コンクラーベ

斉藤一人さんです

20191229105200

斉藤一人さん 見た目を磨くとすべてがうまく回りだす

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20210107175143j:plain

 

 

自分から外見を素敵に整えていくと、

まるで魔法にかかったかのように、

周りの人達でステキに変わり、

どんどん、人生も良い方向に向かっていくのです

 

 

アクセサリーは豪華に見えることが大事

こういう話をするとね、自分の実力は大したことないのに、見てくれを良くして、実力より、自分を高く見せちゃっていいんですかっていう人がいるんです。


人間というのは、面白くってね。

何が面白いのかと言うと、人間って、実に神的なんです。

見た目を良くしようと努力しているうちに、だんだんと本人の中で、いろんな変化が起きだして、実力がついてきちゃうの。


例えば、男の人で、元々、農業だった人が軍隊に入って、軍服を着るとするでしょ。

軍服を着ていると、自然と軍人らしくなっていきます。

そして、やがて階級が上がって上等兵になると、軍服についている階級を表す星の数が増えるんです。

そうすると、軍服を飾る星の数が増えたぶんの、働きはちゃんとするんですよ。

不思議とね。

だから、星の数や勲章、それを貰った頭髪は実力が伴っていないとしても、だんだんと星の数や勲章、肩書き通りの実力がついてくるんです。

本当なんです。


だから、ともかくね、「ちょこっと」からでいいからね、身なりを綺麗に整えて、押し出しを実践することですよ。

経験が最高の先生だからね。


今時ね、喫茶店でコーヒーを飲んだって、一杯500円ぐらいはするじゃない?

指輪だと、500円も出せば、素敵なのが買えるんだよね。

1000円も出せば、ひょっとすると、本物の指輪より、豪華に見えるのが買えるんです。

要はね、値段が高いとか、本物かどうかという、「み見てくれ、外見、または他人の目に付くような言動・服装という意味がが大事だよ」って言いたいの。

ブランドものの指輪で30万円ぐらいするんだけど、石がすごくちっちゃくて目立たなくて、周りの人もよくわからないような指輪をして、「私は一点豪華主義です」という人っているでしょ。

それが悪いって言ってるんじゃないですよ。
でも、そういう人には、本当にごめんなさいなんだけど、1000円の指輪の方が、石が大きくてキラキラが目立って、豪華に見えるんです。


ダイヤだろうが、ブランドものだろうが、そんなことよりも見てくれの方が大事なんですよ。

これが私の考え方なんです。

今、あなたの周りにいる人間が、あなたのアクセサリーを見るとするよね。

それで目立つかどうか、高そうに見えるかどうか、「あなた、こんな素敵なもの、持ってる!」って分かるかどうか。

せっかく、高価なアクセサリーをつけていても、周りの人がわからなかったら、意味がないんです。

「いつもキラキラのアクセサリーをつけていて、素敵ですね」とか、こっちが盛り上がるようなことを言ってくれないんじゃ、せっかくおしゃれしていてもつまらないでしょ。


こんなことを言うと、「一人さんの基準って、そんな基準ですか」っていう人がいるんです。

単純のどこがいけないんですか?

この世はシンプルなんです。
人というのは、男性が綺麗な女性に「あなた、素敵ね」とか、女性、はかっこいい男性に「綺麗だね」と褒めてもらったり、「素敵なあなたに、一杯、ご馳走しますよ」とか、大事にされると嬉しいんです。


あぁ、幸せって、こういうことなんだ。

分かってるようで自分は分かってなかった。

ということが分かって、本当に良かった、ついてる。

嬉しい、楽しい、感謝してます、幸せ、ありがとう、生まれてきて本当によかった。

そんな気持ちになると、子供のテストの点数が悪かろうが、お姑さんに嫌味を言われようが、会社で嫌なことがあったって、どうでもよくなっちゃう。

ということは、そうなるように、周りに大事にされるような自分になればいいだけなんです。

わかるかい?

そうなるのは、難しいことじゃないんです。

外見を整えて、押し出しをすれば、誰だってそうなっちゃうんです。


ここいちばんとは日頃のこと、毎日の仕事です


私の周りの人に聞くと、「ひとりさん、私、ローレックスの時計やヴィトンのバッグを持っています」っていう人が案外いるんです。

でも、身につけているところを見たことがない。

で、タンスの中にしまいこんでいたりするんです。

そういう人に言わせると、「普段から使うのはもったいなくて、ここ一番の時にとってあるんです」って言うんです。

そりゃ、お金なら、使えば減るでしょう。

でも、時計やバッグは、使ったって減りません。

ヴィトンのバッグなんて、元々、普段用に作られているから、丈夫なんだよね。


そういう人に、質問したいんだけど、「ここいちばんにとっておく」と言うけれど、あなたの言う「ここいちばん」は何時ですか?

例えば、働いている人にとっての「ここいちばん」は、仕事の時なんです。

あなたが毎日やってる仕事が「ここいちばん。あなたの晴れ舞台」なんだよ。

せっかく買ったんだから、毎日使ってあげなきゃダメですよ。

いいかい。

もちろん、仕事はバックに伴うんじゃないんです。

時計に伴うんじゃないんです。

心なんだよ。

心に伴うんです、人生ってのは。

わかるかい?


ロレックスでも、ヴィトンでも、みんなが知っているようないいものを持つ。

そうすると、仕事が成功しているように見えるんです、豊そうに見えるんです。

そしたら、周りの人は「この人なら、仕事を任せても大丈夫だ」って安心するの。

身なり一つで、安心というものは相手にあげられるんです。


世の中には色々な形の押し出しがあるんだけど、一人さん流は、
「今自分の目の前にいるこの人から不安、恐れを取り除いてあげたい」という愛なんです。

そういう愛にあふれた心に伴って、色々ないいことが起きてくる、というのが、世の中の仕組みなんです。


店の人が豊かそうに見える格好をしていなかったら、「この店、儲かってないのかな」と、まず思われるんです。

その次は、「儲かってない、ということは、きっと、ろくなものを売ってないんだろう」ってなるんだよね。

だから、店主が豊そうに見えないと、売上が上がらないんです。


だから、働いてお金を稼いだら、稼ぎに見合ういい時計、いいバッグ、いい服を持とうよっていうことなんです。

そして、いいものを買ったら、押入れに入れておくんじゃなくて、日頃から、ちゃんと使うんです。


いいかい。

俺たちにとっての「ここいちばん」とは、日頃だからね。


小道具はあくまでも小道具、主役はあなた

初めて、いいものを持とうとした時に、「清水の舞台から飛び降りるつもりでヴィトン、買います」とか、「ロレックスの時計を買って、ここいちばんの時にするんだ」とか言う人がいるっていう話したでしょ。

でも、これじゃダメなんです。

「一人さん、それのどこがいけないんですか?」ということをこの前質問されたんですけど、実を言うとね。

言葉の波動が、貧乏臭いの。


貧乏くさいことを言うのは、なぜ、良くないんですかって言ったら、マイナスの現象を引き寄せるんです。

それを言った本人が、「起きてほしくない」と思っている、マイナスのことが実際に起きちゃうんです。


買った時点はいいの。

それをしまいこんで、「このロレックスはここ一番の時にとっておくんだ」とか言っていると、そのロレックスがなくなっちゃうことが起きるとか、今持ってる何かがなくなる、といったマイナスの現象が言った本人に起きるんです。

なぜなら、自分が発した言葉が現実になる、そういう仕組みなんだよ。

言霊って言ってことだ、言葉は波動を持っているから、その言葉の持っている波動通りの人生になるんです。

だから、「ここ一番の時にとっておく」とか、消極的で後ろ向きな、マイナスの言葉を言うと、マイナスの現象を引き寄せるんです。


だから、せっかくいいものを持ったんだから、ちゃんと楽しく使ってあげようね。

その方が、時計だって、バッグだって、洋服だって、嬉しいんです。


ロレックスをつけていれば、大概、どんな服を着ていても、周りがロレックスの方に注目して「それ相応の人」とみなしてくれるよ。

例えば、同窓会やなんかがあって、同級生と会う機会があったら、シャネルやヴィトンのバッグを持って行ってごらん。

学校時代、成績が下の方で、クラスメイトにからかわれてたような人でも、シャネルとか持っていけば、スターだよ。

簡単に言うとね、どんないいものも、あなたの人生においては、全て小道具なんです。

指輪もネックレスも、時計も、バッグも全て、主役のあなたを盛り上げるための小道具に過ぎないんです。

だから、小道具のロレックスを自慢気につけて、周りから嫌われたんじゃ、本末転倒なんです。

主役が小道具に溺れて借金だらけになったんじゃ、しょうがないんです。

でも、小道具も持たずに、外に出かけて行くのはは無茶があるんです。

わかるかい?


学校の中では、テストの成績のいい人がスターなのかもしれない。

でも、社会に出たら、シャネルやヴィトンを持っている人の方がスターだよ。

それを「いい」とか「悪い」とか言ったって、しょうがないじゃない?

そういうふうになってるんです。

この中のルールみたいなものだよね。

だとしたら、「これはルールなんだ」と思って、その中で自分はどうしたら、楽しく生きられるかを考えた方が、より建設的じゃないですか、ということなんです。


同じ生きるんだったら、やっぱり楽しく生きたいよね。

そういうことです。


だから良いものを買ったら、「自分はこんな良いものを持てるようになったんだ。ありがたいな。

このロレックスのおかげで、ホテルに行っても、一目置かれるようになったんだしな」とか思って、楽しく生きてればいいんです。

 

賢く押し出し、欲と理性のバランス

変な話なんだけど、仕事がうまくいかなくなってくると、

「やれヴィトンだ、シャネルだ、って、ブランドものにうつつ抜かしていたから、そういうことになるのよ」

とか、いう人がいるんです。

でも、私に言わせたら、それは絶対、違うんです。

仕事のやり方が下手だから、会社が潰れるんです。

仕事がうまくいっていたら、さらにもう一個、ブランドもののバッグを買っても、会社は潰れないものなんだよ。


彼女ができると、「女にうつつを抜かしているから、仕事が傾くんだよ」と言う人がいるけど、それも違うんです。

自分の仕事のやり方が下手だから傾いたのであって、彼女は関係ない。

秦の始皇帝だって、宮殿に美女3000人を囲っていたけれど、ずっと皇帝であり続けたじゃない?

「じゃあ、なぜ仕事が傾いたんですか?」って言ったら、必ずしも、真面目にやってなかったわけではないんです。

真面目に仕事をしていても、潰れるものが潰れるの。

それは、どうしてかと言うと、仕事が下手だから。

自分に魅力がないから。

自分に魅力が足りないから、お客さんが来てくれなかったり、これまで来てくれていたお客さんが離れていったりするんです。

それを、自分の魅力の無さを棚に上げて、やれ、店の内装をどうしてこうしてとか、値段を下げようとか。

色々やるけど、うまくいかないの。

要は、仕事が下手で魅力がないの。

店主に魅力があれば、少しぐらい高く売ったってお客さんは来てくれるんです。

やっぱり、自分をバージョンアップしないとさ、しょうがないんじゃない?

わかるかい?

バージョンアップするって、仕事の腕もそう。

考え方もそう。

もちろん、外見もそうだよ。

だから、押し出しって大切なんです。

だけど、押し出しのバッグにうつつを抜かしてもいけないんです。

要は、賢く生きるの。

人というのは、本当は誰でも賢く生きられるの。

人間は他の動物と違って、理性というものがある。

神様は人間だけに賢さというものをつけてくれるの。

この賢さというものを、使えばいいだけなんです。

そうすれば、本当は誰でも神的に生きられるんです。

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

www.youtube.com https://youtu.be/3CfAFw07Mwk

 お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

 

我が儘勝手で申し開きも御座いません。

 上記の赤色のボタンを押してくださいね。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村