20191229105200

斉藤一人さん 人は自分が蒔いたものしか刈り取れません

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20201012152554j:plain

 

 

「同じこと思っていたよ」

そう口にしても、行動に移していなければ、それは何もやらなかったことと同じですからね。

 

 


神様がいることを証明したいの


私たちは、時に「こんなこと、できるわけがない」と思うようなことでも、奇跡としか言い表せないぐらい実現させてしまうことがあります。

それで「なぜ、そんなことできるんですか?」って言うと、信じられないかもしれないけど、私たちの中には神様がいるからなんですね。

私たちの命は神様の「分霊(わけみたま)」なんです。

だから、願い事が叶うっていうのも、神様が私たちの中で聞いてくれているからなんだよね。

この神様は、お賽銭も取らないし、ただひたすら私たちのために働いてくれています。

本当の神様とは、地球を作り、空気を作り、水を作り、緑を作り・・・・・・、私たちに必要なあらゆるものを作ってくれて、それでいて対価を求めません。

ただの1円だって集金しませんからね。

それに対して私たちは感謝をする。

それを神様は心の中でちゃんと聞いてくれています。

私は神様のことが大好きです。

神様のことを思うのが大好きなんです。

神様が一人一人の中にいることを感じるのが大好きなんです。

だから、私には小さいことしかできないけど、でも神様がいることを証明したいんだよね。

「銀座まるかん」の正式名称は「銀座日本漢方研究所」と言います。

研究所となっていますが、会社には研究員がいません。

さらに、私も研究していないんです。

そんな中で新商品を次々に発売して、どれもがヒットか大ヒットで、失敗がひとつもありません。

会社には、パートさんを含めて社員はたった5人です。

それに私はご存知の通り、中学校しか出ていません。

そんな私が累計納税額で日本一になれました。
これからも、普通では考えられないような奇跡や、神様がいるとしか思えないことを私はやり続けたいんです。

そして神様がいることを証明したいんです。


言ってることが貧しいと豊かになれないからね


江戸時代、日本の人口は1800万人くらいでした。

それが今は、この狭い国土で一億二千万人の人が住んでいて、飢えることもなく豊かに暮らしています。

夏は冷房があって、冬は暖房があって、美味しい食べ物をお腹いっぱい食べることもできる。

そういう環境の中で暮らしていけるんです。

本当に、ありがたいよね。

昔は、日本中の人が全員、米のご飯を食べることができるなんて、とても信じられませんでした。

では、なぜ昔の日本がそんなに難しかったのかと言うと、、上に立つ人が貧しい考え方をしていたり、貧しい考えの人がいっぱいいたからなんだよね。

アフリカの国では飢餓者が出ているって言うけど、戦争や武器を買うお金があるのなら、その間で食料を買えば、多くの飢えに苦しむ人を救えます。

アフリカはダイヤモンドや多くの資源が埋まっている、とても豊かな土地なんです。

神様はこの世を豊かに作りました。

全ては上に立つ人次第です。

バブル以降も日本の貿易黒字が続いたということは、日本のお金はバブルの頃より増えたということです。

でも、多くの人が「今は不景気だ」と思い込んでいます。

すると、お金をあまり使わなくなってしまいます。

そのことに問題があると思いますよ。

うちの会社はバブル以降もずっと業績がいいんです。

なぜかと言うと、私自身が、この世は貧しいとか苦しいとか思ったことがないからなんだよ。

人間の思っている波動が現実をつくるんです。

この世は、本当に豊かです。

神様がとっても気前がいいの。

私は今まで、「お金を貯めよう」と思ったことがありません。

余ったお金が貯まったんです。

使い切れないお金が貯まっただけだから。

私自身、「苦しい時のために今のうちにお金を貯めておかなくては」という発想がないんです。

もちろん、お金を貯めるのが悪いと言っているのではありません。

ただ、貧しい発送をしながら豊かになろうとするのは無理だから。

言っていることが貧しいと豊かにはなれません。

人って思ったことが現実になるからね。

これは、本当のことだから。


人は自分が蒔いたものしか刈り取れません


私は目の前に3人の人がいたら、その人達の肩の荷が下りて、幸せで豊かになれるような話をするように心がけています。

東京の新小岩にある「ひとりさんファンの集まるお店」に立ち寄った時でも同じように、そこにいる人が幸せで豊かになれるような話をします。

相手が一人だろうが1000人だろうが、全く変わりません。

同じ気持ちで話をします。

ところで、私の話を聞いた人は一緒に豊かになった気になるけど、実はそうじゃないんだよね。

本当に豊かになるのは私です。

なぜかと言うと、豊かな種を蒔いたのは私だから、その実を刈り取るのは私なんです。
誰かが、その人の畑で種をまいているのを見て、自分の畑にも芽が出ないかなって思っても、芽が出るわけないよね。

それと同じこと。

聞いた人の心が軽くなるような、その幸せの種を蒔いたのは私だから、私がか刈るんです。

みんなは私から聞いたことを、私と同じように世間に蒔かない限り、刈り取ることはできないの。

つまり、行動に移して種を蒔かないと芽は出ない。

私と知り合っただけで、何かいいことがあると思ってる人がいるけど、それだけでいいことはありませんよ。

あるとしたら、私から聞いた話をきっかけに、その人自身が行動をして種を蒔いた時、初めてそれを刈り取ることができるんです。

私が1000坪分の「麦」の種を撒くと1000坪分の「麦」がなるし、1万坪なら一万坪分の実がなります。

畑では耕作放棄することができますが、私たちの人生というところでは、良いことも悪いことも、まいた種は必ず刈り取らないとダメなんです。

多くの人が勘違いしているのは、一人さんの話を聞いて幸せになった気がするって言うけど、それで確かにあなたは幸せになったのかもしれません。

でも、それは私のまいたものなので、それを刈り取るのは私なんです。

それを他の人が刈り取ることはできないんです。

だから、しばらくしたら再び落ち込んで、「また聞かせてください」ってくるんだよね。

しかし、何回でも聞かせてあげることはできても、自分で種をまくことをしないと、何も借り取れません。

他人の畑をずっと観察していて、それで何もせずに自分の畑の収穫できると思っていたら大間違い。

せっかく、幸せの種をもらったんだとしたら、それを自分で蒔いて、自分で育てましょうね。


愛が足りないのは、愛を蒔いていないからです


人は必ず自分の蒔いたものを刈り取ります。

だからもし、あなたに愛が足りないんだとしたら、愛の種をまいていないの。


私は毎日、とても楽しく暮らしています。

それは「楽しい種」をまいているからなんだよね。

だから、いつも笑顔でいられます。

苦しい人は必ず「苦しい種」をまいているんです。

今、あなたに起きていることは、あなたが前に蒔いたものです。

世間が不況だって言うけど、私は一度も不況になったことがありません。

「学歴がないと苦労するぞ」と思っている人は、自分で苦労の種をまいているんだよね。

私なんて中学校もろくに入っていないから、「中学卒」というだけで学歴詐称だと思うくらいなんだけど、「早く社会に出たから得だ」っていう種を蒔いたから、一度も苦労はしてないんです。

松下幸之助さんは中学校もいっていませんし、二宮金次郎さんはそもそも学校にも行ってません。

それでも偉くなる人は、偉くなるんです。


やり方ひとつで仕事は楽しくも苦しくもなる

仕事って、どんな仕事でも大変なんです。

でも、どんな仕事でもゲームにすれば楽しくなります。

ただ、ひとつだけ注意が必要です。

ゲームというのは下から褒めていって、絶対に怒ってはいけません。

成績が良い上の人だけ褒めて、下の人を褒めないとか怒るのは、乗るまでやらされる仕事の場合に多いの。

仕事がノルマになると、人は働かなくなるからね。

だから、60人の社員がいるんだったら、60番目の人にも「おめでとうございます!」といって褒めないとだめだよ。

そうしないと、いつもしたでられている人はゲームに参加しなくなります。

うちの会社の人たちが「ひとりさんに怒られたことは一度もない」っていうのは、私が仕事をゲームにしたからなんです。

人は仕事がゲームになって、絶対に怒られないということがわかった時、全員が自分から参加しようと思うようになります。

綱引きでも、それがゲームになった時、負けることはあっても、怠ける人はいないでしょ。

サッカーでも麻雀でも、何でもゲームと名のつくもので一生懸命やらない人はいませんからね。

それで、ゲームをやるなら、ゲームに参加すること自体楽しいことじゃないと、みんな喜んで参加しません。

マラソンって、一番最後にゴールに入ってきた人にも拍手を送ります。

それが一生懸命走って、へとへとになってゴールについて怒られてたら、誰もマラソンしようとは思わないよね。

甲子園を目指している高校球児でも、あれはゲームだから一生懸命にやっているんです。

それを、高校球児たちを雇ったら仕事も一生懸命やるかと言うと、それは別の話なんだよね。

21世紀は「心の時代」です。

食うために働く時代は終わったの。

だから、「働かないと食えないぞ」ってを脅かすことができなくなったんです。

それと、仕事と名のつくものはすべて「儲けること」ができます。

八百屋でビルを建てる人もいれば、倒産する人もいるんです。

要はやり方一つなんです。

 

豊かになれないのは考え方が原因だよ


私たちは考え方次第で、いくらでも豊かになれます。

例えば、普通の人は「税金は払いたくない」と考えます。

でも私は全然、税金を払うのを嫌だとは思いません。

なぜかと言うと私は、この日本は自分のものだと思ってるんです。

だから、税務署員は私の従業員なの。

税務署の人たちが全国から集金したお金で道路ができたり、橋ができたりして、そのおかげで私は仕事ができる。

秋になったら私が収穫して、それを従業員が税金として取りに来て、またそれを全国に蒔いてくれるから、次の秋にはまた収穫ができますからね。

税金を納めることを、私は一度も嫌だとは思ったことがありません。

このシステムのおかげで私は仕事をすることができるんです。

日本の教育も、富も、全国的に平均化しています。

だからウチで作った商品なんかも売れるんです。

税金があるから道路もできるし、お年寄りが安心して暮らせるんだよね。

だから、私たちが税金を納められるのはありがたいことなんだよ。

それを「税金をごまかして・・・・・」とかって、「みみっちい」ことを考えているから「みみっちいこと」が起きてしまうんです。

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村