20191229105200

斎藤一人さん ポアンカレの法則

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20201108223950j:plain

 

 

これと、これを、うまく組み合わせたら、とんでもないものができるぞっていう。

何かと何かを合わせると大ブレークするものが、あるんだよ。

 

 


仕事は楽しい

「俺、仕事が好きなんだよ。

商人していると、めちゃくちゃ楽しいしな」

「私も仕事が好きで、お客さんの喜ぶ顔を見たり、従業員とわいわい働いているのが、すごく楽しいんですよ。

でも、一人さんぐらいの、すごい経営者だと、そういう楽しみって、なかなか、ないんじゃないですか?」

「商人の仕事って、色々あるんだよ。

どれも、楽しいの。

例えば、俺なんかの場合、商品を考える時に、ポアンカレの法則というのがあってさ」

「ポアンカレの法則?」

「1足す1は2じゃん。

ところが、これ一個と、これ一個を足すと、100になるものがある。

それを、俺は考える。

ゲームとして、考えてんだ」

「1+1が100、ですか?」

ひとりさんは楽しそうに、「1足す1が100って、最高だろ」

今ひとつピンとこない私は、「そんな都合のいい事ってあるんですか?」

「あるよ。

例えば、ラーメンな。

あれは、夜鳴きそばの、そばを中華麺にしたもんなの」

「すいません、夜鳴きそばって何ですか?」

「えっ。知らないかい、時代劇とかで見たことないか?

夜になると屋台みたいなので、蕎麦を売りに来るの」

「あ~、分かります。その夜鳴きそばに中華麺を入れた、と」

ひとりさんは頷くと、「そばを中華麺に変えただけで、ダシも具も同じなの。

そしたら、ラーメンというのができて、爆発的に売れたんだよ。

ところが、なんだよ」

「どうしたんです?」

ラーメンができたら、そのラーメンに一つプラスして、味噌を入れたら味噌ラーメンになって、更に爆発的に売れたんだよな。

こういうのが、ポアンカレの法則。

これと、これを、うまく組み合わせたら、とんでもないものができるぞっていう。

何かと何かを合わせると大ブレークするものが、あるんだよ。

だから、常に、商売っていうのは、突拍子もないものを考えるより、みんなが知ってるものを組み合わせた方が成功しやすいんだよ。

みんなが知ってるラーメンに、味噌をプラスするとか、そういうものを考えなきゃなんない。

みんなが知ってるもの、人気のあるもの、じぃーっと見て、そこに一個だけ、ちょろっと加えるだけで大爆発を起こすんだよ。

なあ、面白いだろ。

「いいこと聞いた。

うちの新メニューを考えるときに、使わせていただきます。

他の店の人気メニューを見るときも、そういう見方をしたら、面白いな」

私がそう言うと、ひとりさんは、

「人気のある店を見に行くと、宝の山なんだよ」

「店を見に行くのは、宝探しか~」


商売の極意

よそのお店を見に行った時、そこの良いものを取り入れるのに、「うちの店には合わないんじゃないか」っていうのがあるんだけど。

合わないかどうかは、やってみればいいだけなんだよね。

お客さんが喜ぶのか、受けないのか。

やってみないと、わかんないよね。

やってみてダメだったら、止めればいいんだよね。

俺の知り合いでね、農家レストランみたいな店をやってるのがいるんだよ。

その人に「田舎にもう一軒、あなたの家ができたと思ってくださいっていうコンセプトがいいよ」って、俺、話したの。

それで、自分の田舎の家だと思ってもらえたら嬉しいから、うちの店ではお客さんが来た時に「いらっしゃいませ」じゃなくて「おかえりなさい」、帰る時は「いってらっしゃい」と言わせてもらってます。

というのを書くと良いよって言ったら、その人は「それ、いいですね」って。

ところが、次、そこの店に行った時、知り合いが「秋葉原のメイド喫茶で、そういう言い方をしているらしいんですよ」って、なんだかんだ言って、やってなかったんだよね。

農家レストランの挨拶と、メイド喫茶のそれを、一緒にする奴がいるのかって。

そんなこと言ってる間に、とっととやれって。

もう、即、やんなきゃだめだよ。

なぜかと言うと、仕事のアイデアって、当たることもあるけど、失敗も、いっぱいするんだよ。

失敗したら、改良もしなきゃなんない。

早くやれば、失敗もわかるんだよ。

そしたら、やって改良して、また、やって改良、その繰り返しなの。

一つのことをやるたびに、時間がかかるんじゃ遅い。

それで、遅いもの=お金にならないなんだよ。

全てのものは、スピードなんだよ。

新幹線だって、早いからお金になるんだよ。

テレビの各駅停車の旅だって、30分で、いいとこどりしたのを見せてくれるから、人は見るんだよ。

本当に8時間も10時間も電車に乗っかかってるところをテレビで流したら、その番組、見る人、いないよ。

だから、よその店の良いところを取り入れるなら、即、やる。

即、ダメだったら、即、改良する。

それで、またやる。

その時、一番、気をつけなきゃいけないのは、それをするのに多大なお金がかかっちゃうとか、多大な手間暇がかかっちゃって、本業に影響する、要するに、収入に差し支えるのなら、問題があると思うんだよね。

だけど、、ただのアイデアとか、お客さんがいくらかでも喜んでくれるものなら、即、やるべきなんだよね。


そんな話をしているうち、車は閑静な住宅街。

すると、ひとりさんが突然、「喫茶店に入ろう」

「えっ、どこに喫茶店があるんですか?」

「ほら、あっち」

ひとりさんが指さす方をよく見ると、小さな喫茶店がありました。


競馬は小銭をかけて馬が走り、商いは自分の人生をかけて自分が走る

車を降り、店に入ると、

「あら、ひとりさん!」

お店のママさんが歓声をあげました。

「今日は北海道から俺のお弟子さんが来てくれてね、何か俺に相談したいことがあるらしいんだけど。2階、いいかな」

「どうぞ、どうぞ。

誰もいませんから、ゆっくりしていってください」

「いつも、ありがとね。

コーヒーふたつと、あとは適当にうまいもん見繕って出してくれる?」

「かしこまりました」


2階へ上がると、

「へぇ~、1回は狭いのに、ここは広々としてるんですね」

私が二階フロアを物珍しげに眺めていると、ひとりさんが「ここなら落ち着いて話ができるだろう。さあ、座ろう」

席について私に、ひとりさんは「ところで、恵美子さんから、街中に2店舗目を出すって聞いたけど、準備は進んでいるのかい」

「いや、それが、なかなか」

「街中だと、ある程度の実績がないと、物件を貸してもらえなくて」

「不動産屋さんって、そういうもんよ。

向こうは向こうで、命がけで商売をしてるんだからな」

「それと貯金が。

少しずつ貯まってきているんですけど、街中の物件を借りるには、あともうちょっと、という状態で」

「そうか。

ま、焦らないことだな。

焦って自分のペース、崩しちゃったら、仕事って上手くいかなくなってくるからな。

あ、そうだ、思い出した」

「どうしたんです、一人さん」

「いい話があるんだよ、お金持ちになる方法、聞きたいかい」

「はい、是非」

ひとりさんは、ニコニコしながら、

「ただね、本当の事って、つまんないの。

だから、たいがいの人は本当の話より、面白い話の方を聞きたがるんだよな」

「あはははは・・・・・」と、私は笑って受け流したけれど、

ひとりさんは話を続けます。

「例えば、競馬で儲かってるっていう話、面白そうなんだよ。

俺は、競馬、やりたかったらやりなって言うんだけど、自分はやらないんだよ。

なんでかと言うと、ああいうのは小バクチっていう」

「小バクチって、どういうことですか?」

「仕事というもの、商いってのは、人生かけてんだよ。

自分をかけて、家族や従業員の生活から何から全部かけて、一切合財かけて、自分が走ってんだよ。

競馬は馬が走るけど、商いは自分が走ってるの。

その自分というものに全てをかける。

それと比べたら、パチンコだろうが、競馬だろうか、小バクチじゃあないか。

だから、そんな小バクチにお金を使って、競馬の予想を立てないで、自分の仕事のことで、次はどんな商売が当たるか予想を立てた方が、よっぽど楽しいんだよ。

競馬やパチンコで儲けてビル建てたって話、聞かないだろ?」

「はい、確かに」


商人は1万円儲けるのに命をかけるんだよ

おがちゃんよ、若い子で、「お店持ちたいけど、お金がない」って奴がいるだろ。

そういう人は、月1万ずつでも、貯金するしかないんだよ。

1万円ずつでも、貯めてれば、一年で12万、10年で120万、貯まるよな。

「そんなお金じゃ、どうにもなんない」と思うだろうけど、加速の法則っていうのがあるんだよ。

コツコツ貯めてると加速がついてお金も貯まりだすし、協力者も出てくるんだよ。

苦労の時期にがんばれば、人生という幹から深い根が生えるんだよ。

いっぺんに、どこかからお金を借りてきて、仕事を始めても、案外、うまくいかないもんだよ。

だから、おがちゃんよ、若い子には、「腐っちゃだめだよ。今が頑張り時だからね」って、教えてやってくれな。

それで、もし商売を始めたら、1万円に命をかけるんだよ。

「1万円に命をかける」って、どういうことか、分からないだろ。

簡単なことだよ。

先月より1万円、売り上げを上げるのには、どうしたらいいか、考えるんだよ。

真剣に考えれば、1万円ぐらい売上を上げることぐらい、すぐ見つかるよ。

例えば、お客さんにもっと愛想良くするとか。

お品書きをぱっと見ただけで、人気メニューが分かるようにするとか。

もっと、色々あるよ。

そうしたら、また次の月も、1万円あげることを真剣に考えるんだよ。

それをやっていると、1ヶ月に5万も10万も売上が上がっちゃうことがある。

サラリーマンだったら、お給料が1万円上がるんだって、1年かかる人がざらにいるよ。

商人は、毎月1万円あげることだって可能なんだから、やらなきゃダメだよ。

お金持って、二階から手を振ってる人、みたいなもんだよ。

1階から2階まで飛び上がれる人なんて、いやしない。

それより、裏の階段から一歩ずつ上がっていけば、すぐ2階に上がれるんだよ。

階段一歩、1万円だと思って、命をかけて、知恵を出して行動してごらん。

仕事の面白さが見えてくるよ。

本当に、仕事って、面白いんだよ。

ちょっと地味なようだけど、1からコツコツやるんだよ。

それが遅いようで、成功の一番の近道なんだよ。

加速がつくと、驚くほど速くなるんだよ

あの、加速がついてきた時のスピード感を、みんなにも味わせてあげたいよ。

これが、お金持ちになるための本当のコツだよ。


「少し硬い話が続いたかな」

「いや、そんなことありません。すごい勉強になります」

私がそう言うと、ひとりさんは、

「次はもっと楽しい話をしよう。でも、これも大切な話だよ」

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

www.youtube.com

 お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

 

我が儘勝手で申し開きも御座いません。

 上記の赤色のボタンを押してくださいね。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村