20191229105200

斉藤一人さん いい人だけに、こっそり教える お金に関する魔法のルール

スポンサーリンク

 

f:id:shiho196123:20200304120409j:plain

 

 

この出金をかけないというのは、実に大切なことなのです。

このことが分かっているかどうかで、商売が成功するかどうかが決まってしまうのです。

 

 

 

お金に困るということは
「間違いに気付きなさい!」というメッセージ


世の中には、「お金に愛される人」というのがいます。

その人が何か仕事をすると、不思議と次々に成功して、お金が入ってきます。

また何かを始めると、色々な人が応援してくれて、自然とお金が集まってきたりする人です。

その反対に、お金のことで、いつも困っている人っていますよね。

お金に困っている人には、それぞれ言い分があります。

「一生懸命、働いているのに、全然お給料が上がらない・・・・・・」という人もいます。

「独立したら、道具やお店の内装を整えるのにお金がかかって、お金がなくなってしまった・・・・・・」という人もいます。

「お金を貯めても、病気やトラブルが次々と起こって、そのたびにお金が出て行ってしまう・・・・・」という人もいます。

「お金を貯めても、病気やトラブルが次々と起こって、そのたびにお金が出て行ってしまう・・・・・・」という人もいます。

「兄弟や子供がお金に困っていて、私に頼ってくるので、それを助けているたびに、お金がなくなってしまう・・・・・・」という人もいます。

お金に困っている人達は、よくこう言います。


「私は日頃、いいことをしているし、一生懸命、働いている。それなのに、どうしてお金が貯まらないの?」


では、なぜ、お金に困るのでしょうか?

そこには神様のこんなメッセージがあるのです。

「あなたのやっている何かが、間違いだということに気づきなさい」

神様は、とても優しい方なので、あなたを意味もなく困らせようとはしていません。

あなたのやっている間違いに気づいて、そこを直せば、あなたの所にスムーズにお金が流れるようにしてくれるのです。
だから、もしあなたがお金に困っていたら、どうか一刻も早く、あなたのやっている間違いに気づくことが大事なのです。

 

一人さんの魔法のルール

間違いさえ直せば、 お金の流れはスムーズになるよ

 


これからは誰もが本気で
「お金」のことを学ぶ時代になる!


先日、「ひとりさんファンの集まるお店」で、ファンの方から、こんな質問を受けました。

「ニュースを見ていると、国際情勢が不安定なので、これから戦争が起きるかどうか、心配でたまりません」

私は、この人に、こう言いました。

「これからの時代、戦争は起こらないよ。

なぜなら、俺たちには、その時代、時代で、『学ばなければいけないテーマ』というものがある。

例えば学校の時間割は、1時間目が社会だとすると、2時間目は理科、3時間目は数学・・・・・・というように、科目が変わるよね。

それと同じように、戦争の時間は、20世紀までで、もう終わったんだよ。

戦争の時間が終われば、神様というのは、次の課題を俺たちにくれる。

戦争の事を心配するより、今の課題をしっかりやった方がいいんだよ。」

では、「今の時代の課題」とは、何でしょうか?

それは「お金(経済)の事を学ぶ」です。

「お金の事(経済)」をどんな風に学んだらいいかは、その人の立場や状況によって、一人一人違います。

例えば、私は「まるかん」という会社の社長です。

社長というのは、世の中がどんなに不景気になっても、会社の社員達全員が食べていけるような仕組みを、常に考えていなければいけません。

会社にお勤めをしているOLさんだったら、今まで月15万円で生活していたけれど、13万円で生活できるように工夫して、2万円を貯金に回す・・・・・・というようなことができればいいのです。

ホームレスの人だったら、食べ物をもらいやすい場所に移動したり、アルミ缶やダンボールを回収して売ったり、少しでもお金を稼げるような仕事を探して、なんとか食いつないで生きていくこと。

それが、その人に与えられた「お金のこと」なんです。
戦争の時代では、総理大臣から、生活に困っている人まで、皆平等に、爆弾や弾が落っこちてきたのです。

ところが、時代が変わって、「お金の時代」になりました。

総理大臣だって、社長だって、OLさんだって、ホームレスの人だって、経済のことを考えなくてはなりません。

こういう時代に入って、一番楽なのは、「お金の勉強が必要なんだ」と分かった人なのです。

このことを分かっていて、自分のお金さえしっかりさせておけば、神様はあなたに〇をくれます。

これからの時代は、いやでもなんでも、「お金のこと」を学ばなくてはなりません。

総理大臣だって、社長だって、OLさんだって、ホームレスの人だって、経済のことを考えなくてはなりません。

こういう時代に入って、一番楽なのは、「お金の勉強が必要なんだ」と分かった人なのです。

このことを分かっていて、自分のお金さえしっかりさせておけば、神様はあなたに〇をくれます。

これからの時代は、いやでもなんでも、「お金のこと」を学ばなくてはなりません。

例えば、今まで、結婚しながら働いてる女性は、「仕事の代わりはいくらでもあるけれど、旦那の代わりはいない」と思っていたことでしょう。

しかし、これからの時代は、その逆になるのです。

「旦那の代わりはいくらでもいるけれども、仕事の代わりはない」

極端なようですが、このような時代が来ます。

また、よく若い女性が、付き合っている彼氏に「私と仕事と、どっちが大事なの?」と迫るシーンを見かけますね。

今までだったら、そこで彼氏は、「うーん・・・・・・」と悩んで、黙ってしまうことでしょう。

ところが、これからの時代は、彼氏は即答で「仕事だよ!」と答えるようになる。

なぜなら、家庭を守って、生き抜いていくためには、仕事を命がけでするしかないからです。
だから、彼女の方も、あまり馬鹿げたことを言って駄々をこねていてはダメですよ。

「もうこの女と別れて、違う女と付き合った方がいい」と、彼氏に見切られるような時代になってしまいますからね。

今まで「正しい」とされていたことが、変わるのです。

これからの100年間は、そういう時代になることでしょう。

だから「経済オンチ」だと生きていけません。

歌の音痴は許されるけど、経済音痴では、まず駄目です。

そういう時代になるのです。

一人さんの魔法のルール

これからの100年間は経済の時代になるからね

 


お金に強くなるためには
最初にすることは赤字を出さないこと

 


「お金に強くなる」ために、最初にしなければいけないことは何でしょうか?

それは、赤字を出さないことです。

今まで貯金をしたことがない人は、今までより少ない金額でやりくりする工夫をして、月に1万円でも、2万円でも、貯めていく。

それが出来れば合格です。

それだけを心がけていればいいのです。

その反対に、こういうのは駄目ですよ。

クレジットカードを何枚も作って、自分が今月、いくら使ったかも分からないような人がいますよね。

そのカードでバンバン買い物をしてしまって、気づいたら、限度額を超えていたり・・・・・・。

「今月、足りない部分をちょっとだけ借りよう」というつもりで、サラ金に行ってお金を借りてしまった、・・・・・・。

こうやって、自分が稼いで入ってくるお金より、「マイナス」を作ってしまう癖のある人がいます。

この「マイナスを作ること」が、一番いけないことなのです。

なぜなら、その人のお金の流れには、「マイナスを作る波動」がついてしまいます。

そうすると、何をするにも、借金をしなくては回っていかないようになります。

要は、あなたの「お金の流れ」に、絶対に「マイナス」を作らないことです。

一人さんの魔法のルール

お金の流れに「マイナスの波動」をつけないようにするんだよ

 


商売を成功させたければ
出金(できん)をできるだけ減らすこと

 


この「マイナスを作らないこと」は、商売や仕事をやる上でも、最も大切なことです。

商売や仕事で使うお金の事を出金(できん)と言います。

最初から出金を、最初から、できる限り減らすことです。

例えば、あなたが会社を辞めて、商売を始めるとしますよね。

「いい場所にお金を借りて、お店の内装も素敵にして、いい看板をつけよう・・・・・・」

多くの人はワクワクしながら思うことでしょう。

「きっと、仕事の場所や道具にお金をかけた方が、お客さんがいっぱい来てくれるに違いない!」

このような幻想を抱いてしまいがちです。

ところが、私に言わせると、最初の時点で、「出金」をどれだけ削るかで、勝負が決まってきます。

例えば、仕事の場所は、お金をかけて、いい物件を見つける必要はありません。

自宅で事が足りるなら、自宅で十分なのです。

お店を持った場合、内装だって、お金をかける必要はないのです。

「なんだかこの店は忙しくて、繁盛しているようだな・・・・・・」

お客さんがそう思うように見せられれば、お金をかける必要はありません。

私のお弟子さん達が商売を始める時、みんな最初は自宅で仕事を始めました。

いらなくなった机を貰ってきて、そこに電話を1台置きます。

これが揃えば、立派な事務所として活動できます。

ちなみに、お弟子さん達のお店の看板は、ダンボール箱お手頃な大きさに切って、社名をマジックで書いたもの。

文字は、私の手書きです。

1円もかけずに、立派な看板の完成です。

ちなみに、ダンボール箱というのは、工夫次第で、色々なことに役立ちます。

例えば、私は、お店を始めたばかりのお弟子さん達に、「お店のあちこちに、ダンボール箱を積んでおきな」とアドバイスしました。

なぜなら、お店の中ががらんとしていると、「暇なお店」という風に見えてしまうものなのです。

だから、とにかく段ボール箱をたくさん積んでおく。

それだけで不思議なことに「繁盛している雰囲気」になるのです。

ダンボール箱一つとっても、アイデア次第で、使い道はたくさんあるのです。

そんな風にして始めるので、お弟子さん達の「出金」は、みんな、ほぼゼロ円です。

「マイナス」がないので、たとえ治療に失敗したとしても、1円も借金を負うことはありません。

商売で一番大切なことは、とにかく「儲け」を出すことです。

事業で「儲け」が出たら、その「儲け」でまかないながら、商売を広げていけばいいのです。

「儲け」を出す前に、商売道具にお金をかけてしまうことは、一番やってはいけないことですからね。

ところが、この間違いを、多くの人がしています。

例えば、カメラマンの人は、最初に良いカメラを揃えれば、良い写真が撮れそうな気がしてしまうのです。

だから借金をしてでも、最新の機能の付いた、高額なカメラを買います。

このことが、商売に借金の癖をつける出金だということに、残念ながら気がつかないのです。

食べ物屋さんをやっている人は、フライパンと鍋さえ揃っていれば、大抵の料理は作れます。

それ以外のキッチン器具を揃える必要はありません。

また、それ以外の器具を使わなければ作れないようなメニューは考えないことです。

この出金をかけないというのは、実に大切なことなのです。

このことが分かっているかどうかで、商売が成功するかどうかが決まってしまうのです。

 

一人さんの魔法のルール

儲けを出す前に、商売道具にお金をかけるのは一番いけないよ

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村