20191229105200

斉藤一人さん 男が浮気したときに読む話

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20201026182413j:plain

 

 


本当に悩まなければいけないのは、自分に、好きな人も好きになってくれる人も、一人もいないという場合なんだよ。

 

 


相手を好きになったらツキも良くなった──それが「本物の愛」です!

人を愛するというのは、愛した人も愛された人も、絶対に両方が良くなるのです。

そうでなければ、それを愛とは呼べないと思います。

これが私の愛の定義です。

私が中学生の時、こんなことがありました。

初めて男の人を好きになって、寝ても覚めても、その人のことばかりが頭にあって、頭がポヤポヤとしちゃったんです。

ある人が仲立ちをしてくれて、一緒のグループでどこかに出かけたりしたのですが、私はその人に自分の気持ちを伝えることは出来ませんでした。

もちろん、向こうがどう思っているのかも全然分かりません。

それで、悶々とした状態が続いていたら、普段の生活でもいろんな面でレベルが落ちてしまったんです。

なんだか学校へ行きたくなくなってきたり、勉強にも身が入りません。

それまではいつも5番以内に入っていた成績が、急に30番ぐらいに落ちてしまったのです。

それを知って父には、すごく叱られました。

「お前の仕事は勉強だ。

それなのにこんなに成績を落として、お前は何をやってるんだ!」

そう怒鳴った父は、私が勉強をサボっていると思い、私を家から追い出しました。

私の机も布団も、みんな外へ放り出してしまったのです。

この時に、私は思ったんです。

「あの人を好きになって、こんなひどいことになるなんて、これが愛って言えるんだろうか?」

これをきっかけになって、さっきの愛の定義へとたどり着いたのです。

人を愛したら、自分もその人も、両方がそれまでよりも良くならなきゃ嘘です。

私はそう思うんですよ。

誰かを好きになって自分の生活がめちゃくちゃになったり、自分を犠牲にしたり、そんなのおかしいです。
自分が好きになったことで、相手の人が不幸になるのもおかしいんです。

そんなのは愛じゃありません。

人を好きになるのを我慢しなさい、って言ってるのではありません。

逆です。

もっとたくさん人を好きになってください。

そうすれば、もっと上手に人を愛せるようになれますから。

人を好きになることで自分がそれまでより悪くなったり、相手の人が不幸になったりするのは、愛し方が下手だからなのです。

恋も2度目になれば、愛し方が最初の恋よりも上手になるんですよ。

昔、中森明菜さんがそんな歌を歌っていましたよね。

本当にそうなんです。

たくさん人を好きになるうち、少しずつ愛し方が上手になって、自分もその人も両方ともよくなれるような愛し方ができるようになるんです。

人を好きになるのは健全な欲望です。

健全な欲望は大いに燃やしていいんです。

自分にはこういう欲望がある、だから完全に利他的にはなれない。

でも、他の人にもそういう欲望があることを受け入れる。

いつも自分がよくなりたいし、他の人も良くなってほしいと思う。

これが愛の前提なんだと思っています。

これは男女の関係に限ったことではありません。

いい人間関係の基本は、このあいなんですよ。

年齢も性別も関係なく、誰かに出会ったら、その人を好きになれるといいんです。

そうして好きになったら、それ以前よりもお互いが良くなるようにと願い、そうなるように行動するんです。

愛をこんな風に定義できると、お互いにものすごくいいレベルを目指して付き合っていけるんですよ。

二人の時間を楽しくする──「この一点に集中できる人」が勝ちます

付き合ってる人に二股をかけられて苦しんでいると、相談されたことがあります。

こうしたことで、私も過去に悩んだことがありました。

ここでは、私がそれをどう乗り越えていったのか、お話ししますね。

結論から言ってしまえば、二股をかけられていることを知った後でも、自分が好きになった相手と、でも付き合っていたいかどうか自分の心に聞いてみるんです。

別れるんだったら、それでいいんです。

「これまで付き合っていた楽しい時間をありがとう。

幸せだった」と思えばいいんですからね。

でも、もしそのまま付き合いたいと思うのならば、自分がどんな考え方をして、どんな態度をすべきなのか、きちんと考えてほしいのです。

どうやれば二人の時間が楽しくなるか、その一点に集中して考えてみるのです。

もし、自分が別の女性に嫉妬したり、相手の男性を恨んだり憎んだりしたら、二人の時間は楽しいでしょうか?

人は楽しい方に引きずられます。

楽しくない相手とは会いたくありません。

嫉妬したりしていると、相手の男性はあなたと会っていても楽しくなくなって、ますます離れていってしまいます。

男はいろんな女性が好きです。

私を含めて、女性はそのことに関してだけは、なかなか男を許せないんですね。

でも、女だって服とか食べ物とか、色々なものが好きなんですよ。

男だってそれと同じなんです。

そう考えて、許せないという気持ちを少しずつ小さくしていきます。

そんなことよりも、二人の時間を楽しくすることに、自分の気持ちを集中してください。

でも、恋愛の経験を重ねていくと、少しずつ出来るようになるはずです。

「別の女とも付き合っているなんて、どうしても許せない。

永久に、許せるようにはなれないと思います」

こういう人もいるでしょうし。悩んでしまう気持ちも分かります。

私も昔そうでした。

それで、ひとりさんに相談したことがあるんです。

すると、ひとりさんはいつもの明るい笑顔で、とても朗らかにこう教えてくれました。

「自分の惚れた相手に自分以外にも好きな人がいるというのは、全然問題じゃない。

好きなものはいくつあっても悩みじゃないんだよ。

『あなたには他にも好きな人がいるでしょう。

よかった、よかった』ということ。

だから、悩みじゃないことを悩んでいるんだよ。

これは、『ほんとたくさんねお金があって困っています』というのと同じ。

悩まなきゃいけないのは、お金を全然持っていない人なんだよ。

同じことで、本当に悩まなければいけないのは、自分に、好きな人も好きになってくれる人も、一人もいないという場合なんだよ。

自分には好きな人がいる。

相手にも好きな人がたくさんいる。

よかった、よかった」

あまりにもあっけらかんとした答えなので、私も悩んでいるのがバカバカしくなって、しまいには笑っていました。

でもね、よく考えてみると、ひとりさんの言ってることは本当だとわかってきます。

好きな人も、好きになってくれる人もいないなんて、これ以上に不幸なことはないと思いませんか?

自分の好きな人に、自分の他にも好きな人がいるというのをどうしても許せないとすると、恋愛感情を捨てなければならなくなります。

恋愛は何度繰り返しても、そんな男を許せないままだと、そのうちに、誰も好きになれない、誰にも好かれない、そんな女になってしまうんです。

それに比べれば、たとえ二股だろうと自分を好きでいてくれる人がいる、そして、自分にも好きな人がいるということは、とても幸せなことなのです。

だからね、いっぱい恋愛をしましょう。

そうすれば、二股だって乗り越えて、とても幸せな時間を過ごせるようになります。


会社は仕事をする所で、恋愛はおまけなんです


家では何年か前までは、社内恋愛禁止でした。

これは一人さんと相談して決めていたことです。

本当は、恋愛はいっぱいすればいいんです。

社内の人を好きになっても、ちっとも構わないんですよ。

それどころか、会社にいる人を好きになれば、職場にいても気持ちいいし楽しいし、そうやって気持ちが良くなれば、仕事だってはかどるはずです。

例えば、会社員の男性が、自分の部下の女性を好きになったとします。

部下を好きになったんだから、その子を上手に働かせて、いい仕事をさせちゃえばいいんです。

そうすれば、部下だけでなく自分だって出世できます。

二人とも恋愛で楽しくて、仕事も今までよりできるようになって、こんないいことはありません。

でも、実際には大概、そうはならないんですよ。

頭がぽやぽやになって、仕事が出来なくなっちゃうんですね。

会社は仕事をする所で、恋愛はおまけなんです。

だから、家では社内恋愛を禁止にしてたんですよ。

でも、最近では好きにやってもらっています。

その代わり、恋愛で仕事ができなくなるような人には、やめてもらうことにしています。

本当は、恋愛が仕事の邪魔になることなんかないんです。

そうなっちゃうのは、経験が少なくて、恋愛が下手だからなんです。

人を好きになると頭がハイになりますよね。

ハイな状態で、仕事も楽しくやっちゃえばいいんです。

それができないのは、自分をコントロールするのが下手だから。

自分をコントロールできないから、嫉妬なんかの変な感情が生まれてきたりして、他の事をするのにエネルギーが回らなくなってしまうのです。

もっとたくさん恋愛すればいいんです。

一人目よりも二人目、二人目よりも三人目と、だんだん恋愛が上手になっていきます。

要は、慣れなんです。

それに、社内恋愛で仕事がうまくいかないと言っている人を見ていると、どうもその本当の原因は恋愛ではないという気もします。

そんな人は、元々、仕事に身が入っていなくて暇だから誰かに手を出したんです。

つまり、仕事に身が入っていないことを、ただ恋愛のせいにしているだけ。

真剣に仕事をしていれば、悩んだりしている暇なんかないはずです。

 

 

「手っ取り早く綺麗に見せる方法」教えます

よく「写真写りが悪いって言われる」と嘆いている人がいますけれど、これ、本当はいいことらしいですよ。

「腕のいい写真家は普通の人とどこか違うか知ってるかい?」とひとりさんに聞かれたことがあるんです。

答えはこうでした。

「腕のいいカメラマンは、その人のオーラまで写せるんだよ」

「オーラ」は生命エネルギーみたいなもの。

体の周りを包んでいて、心や魂の状態が分かるんです。

これは人だけじゃなく、動物や樹木やものなんかにもあります。

素人の写真では、印象が違って見えることがあります。

いつもその人のオーラも一緒に見ているのに、写真にはオーラがつっていないからです。

写真写りが悪いということは、いつもはオーラのぶんだけ綺麗に見えているということです。

これは、その人の心の状態が良いという証拠。

ということは、心の状態=オーラをきれいにすれば手っ取り早く綺麗になれるんです。


「カツ丼を食えばカツ丼の代金を払う」───恋愛も同じなんです

社内恋愛をしていて、自分の仕事そのものはちゃんとできているけれど、社内の噂になるのが嫌だという人もいるみたいですね。

そんな人には、ひとりさんがこう言っていました。

「カツ丼を食えばカツ丼の代金を払うし、寿司でも上を頼めば高い。

それは当然のことなんだよ。

会社の男と付き合えば、噂になるのは当たり前。

これはセットなんだよ。

それなのに、噂になって困るというのは、カツ丼を食いたいけれどお金を払いたくないと言っているのと同じ。

悩みというのは、「私」を変えるしかないんだよ」

「他人」を変えようと思ったら、絶対解決しないんだ。


噂になるのが嫌ならば、「私は社内恋愛をしない」と思えばいい。

噂をする人が嫌だと思うなら、「私はそんな噂はしない」と思えばいい。

それでも社内恋愛がしたいんならば、「噂をされるのは当然なんだ」と覚悟すればいい。

そういうことなんだよ」

噂をされるのを覚悟してしまった方がいいみたいですよ。


自分が「不幸だ」と思ったら、なんでもつまらなくなります

恋愛を幸せなものにするかどうかは、物事の捉え方次第だと思います。

不倫の関係で相談してくる人の中には、こんなことを言う人もいます。

「奥さんとは必ず離婚して君と一緒になるって言ったくせに、本当はそんな気なんかなかったんです。

私はあいつに遊ばれていたんです」

でもね、ひとりさんはこんな人に明るくこう言うんです。

「遊ばれていたというのは、基本的な間違い。

だって、不倫というもの自体が遊びなんだからね。

遊ばれていると思っちゃだめ」

だって、楽しい思いをしたのは、その男性だけではないですよね。

自分も楽しんでいたはずなんです。

だったら、遊んでいたのはその人だけではなく、自分もなんですよ。

幸せだったと思えばいいんです。

そのことを後悔したり、相手を恨んだりしちゃ駄目です。

これとは逆に、こういう人もいます。

「私は遊びのつもりだったのに、相手の男が本気になって、奥さんと別れるから結婚してくれと言わんです。

このままだとまずいとは思うんですけど、なんとなくズルズルと続いちゃってるんですよ」

これについてひとりさんの意見はもっと明解です。

「それが不倫というものなんだ。

別れたければ別れればいい、続けたければそのままズルズル行っていればいい。

遊びながら好きにやるしかない。

だって、レジャーだからね。

私は、ひとりさんが「不倫はレジャー」だと言い切った時、思わず笑っちゃいました。

なんか、スカッとしたんですよね。

恋愛は捉え方で、幸せにも不幸にもなるんです。

ひとりさんが、不倫の関係を不幸だと思っている人に、よくこう言うんですよ。

「例えば、奥さんのいる男性を好きになったとして、この時に、「なんで自分は不幸なんだ」と思っちゃいけない。

昔のヤクザ映画なんか見ていると、ヒロインの惚れた相手がたまたま刑務所に入るんであって、相手が刑務所に入るから、ヒロインが惚れるんじゃないだろう?

たまたま、そういう人を好きになっただけなんだよ。

これと同じこと、たまたま、好きになった男に奥さんがいただけなんだよ」

惚れた相手に奥さんがいたというのは、相手がたまたまヤクザだったというのと同じで、それは初めからそういう仕組みだったのです。

不幸だと思ったら、なんでもつまらなくなります。

「幸せなんだ。楽しいんだ」

という意識で始まらないと、恋愛もつまらなくなってしまいます。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

 

www.youtube.com

 お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

 

我が儘勝手で申し開きも御座いません。

 上記の赤色のボタンを押してくださいね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村