コンクラーベ

斉藤一人さん カスタネットの天才

スポンサーリンク

 

f:id:shiho196123:20190715164330j:plain

 

涼やかに生きるというのは、自分が自分のことを語って、人が楽しくて、人は聞いて楽しければ、それが涼やかに生きるということです。

 

 


 

 

 

 

 K1

どうすれば面白くて楽しくて涼やかに生きれるか、その話を今からします。この前テレビをつけると、普段はテレビを見ないんですが、K1らしきものがやってるんですね。
5分か10分ぐらいで終わるんです、斎藤一人さんは人相見ですから、じっ~と顔を見てたんですね、何対何で勝つとか、ノックアウトで勝つとか、それを全試合当てたんですね。
点差まであてますから、周りの人はびっくりするんですね。しなければ分からないと思っていますが、試合はする前から決まってます。
インチキしてるわけではないんです、コツを教えます。試合が始まれば両選手の顔を見るんです、負ける方は必ず悲しそうな顔をするんです。
一瞬ふと悲しそうな顔をするんです、その悲しそうな顔で何点差とかをつければ、それが当たるんです。
ふっと自信がなくなるんです、就職試験でもなんでも、自分が落ちてしまう。きっと試験官の前で悲しそうな顔をするんです。

 

f:id:shiho196123:20190715164807j:plain

 

涼やか

あれが負ける原因です、それで面白くて楽しくて涼やかな考え方なんですが、これのコツを教えます、そうでなければ涼やかに生きなさいと言っても、何が涼やかなのか分かりません。
例え話なんですか、斎藤一人さんはカスタネットの天才かもわからないんです、根拠がなくて言ってるわけではないんです。
実の事を言えば、小学生の頃、カスタネットを全員でやらされた時に、上手い人がトライアングルとか他の楽器になりますが、斎藤一人さんだけが、最後までカスタネットをやらされるんです。
これはもしかすれば、すごい才能があって、先生が見抜いていたんじゃないかなと思うんです。そんなことを斎藤一人さんは考えていたんです。
斎藤一人さんが中学生の頃に、方程式をやらされたんですが、やる気が起きないそうなんです。やる気もないしわからないんです。
先生は斉藤君が方程式を出来ないと思ったんです、ところが斉藤君は方程式を一目見たときに、これは必要ないと思ったんです。
そうすれば社会に出てから、方程式は1度も使わないんです。斎藤一人さんの方が、結局は正しかったんです。
英語を見た時もそうなんです、これも必要ないと思ったんです。先生は出来ないと思っていますが、斎藤一人さんは必要ないと思っているんです。
そうすれば外国との取引は、一切ありません。外国人の彼女も出来ません、人間というのは、それを見れば、必要かどうかわかるようになっているんです。
必要でないものを受け付けないという才能があるんです。斎藤一人さんはそういういろんな才能を持っておられました。

 

 

 

 

 

自信喪失

車の教習所に行った時に、卒検があったんですが、斎藤一人さんはしばしば落ちたんですね。斎藤一人さんは何回も落ちたんですが、同級生でも一回で受かる子もたくさんいました、そういう子は必ず「お前、何回で受かった」と訪ねてくるんです。
あわよくば自慢しようとしています、嫌な性格です。斎藤一人さんはそういうことはしません、自分が何度も落ちています。
社会に出れば、やっと免許を取った人は大事にしているんです。免許を大事にしている人ほど、人の事をバカにしなければ、良いに決まっています。
みんながふっと悲しい顔するのは、小さい時に何かで自信を失ったんです。しかしみんなが自信を失ったことをよく思い出してください。
自信を失ったこと、出来なかったこと、その出来なかったことは、社会に出てから一回も使わないことです。
それではなぜ社会に出てから使わないもので、自身を失わなければいけないんですか。それは損なことですね。
学校時代に自分がいじめられて、自信を失いますが、いじめる奴よりよっぽどマシなんです、悪いのはいじめる奴なんです。
悪い奴の方が自信を持っているんです、そんなのがおかしいんです。斎藤一人さんは駆け足も遅かったですが、未だに人を追っかけたことはありません。

 

f:id:shiho196123:20190715165112j:plain

 

出来るもの

涼やかに生きるというのは、必要のないものをしなかったのが、何か悪いですか。必要なことがあれば、みんなが出来るようになるんです。
みんなは出来るものだけで生きているんです、それなのにあの人はあれが出来て、駆け足が遅くて、関係がないんです。
斎藤一人さんが猟師で熊でも追っかけていたら別ですが、駆け足が遅いのは問題はありません、それを小さい時から僕だけカスタネットで、泣き言を言っても仕方がないんです。
カスタネットから出世して、トライアングルになったからといって、30過ぎてトライアングルを叩いてる人はいてません。
馬鹿馬鹿しいことはやめてください、もっと幸せに考えましょうよ。そう言われても不幸な人は、でもね、でも、でも、でも、でも、そういう人は全力を挙げて不幸になってるんです。
全力を挙げて持てる力を全部使って、不幸になってるんです。そういうことはやめてください、もっと自分のために自分の心を使いましょう。
斎藤一人さんは小学校の頃、あまりにも先生の言うことを聞かないので、先生の隣でずっと授業を受けてたんです。だから常に同級生の子たちを見ながら過ごしてたんです。今は皆さんを見ながら講演会をしています。
涼やかに生きるというのは、自分が自分のことを語って、人が楽しくて、人は聞いて楽しければ、それが涼やかに生きるということです。

 

 

斉藤一人さんのお母さん

あれが出来ない、これが出来ないではないんです。あれも必要ないこれも必要ないなんです。斎藤一人さんのお母さんが、斎藤一人さんがあまりにも勉強しなくて、学校に行かないので、斎藤一人さんのお母さんは「お前が学校向けじゃない、社会に出れば出世するよ、家の中には何も向かない人はいてません、学校向きではないお前は必ず出世するよ」と言ってくれたんです。
そういう風にして斎藤一人さんのお母さんは、斎藤一人さんは育てたんですね、斎藤一人さんは嬉しいと言っておられます。

 

f:id:shiho196123:20190715165646j:plain

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村