20191229105200

斉藤一人さん 楽しいから笑うのではなくて、人は笑うから楽しい

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200424130642j:plain

 

楽しいから笑うんじゃないんですよ。

笑うから、人は楽しくなるんだよ。

 

 

 

 

楽しいから笑うのではなくて、人は笑うから楽しい


人間の心は、暇になると「不安なこと」を考えるようにできています。

やることがいっぱいあった昔に比べて、今は「暇な時間」がいっぱいあります。

そういう時のために、神は、ものすごくいいものを私たちの体に備えてくれました。

心配や不安が湧き出てきた時に、それを制御する能力を備えてくれているんです。

それは「微笑むこと」。

いつも顔が笑顔でいることなんです。

口角を上げて、ニコッとする。

ちょっと目尻が下がって、顔に「丸(〇)」ができたようになる。

そうやって笑顔にすると、心がホッと緩むんです。

ニコニコしているうちに、だんだん幸せな気持ちになって、不安や心配がなくなるようになっているんです。

だから、不安や心配になりそうになったら、とにかく微笑めばいいの。

ニコニコしているうちに、不安や心配は消えていきます。

不安や心配になったら、試しに笑顔にしてみてください。

「私は不幸だ、不幸だって・・・・・・」って言っている人は、微笑みが足りないんです。

いいですか?

楽しいから笑うんじゃないんですよ。

笑うから、人は楽しくなるんだよ。

笑いながら、楽しい事って考えられないんですよ。

笑顔になるから、楽しいことを考え出すんです。


「上気元」でいる人に、奇跡が起きる

              (斎藤一人さんは「上機嫌」を、「上気元」と書きます)

「一人さんは、生涯納税額が日本一になるとか、ヒット商品を立て続けに出すとか、今まで奇跡的なことを起こしてきましたよね。

それって、どうしてできたんですか?」

人からよく聞かれます。

私自身も「なんだろう?」って振り返った時に、「この事に尽きるんじゃないかな・・・・・」と思い当たることが、一つありました。

それは、いつも「上気元でいること」です。

人の機嫌には「上気元」と、「中機嫌」と、「不機嫌」があります。

いつも不機嫌な人には、不機嫌な出来事がしょっちゅう起こります。

「中機嫌」っていうのは、機嫌がいい時もあれば、悪い時もある人。

そう、普通の人ですね。

普通の人には、普通のことが起こります。

普通にしていて「何かいいことありませんか?」って言う人がいますが、普通の人には普通のことしか起きませんよ。

いつも「上気元」でいる人にだけ、奇跡が起こるのです。

「上気元」にしている人って、目立つんです。

今、世間では、不機嫌や中機嫌の人がほとんどです。

その中でいつも「上気元」でいると、その人が光り輝いて見えるんです。

「上気元の人」は、世間から見ていても光っているけど、天から見ていても光って見えます。

運のいい人になるには、神様から「マル(〇)」もらわなくてはなりません。

神様がマルをくれるのは、「上気元」の人だけです。

神様からマルをもらおうと思ったら、毎日どのくらい「上気元」でいられるかどうか。

それにかかっているんです。


一人さんはいつも機嫌がいい


「一人さんって、いつも機嫌がいいですよね」ってよく言われます。

私、いつも機嫌がいいんです。

それで、いつも幸せなんです。

これは、自分の意思で、幸せの方へ幸せの方へと、いつも気持ちを向けているからです。

「一人さんって、嫌なことはないんですか?」って聞かれることもあります。

嫌なことなんて、山ほどあります。

会社の社長やってると、どこかの視点で揉め事があると、全部、私の所に持ち込まれます。

その揉め事を、片っ端からやっつけていく。

何か問題が起こったら、楽しみながら解決していくんです。

私は、嫌なことを、嫌なことだと感じません。

「いい修行になったな」

「これで、また一つ魂が上に行けた」と思うんです。

何が起きても、幸せの方向に持っていく。

これが一人さんの意思です。

そう、幸せになるには意志が必要なんです。

不幸とは感情のままに生きるということです。

感情に流されて生きると不幸になります。

よく、「私は不幸なことばっかり考えちゃう・・・・・・」っていう人がいます。

そういう人は、感情に流されているんです。

何も考えてないから不幸になるんです。


人は放っておくと「不安」を感じるようにできている

 

これから衝撃的なことを話しますよ。

実は、人間っていうのは、放っておくと「不安なこと」を考えるようにできているんです。

例えば、これから冬が来るとしますよね。

そうすると昔の人は、「着るものはないと凍えちゃうな・・・・・・」とか、「食べるものを蓄えておかないと大変だ・・・・・・・」とか、急いで準備をしました。

機織りをしたり、洋服を縫ったり、野菜を干したり、保存食を作ったりして、冬に備えたんです。

そうやって忙しく働いているうちに、「寒くなったらどうしよう・・・・・・」という不安は消えていきます。

昔は、生きていくには、やることが山ほどあったんです。

ところが今はどうでしょう。

冬が来たところで、スーパーに行けば、いろんな食品が山ほど売っていますよね。

洋服は「しまむら」なんかに行けば、安くて、いいものがたくさん売っている。

何の準備も要りません。

この「何もしなくていい」という状態が、人をますます不安にさせるのです。


自分の意思でいくらでも幸せの方に心を向けられる


人は放っておくと、自分にとって「最悪な状況」を考えるようになっています。

自分の身を守る防衛本能として「不安」が湧き上がってくるようになっているんです。

不安に行きそうな気持ちを、幸せの方へ向けるには意志がいるんです。

何が起こっても、幸せなことを考えるように意志で持って行くんです。

「何かいいことがあったら幸せ」なのではありません。

毎日の生活の中で小さなこと、みんなが「あたりまえ」と思って見逃してしまいそうになることこそ、幸せを感じていると、「上気元」になれるんです。

幸せなことって、どんな状況でも、必ずあるんですよ。

例えば、「今日もご飯が食べられて幸せだな」とか、「朝、目が覚めて幸せだな」とか。

「なんで、目が覚めただけで幸せなんですか?」って思う人もいるかもしれません。

だって、眠ったまま、目が覚めなかった人って、いっぱいいるんですよね。

だって、眠ったまま、目が覚めなかった人って、いっぱいいるんですよね。

眠ったまま死んじゃってる人もいるんですよね。

そう考えていくと、「目が覚めたら、幸せ」なんです。

そうやって、いろんなことを「幸せだ、幸せだ」って気づける人は、明日もたくさんの幸せに気づけるんです。

何故かって言うと、幸せとは意志なんです。

自分で方向を付けることができる。

自分の意思でいくらでも、幸せの方へ心を向けられるんですよ。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村