コンクラーベ

ストレスに強いしなやかな心

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20190715141453j:plain


 

私、仕事のことを思い出すと感情の整理がつきません!!

特に梅雨の時期は気圧が変化するので、体調も悪くなりがちです。

思いつくことをノートとかに書き出してください。 

 

こんにちは、Greenです。いろいろな感情のもつれを整理するジャーナリングを紹介します。!!

 

 

 

 

f:id:shiho196123:20190715142009j:plain

 

ジャーナリング

ジャーナリングとは、思いつくことを思いつくままに、5分間~10分間、連続してひたすらノートや紙に書き出すワークのことです。 思いつくことを思いつくままに書き記すことで、悲しみや喪失感や怒りといったありとあらゆる感情のもつれを解きほぐすことができます。

呼吸を整えて、自分を見つめて感情が湧き起これば、その一瞬を刹那に判断せずに、その流れを眺めてください。 

それ自体を注視してノートに書くことで、その潮流が理解できます。

自分に向けてノートに書くことで、それはマインドフルネスの一つでもあります。

感情の流れをノートとかに書き出すことで、普段は気付かない考え方を確認するエクササイズです。

ジャーナリングは考え方や感情を対象にしたマインドフルネスです。

 

マインドフルネス

 

「マインドフルネス」とは、自分の気持ちを“今、この瞬間”に意図的に向けて、現実をあるがままに知覚すること、あるいはそうした心の状態を体得するためのトレーニングを指す言葉です。メンタルヘルスを整え、創造性や集中力を発揮するためには、“今、ここ”に意識を集中し、とらわれているネガティブな感情や思い込みから離れることが有効だと考えられています。これは仏教の瞑想(めいそう)法に由来する概念で、欧米では1970年代頃からストレスに対処する技法として普及し始めました。近年はうつ病の再発防止を目的とする心理療法に導入されるなど、医療や教育、人材開発の現場でも注目を集めています。

 

 

 

 

 ジャーナリングの方法

方法はノートとペンを用意するだけです。

時間は10分なら10分と時間は決めて下さい、5分でも構いません。

自分の頭に浮かんだことをひたすら書き出す。何を書こうかは考えてはいけないんです。

書くことがない場合、それ自体を書けば良いんです。そうやって頭にあることどんどん書き出せば良いだけなんです。

 ルールは制限時間が来るまでひたすら書き続けることだけです。

 

人には見せなくて良いです!!

ジャーナリングの書き始め

 

  • なにがやる気を起こさせるのか.......
  • 直感を与えてくれたのは.........
  • 今日してみたいことは.........
  • 自分を傷つけているのは.........
  • 自分が望んでいることは..........
  • 今考えていることは...........
  • 今意識しているのは..........

 

これは書き始めの方法です、思い浮かんだことを書いてみて下さい!!

 

f:id:shiho196123:20190715142521j:plain

 

ジャーナリングの効果 

ジャーナリングの効果については、ストレスの軽減、痛みの緩和、集中力のアップ、学業・仕事への好影響など数々の実験結果が報告されています。

あるグループでは、15分程度のジャーナリングを数回繰り返したところ、トラウマやストレスなどの感情的な事象に折り合いをつけることができたといいます。
また、ジャーナリングは、ガン患者に対しても「病気に対する考え方」に良い影響を与えるとアメリカの研究で発表されました。

米グーグル社の社員研修プログラムでも、社員がハッピーに働くためにジャーナリングを一部取り入れているのだそうです。

嫌なことを書き出す効果

嫌なことやトラウマとなるような出来事を、積極的に思い出したいと思う人はいないと思います。しかし、それらをあえて思い出し、勇気を持って書き出してみてください。書いたばかりの時はネガティブな感情がよみがえり、気分が悪くなるかもしれません。しかし長い目で見ると、その作業は心身に良い影響を与えるということが分かっています。

ジャーナリングの効果についての研究では、ジャーナリングをするとストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールが減少することが確認されたのだそう。それによって免疫力向上や内臓機能の改善なども期待でき、心の健康にとどまらず、身体的な健康を取り戻すことができるのだといいます。また、ジャーナリングによって嫌な気持ちを書き記した被験者は、学業成績が上がったり、仕事を休まなくてはならない回数が減ったり、仕事の能率が向上したりするなど、勉強や仕事へ良い影響があることが確認されています。

まとめ

ジャーナリングの効果を得るために、日課として毎日の生活に組み込みましょう。
最初は1日5~10分程度から始め、徐々に時間を延ばしていきましょう。

書くことに困るかもしれません。そんなときは、「仕事場での出来事」や「友人とのコミュニケーションについて」など、あらかじめテーマを設定しておくとよいでしょう。

日頃からジャーナリングに取り組むと、気持ちが落ち着きすっきりとするだけでなく、新たな気づきを得たり、自分を客観視することで冷静になれたりします。次第に、ストレスに強いしなやかな心を手に入れることができるでしょう。

 

朝のジャーナリングはモーニングページと呼ばれています。ノートではなくて、デジタルアプリでも構いません!!

 

www.shiho196123.net

 

 

f:id:shiho196123:20190715143105j:plain

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 


 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村