コンクラーベ

斉藤一人さん 単語法

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20191103131919j:plain

 

それよりも、言霊で、良いというのは単語法というものです。

 

 

単語法

 

今回は言葉についての話をします。

日本は昔から、言霊の国と言われているんです。

本当に世界で1番くらいに、言葉を大切にしている国ではないかと思います。

また日本の言葉は、すごく味わい深いんです。

まるかんでいうと、天国言葉と地獄言葉と言ったりします。

ツイてる

嬉しい

楽しい

感謝しています

幸せ

ありがとう

許します

というこの言葉が、天国言葉と言うんです。

いつも自分が爽やかになって、聞いてる人が爽やかになる言葉を言ってる人って、またそれを言いたくなるんです。

例えば、感謝してますと言ってるような人は、また感謝してますというようなことが起きるんです。

ところが不平不満、愚痴とか泣き言とか言っていると、またそれを言いたくなるようなことが起きるんです。

またそれをのべつまくなく言ってるんです。

言葉によって、現実を引き寄せるんだということがあるんです。

これが日本語の不思議なところで、その言葉によって、いろんなことを引き寄せてしまうんです。

それで成功する人というのは、必ず成功するような癖を持っているんです。

例えば、自分がいつも言ってる言葉によって、成功するか失敗するかの人生が決まってしまうんです。

それで斎藤一人さんがよく教えるんですが、座右の銘というのがありますね。

座右の銘も言葉なんです。

いい言葉を持っている人と持っていない人で、全然違うんですけど、例えば勇気がないんだ。

自分は勇気がないんだという人がいますよね。

そういう人は私は勇敢であるとか、勇気を持ちたいんだというと、自分が否定するんです。

自分は勇気がないんです。

それよりも、言霊で、良いというのは単語法というものです。

勇気、勇気、勇気。

勇気を持ちたいとか、勇敢に生きるとかは言ってはダメなんです。

ただ単語を勇気、勇気、勇気、勇気、勇気。

何回も何回も言うんです。

 

f:id:shiho196123:20191103132625j:plain

 

千回の法則

 

大体1000回以上言ってくると、心が満ちてくるんです。

それを何日間か続けると、自然と勇気が湧いてくるんです。

それだけではなくて、勇気、勇気、勇気と言ってる間に、勇気というのは、人にはっきりものを言えることなんだ。

言う気持ちなんだ。

そういうことが分かってくると、これが言霊の最後で、深い意味がわかってきて、自分ははっきりとものを言わなかった。

そういうものも自然と浮かんでくるんです。

それも何回も何回も言ってる間に、脳の中から浮かんできて、自分に必要な言葉が浮かんでくるんです。

自分は色んな人と出会いたいんだ。

異性でも良いですし、自分の師匠になる人でも良いです。

いい本と出会いたいとか、良いお店と出会いたいとかでもいいんです。

モノとの出会いもあります。

人との出会いもあります。

出会いたい場合は、単語で出会い、出会い、出会いと言ってる間に、出会いというのは出て会うという言葉なんです。

出会いというのは、自分が出かけなければ起きないんです。

だから出会い、出会い、出会い、出会い、出会いと言ってる間に、どこかに出かけようと気になってくるんです。

それまで引っ込み思案だった前のあなたとは違うんです。

心に出会いというのが詰まっていて、出会いの意味すら分かっているんです。

出て合うんだ。

 

「あ」と「い」

 

自分は愛が欲しいんだ。

愛が欲しいのなら、愛を与えなければいけないんです。

自分は愛が欲しい。

人を愛したい。

そういうよりも、単語で愛、愛、愛、愛、愛。

そう言っていると、愛が満ち溢れてくるんです。

愛と言っている間に、愛とは、「あ」と「い」なんです。

「あ」と「い」が重なり愛という言葉なんです。

愛とは何だろう?

「あ」と「い」から始まったんです。

1番のあと2番のいなんです。

言葉の中で一番大切な始まりなんです。

「あ」と「い」なんです。

言葉で大切なのは愛なんだ。

愛のある言葉を喋ろう。

愛のある人生を送ろう。

こういうことになってくるから、単語を並べるんです。

単語を何回も何回も自分に必要な単語を、何回も何回も言うんです。

これがいいことを呼び寄せる言霊の始まりなんです。

だからツイてるでもいいんです。

ツイてる、ツイてるといっぱい言おうが、感謝してますでもいいんです。

天国言葉のどれかでも良いんです。

美味しいね、お美味しいね。

この言葉でもいいんです。

食べる時に、食べて終わった後、本当に、「美味しかったね」という言葉を連呼してみるんです。

1日何回も何回も言ってみるんです。

修行だと思って、ひとつの言葉を1日1000回言うといいですね。

千って、すごく不思議な数字なんです。

1000人でも何でもそうなんです。

千という言葉にはすごく不思議な力を持っているんです。

これも言霊なんです。

好きな言葉を一日1000回言おうとしてみると、すごく良い事が起きますから、やってみてください。

 

f:id:shiho196123:20191103132916j:plain

お祭り

人が喜んで働くようになるには、

1つ目は、仕事をゲームにすること。

2つ目は、人は欲しいものがあると喜んで働くんだよ。

3つ目は、人は祭りがあると働くんだよ。

人ってね、お祭りが大好きなんです。

例えば、昔のお百姓さんって、毎日、畑を耕したり、稲を植えたり、刈ったりしていたんですね。

あれって、大変な作業だし、単純な作業だし、よく朝から晩までせっせと、せっせと働けたよなって思いますね。

でもね、お百姓さんには、大きな楽しみがあったんです。

それが祭りなんですね。

1年のうち、作業のあいまに「春祭り」があったり、

「夏祭り」があったりするから、それを励みにしてがんばっていられるんです。

だいだい、普通に生きてると、祭りって少ないんです。

普通の人の祭りっていうのは、まず生まれたとき。

周りのみんなが「誕生おめでとう!」ってお祝いしてくれますね。

それから、七五三、成人式、結婚式、そして最後に葬式。

生まれたときの祭りは、赤ちゃんだから記憶がないんです。

死んだあとの葬式も、死んでいるから、わからないんですね。

そうなると、七五三と成人式と結婚式ぐらいだよな、祭りって。

こんなに楽しみが少なかったら、がんばれないよ。

この祭りを増やすんだよ。

自分たちで。だからオレの会社「まるかん」では、パーティーをたくさんやるんです。

あれは祭りと一緒なんですね。

ふだん一生懸命働いてきた人へのご褒美なんです。

 

言霊の魔法

 

ちなみに、勉強っていう言葉もダメ。

勉強って聞くと、人は「あ~あ、勉強かぁ……」って思ってテンションが下がるんです。

だから、勉強会のことを「祭り」っていうと、急にテンションが上がる。

勉強するときも、教える人が「はい、いまから勉強しましょう」って言うからダメなんです。

ところが、「はい、クイズです!」って言うと、人って急に真剣に聞くんです。

それで、答えが当たったら「すごいねぇ!」「頭いいねぇ!」って、うんと褒めてあげます。

人は賞賛されるのが、何よりのご褒美。

そうすると、次も、ものすごい夢中になってクイズを解こうとするんです。

人って、そういうものなの。

言葉ひとつで、やる気がパッと上がったり、「あーあ…」ってやる気が下がっりします。

それが言霊の魔法なんですね。

 

f:id:shiho196123:20191103132259j:plain

 

ゲーム

 

人は、仕事と名がつくものは、適当にさぼって、食える程度にしていればよくて、できるだけ怠けたいんです。

まずは、このことを理解してから、仕事を楽しくやるコツをこれから話します。

コツは4つあります。

仕事と名がつくものはサボりたいのが人だから「ゲーム」にするんです。

人はゲームは大好きだから、一生懸命にやりますね。

斉藤一人さんも仕事をゲームにしてるんです。

ゲームの中で、いちばん難しいのは「一人でやるゲーム」

たった一人で戦って「過去の自分」が出した点数を追い抜いていくゲーム。

先月の自分が「敵」だとして、先月の自分を抜くためには改良しかないんです。

1万円でも売り上げを良くしようとしたら、「笑顔が足りないんじゃないか」とか、「お客さんへのほめ方が足りないんじゃないか」とか、そういうふうに一人でゲームができる人が、みんなでできて、みんなで楽しめるゲームを考えれるんですね。

何人か集まってくると、みんなでランキングを付けたり、弱い人には強い人が教えてあげたり、強すぎる人にはハンディをつけたりして、みんなで楽しくゲームをすればいいんだよ。

日本人がいちばん苦手なのは「ゲーム」を作ることなんです。

野球ではイチローが有名になったし、「ワールドカップ」でサッカーに夢中になった人、いっぱいいるけど、野球もサッカーも日本人が考えたゲームじゃないんですね。

日本人は「作られたゲーム」は、一生懸命にやるけど、自分でゲームは作れないですね。

だから、みんなが楽しめるゲームを作れる人って貴重だから、そのな人のところで働けたら、楽しくてどんどん仕事をしますね。

だけどゲームにも注意点があるんです。

それはゲームを「ノルマ」にしないこと。

ノルマは絶対に達成しなきゃいけなくて、達成しないと、上司から怒られる。

だから、仕事をノルマにしちゃうと、苦しくて苦しくて、イヤになるんです。

ところがゲームにすると、自主的に参加するんですね。

それで、ゲームでランキングを付けたとしても、いちばん下の順位の人から「がんばったね!」ってほめてあげればいいんです。

六大学野球もずっと続いてるのは、勝敗をランク付けするけど、最下位になった学校は、
それはそれで「がんばったね」「次はもっと応援するからね」「オレは、この学校のひいきだからね」って、みんなから言ってもらえるんです。

だから最下位でも、あたたく応援するのが、ゲームなんです。

それを無理やり点数を取らせようと、お尻を叩くのがノルマで、人はノルマになると絶対にやりたくないんです。

ゲームは自主的に参加して、最下位になっても、みんなからほめられるから、人は大好きなんですね。

だから、仕事がゲームになっちゃえば、放っておいても、人はどんどんやりますね。

 

仕事

仕事は、斉藤一人さんは仕事大好きなんです。

ほんとに仕事が好きなんです。

だから一番斉藤一人さんにとって一番嫌いな言葉は、「斉藤一人さんもう仕事辞めたら?」という人いるんですね。

でも斉藤一人さんは好きなんです。

絵描きって絵描いてると幸せなんだよ。

もう絵を描くのお辞めになったらいかがですか?

描いていたいんです。

それで、仕事って辛いものだと思ってるんだよね。

それってすりこまれてるんだよ、わかるかな。

学生時代は、あなたたちが一番いいんだよ。

お母さんたち大変なんだけど、あなた、学生時代が一番いいよと言います

学校に行くと、学校の先生は一時間で教えなきゃいけないものが、自分が教えられないと、宿題といいます。

あれ残業だよ?

だから社会に出ると残業代もらえるんだよ?

やたら威張ってる先輩とか、社会に出たらいません。

お母さんたち働きに行くのアンケートとったら家計のためというより、家にいたくないが一番多いんです。

そいで、ここにいる人はね仕事って楽しいよ。

学生が一番大変だよって。

今から斉藤一人さんは、どうしてそんなに仕事が好きなんですか?

仕事の楽しさを教えてくれる人がほんとに少ないんです。

仕事の楽しさを教えるから覚えてもらいたいんです。

ものすごく大切なことなんです。

だって、仕事はしなければいけません。

1日6時間も7時間もしています。

それが嫌だと終わった後すごく嫌なんだですね。

 

 

 

 

 

f:id:shiho196123:20191103133240j:plain

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村