20191229105200

斎藤一人さん 幸せになりたい

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20201114182926j:plain

 

 

誰もあなたを幸せにできない!

幸せにできるのは、自分の心だけですと知ってくださいね。

 

 


「幸せにしてもらおう」その不幸の依存体質をやめる

今考えると本当に笑ってしまう話です。

OL時代の私の夢は「玉の輿に乗ること」だったのです。

なぜかと言うと、サラリーマン家庭で育った私には、「自分で商売をして、成功して、幸せになる」という発想が全くありませんでした。

だから当時の私にとって、私がお金持ちになる方法は、たった一つ。

「玉の輿に乗ること」、これしかないと真剣に思っていたのです。


その当時、成功法則の本を読んでいたら「夢はできるだけ具体的に描くと、叶う確率が高くなる」と書いてありました。

もう、早速私は、すごいお金持ちの人と出会い、玉の輿に乗った自分を、できるだけ具体的にイメージしました。

「私が結婚する男性は、南の島をもっているくらいのお金持ち。

私はその島に住んでいて、お天気が良い昼間は白いドレスを着て、白いレースの手袋をして、白いパラソルをさして、海に船を浮かべて、優雅な時間を過ごすの。

ペットはね、南の島宝、ウミガメ。名前は太郎。

夜になると、黒いイブニングドレスを着て、執事のじいやが操縦するセスナに乗って、その島から近いカジノまで行って、綺麗なカクテルを飲んで、ちょっとほろ酔いの気分で、また、自分の島にセスナで戻ってくるの」

これが私の夢でした。


真剣にこの夢を叶えようと思っていましたから、この話を会社でもどこでも、大真面目に語っていました。

ところが、とにかく誰に言っても大爆笑。

「そこまで考えるノー天気すごいぞ」

「まゆみちゃんって、面白いこと考えるよね」

とみんなに大爆笑されました。


もちろん、初めて一人さんに出会った時も、この話をしました。

ところが、ひとりさんの反応は、今までの他のみんなと、全く違いました。

全く笑わずに、とってもやさしい笑顔で、私の花を聞いてくれました。

そして、ひとりさんは、こう言いました。

「本当にお金持ちになりたいの?」

「はい、本当になりたいんです!」

ひとりさんは、こぼれるような笑顔でこう続けて言ってくれました。

「それならなれるよ。なりな」


一人さんのこの一言は、大きくて暖かくて包み込むような優しさと愛に溢れていました。

私の運命を変えた、一言でした。

「この人を信じてついて行こう」と、初めて会ったその時に、私は、心から思いました。

それくらい心を惹きつけられました。

そして、何十年経った今も、ひとりさんの魅力に惹きつけられ続けています。


ひとりさんと知り合って何年か経ってあるとき、突然、ひとりさんにこんなことを聞かれました。

「まゆみちゃん、今、もう玉の輿に乗ろうとか、あんまり考えてないだろう?」

「あれ? そういえばそうだね。何でだろ?」

「それはね、まゆみちゃんが、俺と知り合って、自分で幸せになる方法たくさん学んできたからなんだよ。

玉の輿を狙って結婚してもいいけど、本当は、お金持ちと結婚しても、意外とお金って自由に使えないんだよ。

それに、人のお金をあてにするより、本当は自分で稼いじゃった方が早いんだよ。

自分でたくさん稼いで、自分の好きなものを自由に買って、自由に好きなことをするのが、一番幸せなんだよ。

俺は、まゆみちゃんが誰かに頼らなくても、まゆみちゃんの人生が、うんと幸せになる方法を教えてきたんだよ」

「・・・・・・・!」
私は、一人さんの教えの深さと、愛情の深さに、胸が熱くなりました。


その不幸の依存体質をやめる

ひとりさんはにっこり微笑んで、続けて話してくれました。

「今のまゆみちゃんなら、分かると思うんだよ。

幸せっていうのは、誰かにしてもらうもんじゃないんだよ。

自分でなるものなんだよ。

幸せって、自分の心で感じるものなんだ。

まず自分が、幸せの方へ、幸せの方へと目を向けることをしない限り、幸せって感じられないんだよ。

よく「誰か私を幸せにしてくれないかな」って言っている女の人がいるけど、この人は、誰かいい男の人が現れれば、自分を幸せにしてくれるもんだと思っているんだよね。

残念だけど無理だよ。

どんなにいい男の人が現れても、自分のことを幸せにはしてくれないんだよ。

だって「誰かに幸せにしてもらおう」と思うのって、不幸の依存体質だよ。

そんな不幸の考え方のままで幸せになんてなれっこないんだよ。

やめたほうがいいよ。

わかるかい、誰かに与えられた幸せや、何かものに頼って幸せっていうのは、ほんの一瞬しか、まゆみちゃんの心を、満たすことができないんだよ。

必ず、まゆみちゃんのことを裏切るよ。

何故かって言うと、誰かに幸せにしてもらおうとすると、もっともっとってきりがないんだよ。

無限地獄なんだよ。

だから必ず、自分の思い通りにいかなくなる時が来るんだよ。

でも、まゆみちゃんがいつも幸せに目を向けていると、本当の幸せは、自分の心で感じるものだから、絶対にまゆみちゃんのことを裏切らないんだよ。

人生がいつも幸せとふたりづれになるなるんだよ。

だから、幸せになりたかったら、人や物に幸せにしてもらうっていう、不幸の依存体質を止めることだね」

「ほんとだね、ひとりさん。

私の考えって、不幸の依存体質だったよね。

危なかったよ。

ひとりさん、本当にありがとうございます」

「よかったね、まゆみちゃん」

と言ってひとりさんは、本当に嬉しそうに微笑んでくれました。

その後も、ひとりさんから幸せになる方法を学び続け、全く商売の経験のない私が、OLを辞めて、京都でひとりさんの仕事を始めました。

もちろん、一人さんの商売のコツを一つずつ学んで、ひとつずつ実践していきました。

すると、本当に驚く奇跡が起きました。

おかげさまで、京都の高額納税者に名前が載るほど、経済的に豊かになれたのです。

全く想像さえできなかった、予想外のすごい奇跡です。

でも、何よりも最高の奇跡、今、私には、大好きな仲間がたくさんいるということです。

大好きなひとりさんや、大好きなひとりさんのお姉さんの仲間の社長たち、大好きな取扱店さん、大好きなまな弟子さん、大好きなお客様、大好きなスタッフ。

たくさんの大好きな人でいっぱいの、最高の幸せを、いつも心から感じています。

今、私は、本当に心の底から、「玉の輿にのらなくて、良かった」と思っています。

「幸せにしてもらおうという不幸の依存体質を止める」という、ひとりさんから教わっていなかったら、と思うとぞっとします。

私を、常に、幸せの方向に導いてくれるひとりさんに、いつもいつも、感謝の気持ちでいっぱいです。

ひとりさんは、私にとっての幸せの道しるべです。

あなたに欠点はない、あるのは長所と個性だけ

ひとりさんは、いつも私のことを、すごく褒めてくれます。

実際の私より300%大盛りにして、すごく褒めてくれます。

例えば、

「まゆみちゃんの声は、大きくて、よく通る、本当にいい声だね」とか。

「まゆみちゃんは背が高いから、ヒールの高い靴を履くと、颯爽としてかっこいいね」とか。

実はコレ、ひとりさんに会う前に、私がいつも自分の欠点だと思っていた事なのです。

私は小さい頃から声が大きくて、教室でも、先生から「宮本、うるさいぞ! 静かにしろ!」とよく注意されていました。

それから、私は身長164CMで、どちらかと言うと大きい方です。

だから、背の小さめな女の子を見ると、「可愛くて、いいなぁ」なんて、羨ましく思い、自分もできるだけ小さく見せたいと心のどこかで思っていました。

でも、ひとりさんがそんな風に褒めてくれてから、このでかい声を活かそう。

背を低く見せるのをやめようと思うようになりました。

今では、パーティーでも、「乾杯の音頭」を取ったり、ひとりさんが作ってくれた仁義の歌を読み上げたり、大きな声で元気よく、喜んでやらせてもらっています。

そうすると、本当に嬉しいことに「まゆみさんの元気な声を聞いたら、すごくやる気がでました」などと、皆さんから声をかけてもらえるようになりました。

また、普段からも、ヒールの高い靴を履いて、胸を張って歩いています。

この前、ある背の高い女性に「ある背の高い女性に、まゆみさんのおかげで私もヒールの高い靴は堂々と履けるようになりました。すごく気持ちいいですすごく」と笑顔で言ってもらいました。

そんなことがあると、本当に幸せな気持ちでいっぱいになります。


そんな私に、ひとりさんは、こんな話をしてくれました。

「まゆみちゃん、分かるだろ?

まゆみちゃんが背が高いのは、個性なんだよ。

声が大きいのも個性なんだよ。

人間ってみんな、すごく個性的で、とっても素敵なんだ。

それなのに、何で個性を欠点だと思って、押し殺してしまうの?

個性がなくなったら、その人じゃなくなっちゃうんだよ。

そのことは神様が望んでいないよ。

神様は、あなたのその個性を生かして、磨いて磨いて、輝いて行きなさいって言っているんだよ。

それに、自分が欠点だと思っていることがは、実は自分のすごい長所だったりするんだよ。

よく、「学生時代、どんなことで親や先生から怒られていたかい」って聞くと、みんな自分のこんなところがダメだって話をするんだよね。

ところが、意外にも、その欠点だと思ってきたことが、実はその人の個性なんだよ。

例えばね、「遊んでばかりでダメじゃないか」と怒られてきた人は、遊びを考えるのが得意なんだよ。

自分が楽しむコツを知っている人は、人を楽しませることも得意なんだよ。

それって、立派な個性だよね。

もっと言えば素晴らしい長所だよね。

それなのに、ダメな方からだけ自分を見て、「俺はだめだ」「私はダメだ」って、自分で自分を苦しめるようなことばかりしていたら、幸せになんてなれないよ。

自分の頭も体も全て、自分が不幸になるために使ったらいけないんだよ。

人間って、長所と個性しかないの。

自分の個性は、うんと磨いて、伸ばせばいいんだよ。

まず欠点は、自分の個性だっていうことに気づくことだよ。

実は、自分の欠点だと思っているところが、すごい長所や魅力なんだよ。

それに気がついていかしてごらん。

人生が面白いようにうまくいくよ」


あなたが子供の頃、いつも怒られていたことは、何ですか?
ずっと欠点だと思ってきたことは、何ですか?

今、その過去の呪縛を解きましょう。

だって、実はそれが、あなたの最大の長所で、個性なんですから。

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

www.youtube.com

 お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

 

我が儘勝手で申し開きも御座いません。

 上記の赤色のボタンを押してくださいね。

 



 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村