コンクラーベ

斉藤一人さんです

20191229105200

斉藤一人さん 心のささくれ

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20210701165247p:plain

 

 

 

人の地獄言葉が心に刺さるのは、それまで自分が地獄言葉を使って自ら傷つけたためにできた、「心のささくれ」が完全に治っていない証拠でもあります。

 

 

 

胡瓜草

知っていますか

春に咲くきゅうり草の花を

誰も気づかないほど

小さな花ですが

精一杯大自然に感謝して

花を咲かせています

              ひとり


胡瓜草を見ると元気が出ます。

小さな体で、がんばってるな。

すごいぞって、思わず笑顔になっちゃうの。

わずかに2~3 mm の花が、

雨や風にめげることなく、頑張らず、いじけず、咲き続けているんだよね。

そうだよなぁ、私も文句なんて言ってられるか。

そういう気持ちになるんだね。
この世は、とてもすごい花だらけ。

朝飯米の「いともたやすい」ことなんか、

一個もないってことに気づくと、

綺麗な花を見せてくれてありがとう、

私にも一つの花が咲いたよ、ありがとうって、

手を合わせたくなります。


「地獄言葉」は匂いと同じ。
次第に、その不快さに慣れてしまいます


「1日49回ずつ言ってごらん」

一人さんが教えてくれた「天国言葉」を繰り返すうちに、言い慣れてきて、意識をすれば日常会話の中でも使えるようになっていきました。

すると次第に、「愛してます」「ついてる」「嬉しい」「楽しい」「感謝してます」「幸せ」「ありがとう」「許します」。

この8つの言葉が、私の中にいっぱいに満たされていくのがわかりました。


しかし、それと同時に、人の「地獄言葉」が気になって、イライラするようになってしまったのです。

「十夢想家(トムソーヤ)」で一人さんに相談すると、

「のぶちゃん、家の中に地獄言葉の流れる時間があるだろう?」というではありませんか。

両親は愚痴ひとつこぼさない働き者ですから、私が「えっ、いつだろう?」と困惑すると、「テレビのニュースを流していないか?」と、一人さんが言います。

「大規模なテロがありました。
こんな重大事件や不慮の事故がありました。

今日も世界中でたくさんの人がお亡くなりになりました。

そんなニュースを聞きながら、ご飯を食べたって、ちっとも美味しくないよね」

一人さんにそう言われて、私はハッとしました。


うちは朝晩、 NHK を見るのが習慣で、 食事中は必ずニュースが流れていたんです。

親父の口癖は、「毎日、新聞くらい読んで、NEWS Cry は見とかないといかん」でした。

今となれば、「世界情勢や社会の事件を知らないからって、どうして豆腐屋が困るのさ」と言えるのですが、ニュースの流れる団らんは、物心がついた頃から宇ノ気にとって当たり前の光景だったのです。

私は、いつのまにか、「新聞を読まない、ニュースを見ないのは恥ずかしいことだ」と、刷り込まれていました。

特に新聞を読んだり、ニュースを見たりするのが「好きなこと」だったわけではなく、勝手に「やらないと恥」という枠組みに入れて、習慣にしていたんですね。


「のぶちゃんの中にどれだけの天国言葉の波動が満ちてきても、憂鬱な出来事、凄惨な事件のニュースが流れると、部屋の波動は地獄言葉にチューニングされちゃうんだよ。

地獄言葉って、『におい』と同じなの。

公衆トイレは、最初は臭いなって思っても、数分で臭いに慣れちゃう。

人間って、置かれた状況に適応しようとするんだよ。

だけど、自分が天国言葉の良い波動で満たされてくると、その不快な匂いにイライラするようになるんだ」

そういえば、一人さんは食事中に絶対、テレビをつけません。

私は新聞やニュースで見聞きする地獄言葉で、天国言葉の良い波動を打ち消して、「嫌な臭いにイライラする」という悪循環に陥っていたわけです。

また、人の地獄言葉が心に刺さるのは、それまで自分が地獄言葉を使って自ら傷つけたためにできた、「心のささくれ」が完全に治っていない証拠でもあります。

心のささくれが治って、天国言葉のいい波動画、ちょっとやそっとでは消えないくらい自分の中に充満すれば、誰かの地獄言葉を聞いても、イライラしなくなるんですね。

ただ、「ああ、言ってるな」と思うだけになります。

もしも、第三者の会話を聞いて、「嫌なことを言うな」と、ものすごく気分を害することがあったら、あなたの心のささくれに響いているというサインです。

これまで以上に天国言葉を自分と人にかけて、心のささくれを治してあげて行ってください。


私は、今では新聞も取っていないし、ニュースも見ません。

でも、困ったことは一つもありません。

無知だと思われたり、人前で格好悪い思いをしたりするんじゃないかと思えば、必ずその通りになります。

もちろん、私と違って「新聞やニュースが大好きだ」という人は、そのままご覧になってください。

明るいニュースだいい情報を多く取り込めば、問題はありません。

心のささくれが治ってくると、ぱっと愛のある言葉が出るようになります。

変な謙遜もしなくなります。

謙遜って、美徳じゃないんです。

例えば、AさんとBさんのこんな会話を見てみましょうか。

Aさん 「素敵なバッグですね」

Bさん 「いえいえ、 安物なのよ」

Aさん 「とってもいい旦那で、羨ましいです」

Bさん 「とんでもない、ちっともたいしたことないわよ」


一見、 B さんが謙虚な人に見えますが、もしもこの返事を、全然関係ない C さんがよくから勝手にしたとしたら、どう感じますか?

ものすごく失礼ですよね。

そういう失礼な言葉を、自分の大切な持ち物や家族に使ってはいけないんです。

褒められたら、「ありがとう」だけで十分なんですね。


それが分かってくると、人に何かを差し上げる時に、「つまらないものですが」と言う常套句ではなく、「お口に合うと嬉しいです。私が、一番好きなお菓子なんです」という言葉が、さらりと出てくるようになります。

「言葉が、現象を連れてくる」

天国言葉と地獄言葉を通じて、そのことが本当によくわかりました。


「好きなこと」を積み重ねると、「自分だけの花」が咲きます

 

一人さんという人を知れば知るほど、私の中にある思いが募ってきました。

「一人さんになりたい」

スターに憧れる思春期の少年のようですが、私は大真面目でした。

それで、ある時一人さん本人に尋ねてみたんです。

「一人さんみたいになりたいんですけど、どうすればなれますか?」

一人さんは、私の目をじっと見て、「のぶちゃん、ちょっと聞いて」と言いました。

「一人ひとり、自分の花があるから、のぶちゃんは私にはなれないよ。

私だって、のぶちゃんにはなれないの。

一人ひとりが、自分の花を咲かせればいいんだよ。

のぶちゃんはのぶちゃんの花を咲かせれば、のぶちゃんが、私よりずっと幸せになることだってできるんだ」

「では、その花を咲かせるために、私は何をすればいいんですか?」
「今日、何を食べたい?」

唐突な一人さんの質問に面食らいつつ、私は「カレーライス」と答えました。

すると、一人さんは、「私は牛丼が食べたい。ほら、違うだろ。

互いに自分の好きなものを言ったんだよな。

自分の花は、好きなことを積み重ねていくと咲くんだよ」って言うんです。

「そんなことでいいんですか?」

「それが大きな一歩なんだよ。

どんな花が咲くかは、お楽しみだね。

今好きなこと、今好きなもの、それを一つ一つ味っているうちに、ちゃんと自分の花が分かってくるんだ。

今日はカレーライス、明日はそば。

今日はドライブ、明日は読書。

その一歩一歩が、大輪の花に繋がっていくの」


一人さんが話すのを聞いて、私はとっても気持ちが楽になりました。

「好きなことをしていればいいんだ」って、妙に楽になっちゃったんです。

一人さんみたいなすごい人は、きっと私が想像もつかない大きな努力をしたり、犠牲を払ったりしてきたんじゃないかって、どこかで思い込んでいたんですね。


人は一生をかけて、「好きなこと」でつぼみを膨らませ、花を咲かせていきます。

あの日から、私は、ずっと好きなことをして、自分の花を育て続けています。

これは死ぬ瞬間まで続く、とても楽しい修行なんです。

そうは言っても、人は、好きなこと「だけ」をして生きていくことはできません。

以前、講演会に来てくれた若い男性がこんなことをおっしゃいました。

「僕は、好きなことだけをして生きていきたいんです」

だから、ポリシーに反する仕事や人付き合いをしないと言うのです。

一見、かっこいいですよね。

でも、「好きなことしかしない姿勢」のままでは、いずれ、その「好きなこと」も、うまくいかなくなってしまいます。

なぜなら、自分のやりたいことしかしない人は、神様からも、周りの人からも応援されなくなって、自力と他力が尽きてしまうからです。

もっと言うと、「自分が本当に好きなこと」をやるためなら、他の事だって苦痛でなくなってしまうものなんですね。

心から野球が好きで、本気で甲子園を目指している高校球児たちは、「ランニングや基礎運動は嫌だ」なんて言いません。

本当に好きだと思うことに対しては、「好きなことができるのなら、他の事もお安い御用です」と思えるものなんですね。


当時の私が一番好きだったのは、「一人さんに会うこと 」

一人さんに会えるのなら、徹夜明けの仕事も、全8巻の「坂の上の雲」を3回繰り返して読むことも、楽しくて仕方ありませんでした。

そんな「好きなもののためなら、他のことも苦もなくできるようになる」という話を「十夢想家」 でしていた時の事です。

「人って、『揺るぎない愛』のためにがんばるんだよ。

私は昔から女性が大好きで、嫌いになったことがただの一度もない。

これが、『揺るぎない愛』だね」

一人さんがすました顔で言うので、私は吹き出してしまいました。

「女性と美味しいものを食べて、いい車でドライブするためにはお金がいるよね。

だから、仕事をますますがんばれる。

まず、自分の好きなことをするためには何がいる?って考えて、そのために働くおって思ううちに、 だんだんそれがごちゃ混ぜになって言って、仕事や人生まで楽しくなってきちゃうんだね。

そう考えると、一番好きなものって、お金がかかるものがいいだろうな。

男性にとって女性というものは、一番好きで、この世で一番お金がかかるものだろ?

つまりさ、何が言いたいかって言うと、一人さんは好きな物のためにがんばってるんだから、のぶちゃんも一緒にがんばろうねってこと」


一人さんと私の好きなものはそれぞれで、嫌いなものもそれぞれだけれど、だからこそ、一人さんに褒めてもらえるような「自分の花」を咲かせることができるんだと、私は深く納得できました。

「人は人、自分は自分」

これがわからないと、自分の花は咲きません。

この言葉だけをパッと見ると、時に冷たく感じることもあります。

その理由は、子供の頃、おねだりを却下するお母さんから言われた「うちはうち、よそはよそ」という言葉の悲しい記憶が残っているからかもしれません。

でも、実は少しも冷たくないんです。

全て人の個性を認めて、自分の個性を押し付けないための言葉なんですよね。


私の願いは、「一人さんになりたい」から、「一人さんみたいに、幸せになりたい」に変化しました。

 

「好きなことをやればいいんだよ。
苦手なことは、やっちゃだめだよ」


「人には、自分だけの成功の花が咲く」

そう話してくれた時、一人さんが同時に教えてくれたことがあります。

「のぶちゃん、好きなことをやればいいんだよ。

苦手なことをやっちゃだめだよ」

苦手なことを克服するのが大人じゃないの?って思ったのを覚えています。

でも、一人さんは、「たとえ学校の勉強で、国語、数学、理科、社会があるだろ? 好きなのが国語なら、国語を伸ばすんだよ」と言うのです。

「苦手な数学や理科をやると、国語の成績も下がっちゃう。

ここを勘違いしちゃだめ。

そのうちに国語の能力がうんと伸びてきたら、違う教材もできるようになる。

だから、まずは好きな部分、得意な部分を伸ばすんだよ。

必要になれば、他の事も必ずやるんだから」
最初から、苦手な事に取り組もうとすると、嫌々、やることになります。

すると、いくらやってもうまくはいきません。

得意な人にはかないませんから、自信をなくして、自分の花は萎れていきます。

だから、時には「できないことは、できない」と、認めることも大事です。

そして、自分が情熱を持てる好きなことに時間と力を使うと、不思議なことに苦手なものが減っていくんです。

私は、一人さんと一緒にいたい一心で苦手な本に挑戦したら、いつのまにか夢中になって、今では読書が趣味の一つになりました。

「好き」を入り口にすると、熱中できるものが増えていくんですね。


続けて、一人さんはこう言いました。

「困ったなぁ、苦手だなぁ、って思う時は、神様が『そのやり方は、間違っていますよ』って教えてくれてるんだよ。

神様はね、私たちを絶対に困らせたりはしないの。

だから、困ったように感じる出来事は、『違う考え方があるよ』って私たちに教えるために神様が用意したプレゼントなんだよ」

確かに、「好き」を出発点にすると、困ったことは起こりません。


はじめてのものに出会ったら、「どこが好き?」って考えてみると、頭が好きな理由を考え始めます。

例えば、あなたが人に何かを差し出して、「これの、どこが嫌い?」って聞くと、相手は嫌いな理由は積極的に答えるでしょう。

これは、大人でも子供でも一緒です。

試しに、子供に「学校のどこが嫌い?」って聞いてみると、「給食に、時々苦手なメニューが出る」「毎朝、ジョギングがあって疲れちゃう」「掃除当番が面倒なんだよね」とか、色々なことを言います。

反対に、「学校のどこが好き?」って尋ねると、「友達がたくさんいる」「先生がいろんなことを教えてくれるよ」「校庭でするドッジボールが面白いんだ」って、ちゃんと好きなことを言うんですね。

だから、まずは「好きなところ」を探す癖をつけてみるといいかもしれません。


「好き嫌いは、素直に、シンプルに考えな」

一人さんが、こう教えてくれたのですが、自分が何が好きで、何が嫌いかわからない人も、初めは小さいことから積み重ねていくと、よくわかるようになります。

私は、夕飯のメニューを決める時に、よく一人問答しました。

「今晩、何が食べたいですか? カレーライスですか」

「カレーを食べるなら、どこのお店に行きたいですか?

それともテイクアウトしますか?

自分で作って、家でのんびり食べますか?

ああ、今日はインド料理屋さんに行きたいですね」

こんな風に、心の中で自分と会話をしてみるんです。

「そんなことでいいの?」って、一人さんから聞きたいとは思ったのですが、「カレーライス」「インド料理」って、自分の中から「今の大好き」が見つかると、大輪の成功の花が開いて行きます。

「成功に到達した人が成功者じゃないんだよ。

成功の花を咲かせようって、歩き出した人が成功者になるんだから、一歩でも歩き出したら、その人は成功者だよ」

一人さんの言葉に励まされて、私は自分の中にある「シンプルな好き嫌い」を見つけるのが、上手になっていきました。

こうして、「好きなことを進んでやる癖」もついてきました。

それに連れて、人が好きなものに対しても、「ああ、いいですね。素敵ですね」って自然に言えるようになって言ったんです。

斎藤一人さんの話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとうございます。

 

www.youtube.com

https://youtu.be/kt-9lFbSfU0

お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

我が儘勝手で申し開きもございません。

上記の赤色のボタンを押してくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村