20191229105200

斉藤一人さん いい人が一発逆転できる仕事に関する魔法のルール

スポンサーリンク

 

f:id:shiho196123:20200304145357j:plain

 

 

成功を手に入れた時こそ、次の成功もすぐに行ってくる。

こうやって、いいことが連続して、どんどん起こるのです。

 

 


成功には「知恵」がつきもの
お客さんへの伝え方に愛とユーモアをこめる

 


仕事を成功させようと思ったら、「お金」ではなくて、「知恵」を出さなくてはいけません。

この「知恵「」にも、ちょっぴり「ひねり」が必要です。

愛とユーモアを込めた「知恵」を使うことです。

「いい人」は、真面目な人が多いものです。

真面目で一生懸命やっていれば、仕事が成功するかといえば、実はそうではありません。

なぜなら仕事で成功するには「人から、応援される」「人から、絶対的に愛される」という要素がなければ難しいのです。

例えば、いい人の真面目さは、貼り紙一枚にも現れます。

昔、私がお好み焼き屋さんに入ったら、鉄板のガス管のところに、このような張り紙が貼ってありました。

「ガス管には、触らないでください」

実に、真面目な貼り紙です。

ところが、この貼り紙を、このような文言の貼り紙に変えたら、どうでしょうか?

「ガス管をひねりたい時は、ぜひ一声おかけください。

あなたの安全のために、飛んでまいります!」

どうでしょう、わかりますか?

お客さんに対する愛情と、お店を好きになってもらいたいという意気込みを感じますよね。

また、ある店の前を通ったら、玄関の電気が消えていて、こんな貼り紙を見かけました。

「只今改装中にて電気が消えておりますが、営業はしております」

実に真面目な貼り紙です。

これがもし、私の店だったら、こんな貼り紙をすることでしょう。

「改装中にて電気が消えておりますが、店の中では元気でやっております。
店の電気が暗くとも、私たちの笑顔は100Wで待っております」

どうでしょう?

お客さんに対しての愛情と、ユーモアを感じますよね。

このように、貼り紙一枚にも、愛情とユーモアを込めることです。

これからの時代、「面白さ」がないと成功はできません。

例えば講演会で、いい話をする人がいても、それが面白い話でなければ、人はすぐに飽きてしまうのです。

学校の先生や教官など、人に何かを教えたり、指導する立場の人でも、「いいことを教える」だけではだめなのです。

「いいことを、いいことを面白く教える」

これができることが、これからの時代で成功するコツなのです。

一人さんの魔法のルール

 面白くやることを研究してごらん。

そしたら、きっと、うまくいくよ

 

 


楽しいことを誰よりも早くやる
「うさぎは必ず寝る」という法則

 


「いい人」というのは、競争意識があまりありません。

人にやさしく、親切なので、競争するというよりも、道を譲って、人を先に行かせてあげることが多いのです。

そのため、大勢で競争する機会があっても、順位はビリだったり、下の方をうろうろしていることが多いものです。

実力のある人や、パッと目立つようなことをできる人が、上位を占めていることが多々あります。

それは、それでいいのです。

ところが、この「下の順位の人」が、一発逆転するチャンスがあるのです。
それは、仕事に「新しいやり方」が導入された時です。

今まで上位を独占してきたような人は、実は「新しいやり方」に対して、なかなか取り組もうとしません。

なぜなら、今まで成功してきたので、「今までのやり方が一番だ!」という自信があるからです。

こういう時、今まで上位だった人ほど、ゆっくりしてしまいます。

この現象を、私は「うさぎは必ず寝る」と言っています。

この時こそ、「下の順位の人」のチャンスです。

「新しいこと」を、誰よりも早くやってみましょう。

「新しいこと」には、まだ誰も慣れていないので、1日でも1時間でも早く取り組んだ人の勝ちなのです。

「上位の人」がぐっすり寝ている間に、「下の順位の人」は、新しいことをジャンジャンバリバリ進めていく。

そして、「上位の人」が気づいた時には、順位は逆転しています。

今までライバル視することもなかったような「下の順位の人」が、自分の手の届かないような先まで行ってしまっているのです。

この時、「上位の人」は、改めて、下にいた人の本当の実力を知ることになるのです。

「いい人」であるあなたは、「うさぎは必ず寝る」という法則があることを、絶対に覚えていてください。

一人さんの魔法のルール

「新しいこと」が導入されたら、誰よりも早く取り組んでごらん
あなたが一番になるチャンスだよ

 

 


一発屋はすぐに消える
黄金のワンパターンを作ること

 


あなたが仕事で、手っ取り早く成功するコツを教えます。

それは、あなたの仕事の中で、「なぜか、これをすると多くの人に喜ばれる!」というものを、一つだけ見つけてください。

そして、それを徹底的にやりましょう。

何度もやっていくうちに、それをパターン化していくことです。

成功する仕事には、「黄金のワンパターン」というものがあります。

その「黄金のワンパターン」を見つけることが、一番手っ取り早く成功する秘訣なのです。

例えば、『水戸黄門』というテレビドラマがありましたよね。

あれって、毎回、同じパターンです。

身分を隠している、水戸の光圀公が、物語の終盤で「印籠」を見せる。

すると、今までえばっていた悪人たちが一斉に「ハハ~ッ」とひれ伏します。

この瞬間、ドラマを見ている人達は、胸がスッキリします。

このシーンを見たくて、ついつい最後まで、見てしまうのです。

これが、「黄金のワンパターン」なのです。

『水戸黄門』と同じように、まず一回仕事が当たったら、そのやり方を5~6年は変えてはいけません。

仕事が当たった・・・・・・ということは、その仕事の中に、「成功する要素」が詰まっているということです。

みんなが求める「黄金のワンパターン」を掴んだ・・・・・・ということなのです。

だから、同じパターンで、毎回、ちょっとだけ設定を変えるのです。

『水戸黄門』の場合は、実にうまいことに、全国各地を旅して回るので、その土地にちなんだ設定に変えることができます。

土地の風習や名物を紹介しながら、その土地で出会った、様々な人を助けていく。

でも、助さん、格さんが、最後に印籠を見せて、悪人どもが「ハハ~ッ」とひれ伏すところは毎回同じです。

これが「黄金のワンパターン」なのです。

あなたも仕事の「黄金のワンパターン」をつかみましょう。
そして、当たっているうちは、変えずにしばらく続けましょう。

当たらなくなったら、また別の方法を考える。

これが一番早く、仕事を成功させるコツなのです。

ところがみんな、このルールに気づきません。

一回仕事が当たると、次は、全然違うことをやろうとします。

「もっと他の事も試してみたい」という気持ちもありますが、「自分をもっと別のこともできるということを、世間にわかってほしい」という気持ちもあって、違うことをやってしまうのです。

でも、これが「間違い」なのです。

だから一発屋で、いなくなってしまうのです。

作家でも、映画監督でも、商人でも、一度あたったことは、「黄金のワンパターン」にして、やり続けることが大切です。

それが、あなたを最短距離で成功者にするのです。

一人さんの魔法のルール

黄金のワンパターンを掴んだら、別のことを考えないで、
やり続けてごらん

 

 


「加速の法則」という連続性を知る
「ちょっと休もうかな」と思った時が危ない

 


人は、小さな成功を手にすると、とても嬉しくなります。

嬉しくなって、こう思うです。

「温泉にでも行って、ちょっと休もうかな・・・・・・」

ところが、この考えが、成功の勢いを止めてしまうのです。

成功を手に入れたことは、素晴らしいことです。

ただし、「次の仕事を考えること」をやめてはいけません。

成功への階段を歩み始めたばかりの人は、小さな成功を手に入れると、ほっとして、少し休めたくなります。

しかし、こういう時が、実は一番、乗っている時何です。


仕事には、「加速の法則」というものがあります。

成功を手に入れた時こそ、次の成功もすぐに行ってくる。

こうやって、いいことが連続して、どんどん起こるのです。

この勢いを止めてしまっては、もったいない。

だから、温泉に行っても、旅行に行っても、心の片隅で、「次の手」を考えていましょう。

そして、できるだけ早く、「次の仕事」に取り掛かることです。

そうすれば、あなたは勢いを落とすことなく、さらなる成功へと突き進んでいきます。

ところがここで、ゆっくり休んでしまうと、次の仕事に取りかかるのが億劫になります。

「もうちょっと、この勝利の美酒に酔っていたい」

そんな気持ちになるのです。

ところが、ようやくやる気になって仕事に取り組んだ時、あなたより下にいた人たちが、あなたを追い抜いていたり、至近距離まであなたに迫ってきていることがあります。

先ほど、「うさぎは必ず寝る」という話をしましたが、あなたがその「ウサギ」になってしまったのです。

いいですか?

成功した直後の「ちょっと休もうかな・・・・・・」と思う心が、危ないのです。

温泉に行っても、旅行に行っても構わないので、頭の片隅では、次の仕事のことを忘れてはいけません。

それが、あなたが勢いを落とさずに、成功して行ける方法なのです。

一人さんの魔法のルール

寝坊したうさぎになれないように、気をつけなよ

 

 

自分の当たり前を褒めると
やる気がぐんぐん湧いてくる

 


「なんだか仕事をする気が起きない」という時があります。

理由はわからないけれど、心も体も疲れていて、やる気が出ない時が、誰にでもあるものです。

この停滞した気持ちを、明るく軽やかにして、やる気がぐんぐん湧いてくる、とっておきの方法があります。

それは「今日、自分がした当たり前のことを褒めること」。

例えば、

「今日も満員電車で通勤して、えらかったね」とか。

「子供に笑顔で接して、いいママよね、私って」とか。

そういうふうに、自分のした当たり前のことを褒めていると、気持ちが満たされて、「明日も顔晴ろう」という気になるものです。

なぜ、「自分を褒めること」をしていると、やる気が出てくるのでしょうか?

それは脳に「褒め回路」というものができるからです。

日本人の多くは、「謙虚なことはいいことだ」という国民性もあって、日常の中で自分を否定することが多いもの。

「どうせ私なんか」とか、「私には、きっと無理だわ」とか、「私には、そんな人間じゃない」とか。

こういった自分へのマイナスの言葉は、脳にストレスを与えます。

そして、これをずっと続けていると、脳に「不幸の回路」というものができてしまうのです。

この「不幸の回路」ができてしまうと、とても厄介です。

仕事で、どんな素晴らしいチャンスが回ってきても、「どうせ私なんかにできっこない・・・・・・」と後ろ向きに考える癖がついてしまうのです。

この「不幸の回路」を打ち破るには、脳に「褒め回路」を作ることです。

自分を褒めることを習慣にしていると、「ほめ回路」の方がだんだん太くなり、「不幸の回路」の方は細くなっていくのです。

ところが、自分を褒めようと思っても、そんなに目立った出来事が起こる日は、めったにありません。

「褒める材料がないと、自分を褒められない」と思っている人は多いでしょう。

ところが、違うのです。

普段やっている「当たり前のこと」こそ、それをしている自分を認めて、褒めてあげることが大切なのです。

だって、その「当たり前のこと」を続けてこなければ、今のあなたはありませんからね。

自分が自然とやっていることは、実は、賞賛を受けるべきことなのです。

自分のやっている「当たり前のこと」を、褒めて、褒めて、ほめまくりましょう。

それを数日間やっただけでも、あなたの脳に「褒め回路」ができて、あなたのモチベーションはグンと上がります。

たとえ10年間、「不幸の回路」があったとしても、「褒め回路」を作るのに、そんなに多くの日数がかかりません。

早ければ、数日、遅くても1ヶ月くらいで、「自分に自信をつけ、ジャンジャンバリバリ行動する気を起こす」という「ほめ回路」ができるのです。

毎日、寝る時に「自分が今日やった当たり前のこと」を、たくさん褒めてあげましょう。

あなたの中から、「やる気」が途切れることなく、湧き出てくるようになります。

一人さんの魔法のルール

頭の中に「褒め回路」を作ってごらん
ぐっとやる気が出てくるよ

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

 

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村