コンクラーベ

マルチタスク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20190409113339j:plain

マルチタスクは非効率ですね!!

 

 目次

 マルチタスク

マルチタスクとは

元々コンピューター用語で「同時に複数を処理する」という意味です。
マルチタスキング(Multitasking)とも言われます。

パソコンもたくさんの処理を同時に実行すると
動きが重くなったり、熱が帯びたりしますね。

マルチタスクを行うと人間の脳にも
同様な現象が起きてきます。

スタンフォード大学の 神経科学者 エヤル・オフィル博士 は

「人間はマルチタスクはしていません。タスク・スイッチングを
 しているだけです」と述べています。

マルチタスクをしても生産性が落ちない人は2%に過ぎません。

タスクの組合せによっては問題のないケースもあります。

  • 歩きながら携帯電話で話す。
  • 音楽を聴きながら掃除をする。
  • コーヒーを飲みながら読書する。
  • 歯磨きをしながらテレビを見る。

これらのマルチタスクは片方が無意識化されているから
成立します。

歩きながら携帯電話で話す場合は
体を動かす処理は自動的に小脳が行なってくれます。

この他にも 習慣化された行動は無意識に行えます。

そのような行為との組み合わせならば
同時に行なっても問題は起きてこないでしょう。

要するにマルチタスクは脳の機能を鈍らせているだけで
生産性を低下させているというだけです。

2%以外の人間にとってマルチタスクは
できる行動ではありません。

マルチタスクが非効率な理由

ロンドン大学精神医学学科の研究結果によると

  • 生産性が40%も落ちる 。
  • IQ が15ポイント落ちる。
  • 判断力を低下させる。
  • ストレスがたまりやすくなる。
  • 血糖値の上昇。
  • 免疫力の低下。
  • 記憶力の低下。

シングルタスク

これに反してシングルタスクが高い生産性を進めます。

一つのことに集中しましょう。

シングルタスクとはたった一つのことに集中して
仕事を進めるやり方です。

目の前の仕事に集中できるので
マルチタスクに反して高い生産性を上げます。

シングルタスクの習慣

シングルタスクの習慣を助ける環境を整えましょう。

  • ブラウザのタブやアプリを多数開かない。
  • 次の日のすることを決めておく、そうすれば 一つのことに集中できます。
  • 集中力が途切れた時にカフェなどに仕事場所を変えましょう、環境が変わると脳がリフレッシュします。
  • 仕事前に散歩をしたり瞑想したり自分を見つめる時間を10分間は必要ですね。

 メモを用意して下さい!!

パーキングロット法を実践しましょう。

何か作業をしている時に良いアイデアが思いついたら
その考えを側に置いといて時間ができれば取り掛かるのです。

デジタル機器を使っていたのを
例えばパソコンをメモに変えます。
アナログにして情報整理をしましょう。

すぐに片付けられるものから取りかかりましょう。

時間的に言えば5分、10分、1時間と
短時間からできるものから始めましょう。

あえてぼーっとする時間を作りましょう。
屋上からぼーっと空を眺めるのもいいですね。

水を飲みましょう、
ウエストミンスター大学の研究によると
知的作業を行う前に水を飲めば
14%頭の回転が速くなる結果が出ています。

どうしてもマルチタスクを行わなければならない場合は
二つまでと決めておきましょう。

マルチタスクは極めて脳に良くなく
うつ病傾向にもなりがちで
それ故に生産性も低くなり
人間そのものの尊厳さえも
奪う可能性を秘めております。

脳にいいのは一つの事に集中することで
シングルタスクに シフトチェンジするのが
良いと言えるでしょう。

マルチタスクは好奇心を旺盛にし
モチベーションを上げますが
人間そのものを壊しかねない可能性があります

マルチタスクからシングルタスクにシフトチェンジしてください。

 

 一つの事に集中して下さい!!

 

皆様、いつもご精読有り難う御座います。 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村