コンクラーベ

斉藤一人さんです

20191229105200

斉藤一人さん 復讐するは我にあり汝報いを受けん

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20190729223839j:plain

 

神様は復讐するは我にあり、我って誰ですか、我とは神様のことです。

あなた方はしなくていいんです。

神様がします。

汝報いを受けんという続きの言葉があるんです。

 

 

 

霊魂不滅

神様の話をしだすと、ずっ~と同じ話なんです。

新しい話とか変わった話はないんです。

なぜかといえば、真理は一つなんです。
だから心理が一つですから、今日の話と明日の話が違うということはないんです。

今は魂の夜明けですから、新しい魂観念が生まれるのは、21世紀から30世紀にかけてです。
この1000年間で、新しい魂の意識改革みたいなのが起きるんですね。

ルネッサンスみたいなものです、革命が起きます。
どういう革命家といえば、人間の魂は、霊魂が不滅であるということが、だんだん分かってくるんです。
それがいろんな所で証明されてくる。

20世紀までは非常にいろんなことを言っていますが、唯物論的思想が流行っていたんですね。
特に科学が発達した時に、いつの時代にも神様を信じない人達はいたんです。

いつもを信じてる人もいたんです。
だけど20世紀になって、科学がずっと発達した時に、霊魂とかを信じる人がいなくなってきたんです。
それはどういう風に発見しても、発見できなかったんです。

証明ができないものはないんだということになったんです。
証明ができないのは、あなた方の探し方が悪いと言う考え方もあるんです。

なぜかといえば、母が子を想う気持ち、誰かが恋する気持ちを科学的に証明しようとしても、証明は出来ないんです。


しかし、親が子供を思ったり、子供が親を思ったりする気持ちというのは誰でも感じるぐらいあるんですが、ただそれを測定する機械がないんです。


機械が測定できないからないんだという、証明できないものはないんだという唯物論的思想になってくるんです。
ただそれが退行催眠だとか、過去世を知っている子供が生まれてくるとか、いろんな形で証明されてきたり、斎藤一人さんが一生懸命に証明しようとしているのは、色んな所で除霊をするんですね。


除霊をするとバックブリッジをする女の人が出てきたり、英語を喋れない人が英語を喋ってみたり、浮遊霊という形の現象が出てくるんです。


斎藤一人さんは斎藤一人さんで、わかりやすい方法で奇跡を起こしているんです。

そうすると浮遊霊がいるということは、霊が居てるということですね。
死んで終わりならば、浮遊霊がいるはずありません。

浮遊霊がいること自体が、霊魂が不滅なんです。道に外れたのが浮遊霊なんです。
本当は天国に行くか地獄に行くかして、勉強をするんですね。勉強しないで道にそれたんですね、学校に行かなければいけない人が、途中の携帯喫茶店でタバコを吸ってるようなものです。

 

f:id:shiho196123:20190729224233j:plain

 

魂の成長

いるということがわかった時、人はなぜ何度も生まれるんだろう。

人は何度も生まれてやり残したことを仕上げなければいけないんです。
それが魂の成長なんです。

魂の成長というのは、因果によって成長するんです。

簡単に言えば、悪いことをすれば悪いことが起きます。
良いことをすれば良いことが起きます。

成長といえば、大きくなるように思いますが、そうではなくて、まともになるんです。
まともになるというのは、愛が大きくなるんです。

愛も最初は自己愛と言って、自分のことを愛してるんですね。
だから人のことをいじめてる奴も、自分の事はいじめたりはしません。

それが証拠に一生懸命に逃げてるんです。
人のことを殺してしまう奴も、自分は死刑にはなりたくないんです。

自分を愛してるんです。
そのうちに魂が成長してくれば、自分も大切なんですが人も大切なんだよなとか、分かるようになってくるんです。


そのためには人の足を踏んづけても、自分は全然痛くないですが、自分が踏まれててみれば、こんなに痛いのかということに気づいて、お互いに人の嫌がることをしなくなるんです。
人の陰口とか悪口とか言ってる時は良いんです。

結構爽やかだったりするんです。

爽やかということはないですが、気分が良いからしてるんですね。
ところで自分が陰口とか悪口とか言われれば、どれだけ気分が悪いとか、そういうことがだんだん、だんだん分かるんです。

 

f:id:shiho196123:20190729224958j:plain

 

復讐するは我にあり

それね、カルマにしろ、だるまにしろ、紺瀬したことは来世に出るんです。だから紺瀬、一生懸命いいことしているのは、来世のためなんです。
だからよくあんな良い人が、なぜあんなに苦労しているのというのもあるんです。

それとあんなに悪いことしているやつが、罰も当たらないで、なぜあのまま死んでしまうんだろう。

紺瀬したことは来世に出るんです。


なんて悪い奴なんだと思っても、自分が代わりに罰を与えてやろうと思ってはいけません。

神様は復讐するは我にあり。

我って誰ですか?

我とは神様のことです。
あなた方はしなくていいんです。

神様がします。

汝報いを受けんという続きの言葉があるんです。


あなたがすればあなたが報いを受けるんですから、神様のすることに口出しはしないんです。

だから、何でうちの上司は自分ばっかり怒るんだろう。

それは自分が上役だった時に、人のことばかり怒っていたんですね。
だからそれが現象となって出てくるんです。

そのことが理解できると、前世で自分がしたんだから、今日は随分刈り取ったぞ。
要するに自分が蒔いた種を自分が刈り取るんです。

今日は収穫祭でずいぶん刈り取ったから、あの野郎とか恨み事ばかり言ってると、また悪い種をまくんですね。
悪い種を蒔いて悪い種をずっと刈り取っていたら、それを因果が巡るというんです。

ずっ~と因果が巡ってるんです。
どこかで悪いものを刈り取った後、部長ありがたいお説教ありがとうございますとか、なんとか言って、これで因果が消えましたとか、神様というのは常に明るくて愛があるものなんです。


だから相手がどんなに冷たい態度をとっていても、こちらは明るい種をまけばいいんです。

だから毎日いっぱい飲む時は収穫祭なんです。

 

 

輪廻転生

常に私たちが蒔かなければいけないのは、良い種なんです。

新しい主義革命とは、何ですかといえば、みんなが半信半疑に思うのではなくて、人は輪廻を繰り返すんだ、魂の成長として輪廻を繰り返すんです。


自分の魂が成長しやすいために、自分の親を選ぶんです。

成長しやすい兄弟が出来るんです、常に成長のできる親戚がいてるんです。


そういうところを選んできて、自分の成長しやすい国を選ぶんです。

魂の成長のためにいろんな人がいてるんです。

20世紀の初めまでは、ジャングルの中に人食い人種というのが本当にいたんです。
石器時代みたいに鉄の物全然持たないで、槍の先に石をくっつけてる人が20世紀の初めにはいたんです。


ということは、そういうところに生まれた方が、魂の成長になりやすい人もいてるんです。

さすがに魂も成長してきましたから、人間を食べる必要はなくなってきました。
それが今は世界になくなったんです。

だけどいまだに独裁国というのは、王様と同じですから、中には暴君みたいな人がいるところもあるんです。
色々なところで魂は成長しますが、人類的には良い方向に向かっているんです。

だからどこの国に生まれるというのは、どこの国に生まれれば、自分の魂が成長しやすいか、だから世の中には不公平はないんです。
なぜ私はこんな国に生まれたんでしょう?と問われれば、その国があなたの足りないものを一番補えるんです。


魂の成長ですから、変なことを言いますが、石器時代ですら愛のある人はいたんです。

文明はなくても愛は出せるんです。

 

f:id:shiho196123:20190729225306j:plain

 

神様のお手伝い

江戸時代だって良い人はいたんです。

お釈迦様が悟り開いたのも、2500年前です。

キリスト様が悟りを開いたのは2000年前です。
キリスト様は馬小屋で生まれたんです。

お釈迦様は王子様なんです。

生まれなんか関係なくて、愛を出して神様のお役に立とうと思った人間は、生まれた環境に関係なく、神様のお手伝いは出来るんです。


斎藤一人さんも一生懸命に神様のお手伝いをしようと思って、がんばっているんです。

斎藤一人さんは経営者なんですが、一番神事と縁が遠い経営者なんです。

経営者だって神事は出来るんです。
実のことを言えば、みんなは経営というのがすごく難しいように思いますが、この世のもの、金だって銀だってお金だって、牛だって、馬だって、象さんだって、本当の持ち主は誰かと言えば、神様が持ち主です。


この世の全てのものは神様の持ち主なんです、神様がくれると言えば絶対にくれるんです。

だから何が言いたいんですかと言えば、自分のしている仕事を神的に思うんです。
だから神的に思って、自分が経営をすることで、自分の身を養い、社員を養い、工場を養い、社会のお役に立つ、それから助けを求めてる人がいてます。
そういう人たちに愛と希望と安らぎ、要するに不安を与えないような生き方をしていると、不安を煽っても物は売れるんです。

でも絶対に長続きがしないんです。
みんなが安心して生きられるような、人が求めているものをちゃんと出している仕事は、神様のお手伝いなんです。


神様のお手伝いに不況は絶対にないんです。

神様の仕事に不況なんかあるわけがないんです。

 

f:id:shiho196123:20190729225615j:plain

 

 

志を高く

斎藤一人さんがどうして奇跡を起こせるんですかと言えば、奇跡は自分の志を高くするんです。
志を高くするというのは、目的を高くするんです。

坂本龍馬というのが、なぜあれだけの奇跡を起こせたかといえば、昔は藩というは土佐藩とかいうのがあって、それが自分の国だったんです。


会津藩は国が会津だったんです。

ところがその時に坂本龍馬は国家のことを考えたんです。

だから志が高かったんです。
要するに誰のために尽くすかが違っていたんです。

斎藤一人さんが言うには、志が高いというのは、高い山から水を流さないと行き渡らないんです。
要するに水は高きには登れません。

それと同じように私たちもどこから始めるかなんです。

斎藤一人さんが言ってるのは、天之御中主様のお手伝いをしたいということで、がんばっているんです。

神様のお役に立ちたいという志以上の志はないんです。

 

 

魂の夜明け

まして今は21世紀は魂の夜明けで、本当の魂に目覚める時なんです。

斎藤一人さんは20世紀も生きてきたし、21世紀の見てきていますし、またげる人というのは難しいんです。


1000年周期なんです。

今やっとみんなが魂が目覚めるときに、何を教えたいんですか?と言えば、人は輪廻をするんです。

親の因果は絶対に出ないんです。


ツイテル神社に来た人は、悩みがあるというので、何の悩みかと思えば、娘さんが結婚したいというのは反対したらしいんです。


それで何年か前に取りやめになったんです。

だけどそれから娘が、すごい勢いでふてくされて、もう好きな人と結婚していいよと言ったんですが、今更できないと娘は言うんです。

もう30過ぎたとか色々言うらしいんです。
結婚したいと言って連れてきた人が、いきなり黒人の方を連れてきたので、お母さんとしてはびっくりしたんです。
娘にすれば親が反対したからと言いますが、そうではなくて、いきなり心の準備もできる前に黒人の方を連れてくるような娘を作ったのが、そのお母さんの因果なんです。


その娘は親に反対されて別れるような因果なんです。

簡単に言うとその娘は、自分が親の時に、娘が身分違いの人と恋をして、無理やり引き剥がしたんですね。
だから今の日本には身分差別はありませんから、人種差別みたいな形で出てくるんだけど、したことは同じなんです。


だからお互いに人のせいにしていますが、娘の問題ではないんです。

そういう親に逆らう娘が出るということは、そのお母さんが前世でそういう娘だったんです。
そのことが分かれば、ものすごく早く解決しますし、娘に困らせながら一生を送る母親もバカバカしいし、親に逆らいながらずっと生きてる娘も馬鹿馬鹿しいんです。
だから魂の夜明けにはいろんなことが起きます。

そういうことが教えられるものがあれば、すごく楽なんです。

だから、そういうことが分かった上で、神様のお手伝いをするということなんです。

売上をあげたいんだとか言いますが、売り上げは勝手に上がるんです。

 

f:id:shiho196123:20190729225947j:plain

 

 

神様に必要なこと

なぜかと言うと必要なだけくれるんです。

神様は神様に必要なだけくれるんです。
実の事言うと斎藤一人さんはお金持ちなんですが、さらに大金持ちになるんです。

なぜかといえば、斎藤一人さんが大金持ちになることが、神様に必要なことなんです。
事業家の中でも神的に商売すると、これだけ豊かになれて、不況も関係ないというのは、そういうことを教えなきゃならないと言う定めなんです。


今収入が1000万超えたとか言う人は、みんなのお役に立つようなダンスの先生とかで提供をしているんです。
その人は何をしてるかといえば、お客さんを増やそうと思ってしているのではなくて、全国にいる斎藤一人さん仲間に知らせなければいけない。

斎藤一人さんが手をあげたということを、神事をやっているということを知らせなければいけないというつもりでしているんです。
お金のために動くのはやめてください。

お金が欲しい。

お金が欲しいで入ってくるのであれば、誰でも金持ちです。
そんな風にはいかないんです。

 

それでその人は、斎藤一人さんから預かっている水晶で奇跡を起こしているんです。
なぜ奇跡が起きるんですかと言えば、神様がそこに奇跡を必要としているからです。

神様が必要とした奇跡を起こすんです。
神様はその人に必要なぶんだけのお金をくれるんです。

必要とは何ですかと言えば、世間にお役の立ち方なんです。
世間のお役に立てば立つほど入ってくるようになってるんです。

だからみんな前世でろくでもない因果を積んでるんです。
だって今でも未熟なんですから、100代前なんかはひどいことになってます。そんなことは決まってるんです。


だけどもし因果を全部消せなくても、半分にしたいとか、1/3にしたいとかと言うのであれば、志を高くして、神様のお手伝いをしてください。
神様のお手伝いをして、絶対に損になることはありません。

神様のお手伝いをしながら生活が苦しくなるということはあり得ないんです。
心も豊かになり、人間関係も豊かになり、それで良いに決まってるんです。

決まっているから魂の夜明けなんです。
ただ夜明けに気づいてない人がいてるんです。

夜は明けているのに自分だけが目を瞑っているんです。

心の目はつぶっているんです。

なぜつぶっているかといえば、法に接しないからです。

法とは教えなんです。

こういう教えに接しないと目が開かないんです。
目が明かない人は、これから因果を作り続けるんです。

解消しないものですから、因果にあって、また因果の種を撒くんです。
なんでだろう、なんでだろうという無限地獄から解放しなければいけないんです。

人を怖がらせるようなことは言いたくないんですが、これからものすごく天変地異が始まるんです。
この天変地異というのは、必ず人の持つ悪い想念なんですね。

人間は魂的存在なんです。

肉体が持っていますが、本当の姿は霊魂なんです。
この霊魂から離れた生き方というのは、体しかないからといって、あまりにも利己的なことばかり考えていると、ものすごい天変地異が起きるんです。
これはやめなきゃいけないんです。

私たちが一人でも二人でもいいから、安心の波動を出すんです。
神様を信じる、安心をする、心配するのが当たり前のような、テレビでもなんでも心配するようなことををバンバンやるんです。

良いことをすれば良いことが起きる。

悪いことをすれば悪いことが起きる。

そういうことを一切合切無視するんです。
学校でもなんでも一切教えなくなった時、少年犯罪がだんだん子供から、青少年を守ってやらなければいけないと言いますが、その青少年が一番暴れてるんです。


それは何ですか?と言えば、楽しければいいというようなことしか考えていないんです。

今のことしか考えていないんです。
前世のあることも過去世のあることも一切無にすれば、強いやつが弱い奴をいじめても、その子から物を取ってもいいということになるんです。


どんな悪いことをしても、法律にさえ触れなければ、動機が悪くても金儲けさえすればいいんだという考えなんですね。
本当は私たちが働けば、働いたぶんだけ税金を納めて、お年寄りが生きられて、道路を作って、小学校を作って、そのために起業家は仕事をしなければいけないんです。
1円でも払わない方が得だからというのは、それはあなたの会社のことだけを考えてるんです。

必要もない保養所を作ったり、必要もない土地を買ったり、節税だと言って喜んでますが、そういうのは長続きしないんです。

不況が来れば一発で倒産なんです。
斎藤一人さんの会社がちゃんと勢金を払っていますが、不況なんかありません。

この世のものはすべて神様の持ち物なんです。
神様がくれるといえば、絶対にくれるんです。

必要であろうがなかろうが、そんなことはどうでもいいんです。

神様のお手伝いをすると全然違ってくるんです。
悪いことをすればやりどくというわけではないんです。

紺瀬出ないだけなんです。

来世に出るんです。

死ねばすぐに地獄から迎えが来ます。
悪いことしてる奴は地獄に行くんです。

そういうことを全て嘘のような教育をしているんですが、情緒教育だと言って、勉強の時間を減らせば、良い子が出来るんじゃないかとか、良い子が出来るわけないんです。

サボってる奴がはなから勉強なんかしてません。
そういうやつにゆとりが与えても、言ってることがおかしいんです。

私たちは魂的生き物なんです。

肉体は召使いなんです。

召使いが天下とるような生き方はおかしいんです。
そんなことをやっていて、それがひどくなれば、ノアの方舟の時でも何に対して神様が起こったかといえば、みんなが個人個人のことを考えすぎるからです。


起業家だろうがなんだろうが、社会に対する貢献というのがあるんです。

あんまり利己的なことを考え出せば、消滅させられるんです。
この地球に何回もそういうことが起きてるんです。

もう1回これを起こすのかやめさせるのか、もうそろそろ考えなければいけないんです。

アトランティスが浮上するとかで大騒ぎをしていますが、アトランティスが浮上すればどこから沈むんです。
全部が浮き上がるということはないんです。

この世の中の法則でどこかが100万坪起き上がれば、どこかが100万坪沈んでいるんです。
斎藤一人さんは日本担当だから言いますが、昔から日本沈没とかっての話が出るたびに、根拠がなくて言ってるわけではないんです。
日本の半分は沈むと言われてるんです。

人を脅かすようなことは言いたくないんですが、日本の半分は沈めるわけにはいかないんです。

 

f:id:shiho196123:20190729230411j:plain

 

 

波動

冗談ではないんです。

波動を変えればいいんです。

そしてその波動を変えることが一番幸せで、一番楽しい生き方なんです。
人の魂は不滅なんです。

なぜ不滅なんですかといえば、魂が成長するためです。

悪いことしたやつは必ず来世に出るんです。
それを帳消しにするためには、神様のお手伝いをすればいいんです。

斎藤一人さんは神様のお手伝いをするんです。
話を聞く人を一生懸命に集めるのではなくて、宗教団体のような話ではなくて、本物は向こうから来るんです。
神事とは夜討ち朝駆けしてするシロモノではありません。

この偉大な授業に参加させてくれる斎藤一人さんも幸せだそうです。
みんなも幸せなんです。

そのことが分かる人だけですればいいんです。

もし誰も分からなければ、斎藤一人さん一人だけですれば良いことです。
私たちはもう少し大きい志を持って仕事をしましょう。

 

そうすれば、まるかんというこんな小さい会社でも、これだけも事が出来るんです。
イエスキリスト様は馬小屋で生まれても、あれだけの事が出来たんです。

場所の問題ではないんです。

どれぐらい高い志を持ってるかなんです。

 

 

1000年周期

斎藤一人さんは天之御中主様のためにがんばるんです。

何をしたいかといえば、魂の夜明けなんです。

今から1000年かけて科学的にも人が輪廻転生することが分かります。
地球は平らだと思っていたんですが、今は丸いということが分かっているんです。

その前は地球の周りを太陽が回っていると思っていたんです。
だけど今は太陽が回ってると思ってる人はいないんです。

だけどみんなが人は輪廻するんだ。

因果は自分がやったことが起きるんだ。

紺瀬したことは来世のためなんだ。
高い志を持って、みんなに尽くそうと思った時に、その人に奇跡が起きるんです。

さだめが変わるんです。
普通の人と同じことを考えれば、普通のことしか起きるわけがないんです。私にはなぜ奇跡が起きない、起きる理由がないんです。
普通のことを考えていれば普通で十分なんです。

機会さえも与えられないですね。

しかし神様のお役に立ちたいと思った時に、そういう現象が起きてくるんです。
みんなもこういう機会に接することが出来たので、斎藤一人さんも頑張るし、みんなも頑張ってください。そのためにお弟子さんなり、ご縁をいただいたんです。
この話を聞いて、間違ってここに来たと思う人は、よそに行ってください。本当に指導者はいろんな人がいてますから、みんな自分の進むべき道を進みましょう。
神様は素手で戦えというようなことは絶対に言いません。

ありとあらゆるものを私たちにくれるんです。

 

f:id:shiho196123:20190729230742j:plain

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

 

www.youtube.com

https://youtu.be/GAyZhwwXiCk

 お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

 

我が儘勝手で申し開きも御座いません。

 上記の赤色のボタンを押してくださいね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村