コンクラーベ

斉藤一人さん お金の川

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20190319210127j:plain

 

 目次

 

 

 

トンチンカン

不労所得が100円の人も
100万円の人もいます。

桁の違いは
自分に対する
価値観があるか
どうかで決まります。

自分に価値観がないと思っている人は
自分が価値観がないと思って働きに行くと
いじめる人とか
そこであなたが価値観がないということを
思わされることが起きてきます 。

ところが自分が価値観が
あると思っている人間は
自分には
価値観があると思えるような
結果が起きてきます。

ある男性が英語を習いに行ったんですか
2日で英語に向かないということが分かったんですね。

ところがその男性は
通訳を雇えばいいと思えば、
通訳を雇える立場になりますね。

自分に自信のない人ほど
二日間では諦めません。

頑張って自分が
出来ない人間である
ということを納得するんですね。

ダメな人間はダメな証拠集めをして
ダメな人間だと納得するんです。

ツイテイルと思ってる人間と
ツイテイナイと思っている人間と
では価値観が違います。

どんなことでも否定的に考える人間は
傍から見ていても価値観がないんですね。

人間の脳は機械にすると
地球と同じぐらいの値打ちがあるんです。

もし人間が一人ずつに
神様がいるとすれば
ものすごいものをつけてくれているんですね。

ところが自分が価値がないと思っていると
神様はもの凄いものをつけているのに
そういう風に思われると
神様が腹を立てるんですね。

「あなたのどこが価値がないんですか」と尋ねると
「私はあれも出来ませんこれもできません」と答えます。

あなたの出来ないことは
人に頼んでしてもらうんです。

出来ないことを頼むと
人はしてくれます。

貴方のできることをしてあげて
ありがとうと言われ
出来ないことを人に頼んでしてもらって
ありがとうと言います。

これが人間の生きる姿です。

ダメだと思った原因は
99%親に原因があります。

親は自分ができる以上に
子供に期待をします。

あなたの産んだ子が
そんなに出来るはずはありません。

昔はお金がなくて
みんながお金がないで済んでいました。

ところが今、現在は
お金がありますから
子供にピアノなんかを
習わせようとします。

英会話を習わして
英語を喋れるようにしたいのですが
お母さんは喋れません。
自分が英語を習って
自分で喋ればいいんです。

子供が期待に応えようとして
おかしくなってしまいます。

親の期待に応えられない人間が
自分自身をダメな人間だと
いってしまいます。

ある女の子が成績が良くて
試験の点数が90点でした、
しかしお母さんは
親戚の子は100点を取ったと言うんですね。

子供は傷つきますね。

f:id:shiho196123:20190319210418j:plain

反抗期

みんなから好かれようとする人は
反抗期がなかったんですね。

ちゃんとした反抗期がない人は
心の中で親のことを
この馬鹿野郎と唱えれば
親の価値観から抜け出せることができます。

何回か心の中で
この馬鹿野郎と言うと
壁が崩れていきます。

両親の期待に応えられなくて
自分の価値観がなくなってくると
いい人を価値観としようとします。

不要残留本能


そうすると

貴方のことを嫌ってる人

貴方のことを妬んでる人

おかしな人にまで

好かれようとするんです。

 

原因は親なんですね。

途中で反抗期のあった人はいいんですが
反抗期のなかった人は
親が原因で傷つきます。

中には生まれた時から反抗期な人がいて
そういう人は爽やかなんですね。

価値観のない人は
親の期待に応えられなかった人なんですね。

いい人間をしすぎたので
それをやめればいいだけなんです。

 

お金の川

お金をもちたければ

お金はいくらでもあるんです。

 

お金をかないと
思っている人がいますが
人間の血液を抜いて測ると
量はわかります。

しかし人間が生きている間に
血液がまわっていますから
その量は計り知れません。

何百億を持っている資産家が
お金を持って歩いてるわけではありません。

そのお金は銀行にありますね、
銀行はそのお金を貸し出しています。

ぐるぐるぐるぐると
お金はまわっています。

その後お金の回ってる
流れを少し変えると
この世の中には
お金の流れの川があります。

その川の流れに手を入れて
流れを変えてみるんですね。

例えば医療費は
20兆円かかっています。

個人が支出しているのを
入れるともっとあります。

一万億が1兆円なんですね。

毎年流れてるお金の川があります。

全員が治ってるかというと
そうではないんですね。。

医療費が増え続けてるのは
病人が増え続けてるんです。

もしその流れを変えてみると
膨大なお金が入ってくるんです。

その入ってきたお金は
銀行に貯金してまた流れ出すんです。

お金がないと思ってる人は
脳にインプットされていますから
お金を集める気がないんです。

人間の脳は怠け者なんです。

新しい考えを嫌います。

脳は今まで通りにしていれば
一番楽なんですね。

ところがお金があると
思ってる人間にはあるんですね。

バブルの時はまわりが良かっただけなんです。

その後日本の貿易収支が黒字ということは
日本のお金はずっと増え続けています。

お金のまわり方が足らないだけです。

あるものを稼げばいいんだと
思わないとダメなんですね。

お金に偏見を持たないで
あなたに価値観があると
いうだけで相当違います。

お金を持とうとした場合に
世の中にお金がないと思ってる人間は
大金持ちにはまずなれません。

お金持ちの子供は家に
お金があることを知っています 。

その子供はお金がないとは
決して言いません。

貴方もも世の中には
ありあまる富があると思ってくださいね。

 

f:id:shiho196123:20190319210723j:plain

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読有り難う御座います。 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村