、職場の人にも、迷惑ばかりかけています。

夫が1円も稼いでいない状態なのに、妻は一生懸命一人で働いて、仕事から疲れて帰ってきても、毎日温かい食事を作って、私の部屋に運んでくれる。

そんな妻に申し訳ない気持ちでいっぱいなのに、素直に「ありがとう、感謝してるよ」とも言えない。

むっつり黙っって、もそもそ食事して、「俺は病気で大変なんだ」っていう顔をして。

それでいて、毎晩布団の中で、泣いている自分。

そんな自分を、許せるのでしょうか?

そんな事を考えながら、私がずっと黙りこくっていると、一人さんはこんな話をしてくれました。


「しばちゃんはずっと、自分の事が許せなかったんだよね。

だから、ずっと心が苦しかっただろ。

でもね、自分が許せないと思っていると、体の中の交感神経が刺激されて、心も体もこるんだよ。

そのうち、心がガチガチに固まっちゃって、どうにもこうにも、緩まなくなっちゃうの。

許すという言葉の語源は、ゆるますなんだよ。

だから許しますっていう言葉は、心のコリを解消してくれる言葉なの。

今のしばちゃんにとっては、一番難しい言葉かもしれないね。

でも、この言葉を何度も言って、自分を許してあげようよ。

ダメな自分も、今は働けない自分も、すぐに布団に引きこもっちゃう自分も、全部許そうね。

そしたら、心も体もゆるんで、楽になるよ。

どうしても自分を許しますって言えない時は、こういいな。

自分を許せない自分を、許します。

今の自分をそのまま受け止めて、許してあげるんだよ。

いいかい、しばちゃん、分かったね」


一人さんの話を聞いていて、「なるほど」と思いました。

「自分を許せない自分を、許します」なら、なんとか言えそうです。

私は、まず、「自分を許せない自分を、許します」という言葉を、1日、何度も自分に向かって言いました。

すると、どうでしょう。

驚いたのは、何年もガチガチだった肩や腰の凝りが、ぐんと楽になったことです。

寝返りを打つのも大変なほど、私の体は凝りに凝っていたのですが、それが日に日に楽になって、体が軽くなっていきました。

そして不思議なことに、妻がしてくれることに対して、「ありがとう」「いつも、すまないね」という感謝の言葉がすんなりと言えるようになったのです。

長年、自分の心の中にあった重石が、「許します」という言葉で取れたような気がしました。

私がお礼を言うようになったことで、妻にも笑顔が増えました。

「パパ、最近優しくなったのね」と言ってもらえると、こちらも嬉しいもので、ますますお礼が言いたくなります。

そのうちに私は「自分を許します」という言葉が、抵抗なく、何度でも言えるようになっていました。

鬱の人にとって、「自分を許します」は、一番難しい言葉かもしれません。

その気持ちは、私が誰よりもわかっているつもりです。

でも、あなたを幸せに導いてくれるために、これほど効果的で即効性のある言葉は他にないと思います。

「自分を許します」

どうぞ、1日に何度も、自分に言ってあげてくださいね。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村