コンクラーベ

斉藤一人さん 試練

f:id:shiho196123:20190503144743j:plain

今、貴方の目の前にいる人が人生の岐路です

 

 

試練

人間は何度も何度も生まれ変わります、よく自分は親が勝手に産んだんだと言う人もいるんですか、ほとんどの人は 自分で親を選んできます。 大概どういう人を選ぶかと言うと、この親で幸せになれるという人を選びます、 生まれてくる目的は自分の魂を磨く 、練るということです、 簡単に言うと試練というのがあって、 どんな人でも最低一個の試練は入れてきます。

例えば大学に不合格になるとか、突然、病になるとか、 そういうような試練を入れてきます。 命というのは上が人という字です、 人は一度はたたかれると分析してください,一度は試練にあいますということです。

ところが試練にあってる時は、ものすごくその人は苦しんでいるんですが、 守護霊さんとか、その人の中にある本当の真我というものがあります。 その真我とお話すると、私の人生は 苦しんでいるのに「順調です、 すごくうまくいってます」と答えるんです。

それは苦しんでるように見えるけれども、自分の試練というのは 自分が決めてきたことなんです。 自分が決めてきたことですから別に困った状態ではないです。

斎藤一人さんが度々、困ったことは起きないというのは自分で決めてきたことを、自分で順調にこなしているだけですから、 何の問題もないんです。 だから全然大丈夫なんです。

親は自分で選ぶんですが、仕事というのはその人が仕事から呼ばれるんです。 呼ばれていって、ピッタリの所に行くんです、 だからこの職場が気に入らないとか、 自分の天職は何ですかと言うけれども、 貴方が仕事を選ぶんではないんです。

 

ピッタリの職場

貴方は仕事に呼ばれていくんです、だからつまんない職場だなと思えば、自分はつまんない人間だと 考えてください、そのつまんない職場ですが自分は一生懸命にやらない人間ではないかと 、簡単な仕事ですら一生懸命にしません。

全くブスっとしてて、この会社は面白くないし、 面白い人が一人もいないというより、あなたが面白くないから、そこに呼ばれたんですね。

だから人生を変えたければ、自分にピッタリの職場と考えてください。 ここは面白くない職場だな、つまんない人間ばかりだな 、もしかすれば自分もつまらない人間だと思ってください。そこで修行するんですね。

それでは辞めたらいいんじゃないかと言っても、「辞めるとやっていけないんですよ」と言うような人もいます。 今のあなたにちょうどいいのはぐずぐずした職場で辞めることも出来ない 、貴方にちょうどいい職場なんですね。

そこで学ぶことがあるんですね、 すっと辞める人もいます、「皆が辞めたほうがいいよ」と言っても、辞めない人もいます。 それはそこでまだ学ぶことがあるんです。

 

f:id:shiho196123:20190503144842j:plain

チャレンジ

健康のことでもなんでも、人にまかせっきりで 、いくら体のことだからといって、お医者さんに任せればいいだけではないですね。 日常の健康管理は自分自身ですることなんですね、食べ物も何も全く変えずに、人にまかせっきりだとすると具合の悪くなる人がたくさんいてます。

「そういう人は何を学んでるんですか」と尋ねれば、紺瀬、自分のことを人にまかせっきりだとどうなるかを学んでるんです、 「あの人はいくら言っても学ばない人だと言っても、 そうではなくて魂は絶対に学んでいるんです。

いくら周りが辞めても借金だらけになる人がいるんですが、 そういう人は経済のことを全く考えずに借金だらけになると世の中どうなるかということを学んでる人がいるんです。

だから学ばない人はいないんです、 その人を見ていて「学ばなくて何もしない人だ」と言うけれども、 何もしないとどうなるかを学んでいるんです、 だから魂に聞いてみると、すごく順調です。

だからすごい苦しみのある人でも、それも本当は順調なんです、人間は何度も何度も生まれ変わりますから、 紺瀬は自分は「すごい困難に挑戦してみたいんだ」と言う人もいてるんです。

そういう人は自分は体の悪い人になって生まれてくると決めてるんですね、 生まれながらに体の悪い人は 何百人に1人か、何千人に1人が必ず出るようになってるんですね。

そうすると不思議なもので、そういう人が生まれてもちゃんと面倒を見るような優しい人を選んで生まれてくるんです。 だからそういう子供が生まれたから、自分を責める人がいてますが、ちゃんとそれは前世からの約束事で優しい心だから選ばれたんですね。

 


オーラ

とんでもない強い魂が紺瀬はこの困難に挑んでみたい、 困難がものすごく辛いんですかという話になってくると、ほとんどの魂が死んだ後にもう一度地球に生まれたい 、なぜかと言うと人間は魂を磨くことがものすごい楽しみなんですね。

「こんなの楽しくない」と言ってるのは心の中の真我、潜在意識ではなく、 魂の周りのうわべの濁り、これを我というんですが 、この我が言ってるんです。 本当はダイヤモンドみたいにキラキラ輝きたいんです、 いろんな像を見るとキリストでもそうですが光輪が出てますよね、あれがオーラなんですね。

誰でも実はすごく大きなオーラがあるんですが、真我という光に我という汚れがついてるんです、これが薄くなればなるほどオーラは大きくなっていくんですね。

だからこのオーラを大きくしたくて仕方がないんです、何回生まれてきてもまた生まれてきて、中には自分で決めてきた試練なのに途中で挫折をして自殺する人がいます。

 

f:id:shiho196123:20190503144951j:plain

真我

この話を信じる人は1万人に1人ぐらいですが、 信じられない貴方は別に普通の人だから構いません、 自殺してしまう人がいてるんですが、その真我に話しかけると、守護霊に話しかけても、真我に話しかけても、自分は絶対に死んではいけないというんですね、 自殺しようとしている人ですら、その魂は死んではいけないというんです。世界中みんな言うんです。

世界中の自殺しそうな人ですら、その真我は死んではいけないというんです、 なぜかというと80年生きる人が60年で死にますよね、 60年で死んでしまうと修行があと20年残ってますね。

人は死ぬとご先祖様が迎えに来てくれたり、光の玉がちゃんと迎えに来てくれて、 あの世に行けるんですね。 自殺した人というのは残りの20年間を真っ暗な闇の中でいないといけないんですね。

何も学ばない状態とはどういう状態かをそこで学ぶんですね、 ただそれは無の世界なんです、 この世界は何もない世界です、そこに20年間いるんです。

ただ自殺を今年しても来年生まれ変わる人もいてるんですね、そうするとなんだ1年間しか暗闇にいなかったのですかというと、そうではないんです、 いったん死んで魂の世界に入れば、 夢が10秒しか見ていなくても長い長い夢を見たことになるんです。

それは長い夢を時間的に感じているんです、 たかだか1年でもものすごく長く感じて 、20年分を十分に感じることが出来るんです、 だから自殺はしてはいけないんです。

これはみんな共通で心の中では知っています、「私は理解できない」と言っても、あなたの心の奥に居てる人が「私は理解できます」と言っています。 自分が決めてきたことですから、自分が乗り越えられない試練はないんです。

乗り越えられる程度のものしか起きないんです、 こういうことを覚えておいてほしいです。 じゃあこの試練を避ける方法はあるんですか、 それから軽くかわせる方法があるんですか、 そういう方法はあるんです。

 

岐路

人の試練を岐路と言うんです、 あの時、自分はこういう風にして駄目になったとか、 あの時、自分はこうして救われたんだとか、 あの時人間の魂が向上したんだとか、それは実は人生の岐路というのは 常にあるんです。

人間関係で魂を成長させるようになっていますから、 会う人会う人が実は人生の岐路なんです、 だからインドで修行しようが、どこで修行しようが、 つまり人間社会に戻ってきて人間と付き合うしかないんですね。

斎藤一人さんがよく愛のある笑顔、 言葉で人に接して下さいと言います、 皆さんは「はい分かりました」と言いますが、分かっていない人がほとんどなんですね。

愛のある言葉というのかすごく分かりづらかったらしいんです、 愛のある言葉は例えば自分より年上の人がいて、 おばさんかなあと思ってもお姉さんなんです、 女性はみんなお姉さんなんです。

例えば食べ物屋さんに行って、感じが悪くても、お姉さん美味しかったよ、 おばさん何してとか、おばさん最近太ったんじゃない、人が気分が悪くなるような言葉を愛のない言葉というんです。

その人が気分の悪くなる言葉ってありますね、髪の毛が薄くなってきている人をつかまえて、最近、髪薄くなってきたんじゃない、 そういうことを言われた人はすごく傷つくんですね。

本当の事を言って何が悪いと言いますが、それが愛がないということです。 本当のことならば何でも言っていい 、太ってるの気にしてる人にまた太ったね、 そういうことを言うこと自体が愛がないんです。

本当のことでも愛がないんです、 笑顔で会う人、会う人に感じよくしていると 、少し岐路が微差づつ曲がるんです、だからタイタニックの物語を思い出してもらえるとわかるんですが、 前に氷山があっても船は急に横切ることが出来ないんですね、 タイタニックが氷山に当たったのが試練ですね。人生の試練なんですね。

はるか前から少しずつ曲げていれば、 あんな氷山にも当たらずに済むんですね、 当たっても大したことないんです、 人に優しい言葉をかけてる人間は 、例えば自分が大学に不合格になる試練があるとしますね、 大学に落ちる試練があって、大学に落ちるかもわからない、 だけど自分にはこういうことがあってとかいますが、結局は自分の事なんですね。

貴方は人が大学に不合格であったにしても、何も感じないかもわかんないですね、 自分だから痛みを感じるんですが 、なんだあいつ不合格になったのかとか、あいつ頭のいいふりして大したことないとか 、そういう風に思う性格ではなかったですか。

それが大丈夫だよ不合格になっても、 次に行くところでいい人に会えるかもしれないし、次に行くところが貴方の行く道かも分からないです。

貴方を不合格にした学校は良い学校ではないんです,「良い学校に不合格になった」と言うけども、 あなたを快く受け入れたところが良い学校なんですね。

 

f:id:shiho196123:20190503145049j:plain

愛ある言葉

もしその人が傷つかないように、相手に愛のある言葉を喋ってる人ならば、 もし自分にそういう不合格になることが起きても、 多大なショックを受けてノイローゼになって、自殺したとか 、そういうことはないですね、そこまでも行かないです。

自分は頑張ったけども、落ちたけれども、「次の方で頑張ります」と言えばいいんです。 常に分かれ道なんですね、目の前にいる人が分かれ道なんです、 あなたの目の前にいる人は人生を良くするか、悪くするかの分かれ道なんです。

こんな人、自分には関係ない、自分は客なのにおばさんでいいんだよとか、 そういうことではなくお姉さん頑張ってるね 、斎藤一人さんがあるところに行って食事をしたんですが、 おばさんがしていて、すごく美味しくないんですね、 おばさんも感じも悪いですし、 「おばさん感じも良かったし、美味しかったよ」と言って、おばさんにチップあげたんですね。

周りの人が感じも良くないし、味も良くないと言ったんですが、 あの人はあの歳になるまであの味覚で、 あの感じの悪さで生きてきたんですね、 あの年齢だから、あの店であの能力であの味で 、きっと子供を学校に行かしてきたんですね。

味覚が悪いのはあの人の罪ではないです、 しかし頑張って、頑張って生き抜いてきたんですね、 おそらく今まで一回も褒められたことないし、 美味しかったと言われたことがないし、 いくらかでもチップもらったこともないんですね。

人間は頑張ってきたんだから、一生に一回ぐらいは褒められてもいいんです。 斎藤一人さんのお弟子さんがすごく分かってくれて、本当だよね、 あの人あれでも生きてきたんです、自殺もせずに生きてきたんです、もっと素晴らしい能力があっても、 途中で死んでしまう人がいたり、 そう思えば拍手を送りたいですね。

一人一人に愛のある言葉が喋れば、その人には縁がないかもしれないですが、自分の中で見ている真我、空から見ている神様が 何をしているか知っています、 人に愛のある言葉を喋り、そういう風にして生きていくのが良いですね。

 


学び

まれにですが霊感のある人とか、インドが好きな人とか,その中にはその修行を鼻にかけて、威張ったりする人もいてるんですね、本当に鼻持ちならない人がいてるんですね。

そういう人はその能力が人生を悪くしてるんですね、その能力があるのがいけないんですね、あなたの態度は愛のある態度ですか、だから霊感でも学歴でも同じです。

いい大学に入ることが別に悪いことではないです、 自分は偉いけどあなた方が馬鹿なんだという態度がどこかに見えれば、 相手の人に会う人会う人に嫌な感情を抱かせながら、自分は悪い方に行って、 タイタニックのように避けられなくってどんと氷山にぶつかるんですね。

本当に船がぶつかってものすごい勢いで船が沈みます、 だから少しずつ少しずつ良い方向に持っていくんですね、 全くあの人は何もしないのではなくて、あのまま何もしないとどうなるかを学んでるんですね、 全く言うこと聞かない人はこのまま言うこと聞かないとどうなるかを学んでるんです。

だから学ばない人はいないんです、 全くあの人は学ばない人なんだから、自分だけ学んでるように思えますが、 それは貴方の学びが足りないんです。

魂的に学ぶというのはそういうことではありません、 今世、来世、再来世、学ばないと 、今世はこういう試練を用意してきます、 難しい話ついでですからもう一つ難しい話があります。

地球という星はかけがえがないです、 いろんな人が何回も生まれて、光の玉から人間になって出てくるんですが、 人間というものにとって地球が一番面白くて楽しい星なんです。

 

魂的問題と生活の安定

 

他の星では魂的に生きていますから、物がないんです、 だから地球で幸せになるためには生活もちゃんとしないといけないですし、魂的なことばかりしていないで、生活も安定しないといけないんですね。

お金持ちになる必要はないんです、 きちんと食べてきちんとした身なりを出来るだけの生活をしないといけないです。 それと魂的にも心の問題を幸せにしないといけないです。

この二つをしなければならない星は地球しかないんです、 この地球には病はあります、 死もあります、 病とはこういうことなのか、死ぬとはこういうことなのか、 死んでも大丈夫です、魂が死ぬわけではないです。体の死というものもよくわかります。
魂がスーッと抜けて天井から見ています、 嘘だと思っていたけど本当だったんだ、これも死ねばわかります。 もしこの記事を読んでも全然わからなくてもいいです、人はあと何十年かすれば大概の人は死にます、 あと何百年も生きる人ってほとんどいません。

魂が抜けて天井から、見ていたっていうのは、昔、言ってたのは本当なんだということがよくわかります。この地球に何度も何度も生まれさせてくださいということは 、精神的な幸せと物質的な幸せ、食事がちゃんと食べられるんですね、 必要以上に物を欲しがるのは我なんですね。

だからといって、ものすごく貧しくてもいいというのは駄目ですよ、両極端は駄目なんです。 ホームレスをしてても心さえ清ければいいというのは、この地球上の生き方ではないです。

メルヘン

この地球上というのは、ちゃんとした雨露しのげるところに住み、人様が見て汚いと思われないような身なりをし、女性だとすれば人から見て花と思われるような生き方をし、 そういう生き方が大変だというのは貴方の我が言ってるんです、 真我は何度でも試練を作ってもまた生まれてきたい、魂を磨きたい、ダイヤモンドの1面を削るように 、研磨するようにこの一面この一面と磨いて、光り輝く自分をダイヤモンドにしたいんですね。

そうすれば人間の体からオーラが飛び出して、その人に会いたくて仕方がないという試練を経験しながら、神様に近づいていくんですね。 この記事は万人に一人ぐらいしか信じられないですし、変わったおとぎ話を読んだな 、そういう風にしてください、この記事は分からない人が1000回読んでも分からない話です。 楽しいよおとぎ話だと思って100回読んでください。

 

f:id:shiho196123:20190503145148j:plain

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ナチュラルライフ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村