コンクラーベ

極悪坊主

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20190326133722j:plain

嫌な記憶を極悪坊主と名付けましょう!!

 

 

 


 

大阪城公園に桜を見に行ったんですね、

あるユーザーさんの情報によると

桜はまだ開花していないということだったんです。

 

今日は娘の誕生日なのですが

21歳になるのですけども

生まれてきてくれたときは

雨が降っていたんですけど

公園の桜は満開だったんですね。

 

最近、娘が態度や言葉には出さないんですけども

私を見ている目が心配しているんですね。

 

どちらが親か分からない状態なんですね。

 

ところで桜の話ですが

ほとんど咲いていないというより

全く咲いていないに近いですね。

 

本題に入りますね。

人間の記憶についてですが

人間が進化する上で

身を守る 優先度が高いんですね、

不要残留本能と呼ばれています。

 

そのために嫌な記憶が

幸せな記憶よりも必然的に優先されます。

 

雑念も含め嫌な記憶が

湧き上がってきた時に

その思考に対して

名前を付けましょう。

 

その名前は自分自身に対してはもちろんのこと

人に対しても言えないような恥ずかしい名前をつけましょう。

 

例えば極悪坊主というのはどうですか。

 

人は皆誰でも楽しい記憶があるはずなんですね。

 

今日1日楽しかったことを

些細なことで構わないですから

メモに書き出しましょう 。

 

すれ違った人が素敵だった。

 

見た映画が面白かった。

 

同僚の笑顔が素敵だった。

 

その時にできればメモしておいて欲しいですね。

 

人間には喜怒哀楽があります。

 

 

 

明るく楽しく育った人は

喜びや楽しい感情を多く持つ人に育ちます、

つまり楽観的な人ですね。

 

悲しい感情を持って育った人は

悲観的な人になります。

 

これは3歳までに

決定づけられます。

 

楽しさを感じる神経が弱く

悲しさを感じる神経が強く 、

これは一つの運命で

成人するとその神経を

変化さすのは難しいですね。

 

ただし運命はあっても

人生に宿命はありません。

 

それを変えていくひとつの方法として

先ほどのメモがあります。

 

そのメモを見て

思い出して 笑ってください。

 

そして寝てください、

これを毎日習慣にしていってください。

 

メモを見て笑うのは寝る前と

決めていてくださいね。

 

これを習慣にしていってください。

 

嫌なことを思い出せば

極悪坊主が出てきたと

思ってくださいね。

 

寝る前に思ったことは

寝てる間に脳が整理してくれます。

楽しい記憶が不安や悩み事を

解消して明るい未来を作り出します。

 

このことをすることによって

悲観的な習慣の持ってる人や

うつ病の改善の一歩になることを願っています。

 

睡眠の前の習慣にして下さいね。

 

皆様、いつもご精読有り難う御座います。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村