コンクラーベ

斉藤一人さんです

20191229105200

斉藤一人さん ついてる神社

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20201224213407j:plain

 

 

「ツイテル、ツイテル、ツイテル」って、言ってみてください

 

 

「笑い」こそ、人間が万物の霊長たるゆえん

私には10人のお弟子さんがいます。

そのうちの何人かの人が、私が昔話したことを本に書きました。

その本には、めったにない、真面目な時の私が話したこと書いてあるものだから、ありがたいことに、私のファンになった人が増えてきたんです。

そうした時に、いろんな方からこう言われたんです。

「一人さんのファンが集まって、色々な情報を交換できる場所があったらいいですね」

私は、本を買ってくれた人に何かお礼をしないといけないな、と思って、ファンの人たちが集まって話ができる場所を探しました。

すると、ツイてることに、東京・江東区の砂町銀座商店街に空き店舗が見つかったので、そこをファンの方達が集まる場所にしたんです。

最初は、私が作った詩や色紙、ジョークで作った「金持札」などを飾る程度にしていたんですが、それだけでは、どうも面白くない。

笑いが弱いんです。

どうしたものかと考えていたら、さらにツイてることに、知り合いの大工さんが仕事の合間に棚のようなものを作ってくれたんです。
それで、私はその棚のようなものに、何気なしに「金持札」を飾ってみたんですが、笑いの虫がうずきだしてししまいました。

「そうだ、これを『ついてる神社』にしよう」


と思ったんです。

それで、冗談ついでに、入り口に、

「この『ついてる神社』はお賽銭もいりませんが、ご利益もありません」

と書いた張り紙もして・・・・・。

そうしたところを、たくさんの方が全国から集まってくれるようになったんですが、類は友を呼ぶというのか、私のファンの方というのがジョークが大好きな人達ばかりで、ご利益がないにもかかわらず、「ついてる神社」に手を合わせてお参りをするんです。

テレビ局が取材に来た時も、そこに遊びに来ていた人皆で「ついてる神社」に手を合わせて、

「ツイてる、ツイてる、ツイてる」

と、やるんです。

オンエアされたものを拝見したんですが、正直なところ、ノリが良すぎてちょっと怖いぐらいでした。

でも、地球上にはいろんな動物がいますが、笑うことができる動物は人間だけだ、という話を聞いたことがあります。

「笑い」は、私たち人間にしかない能力なんです。

どうして、人間には「笑い」という能力が備わっているか?

そんなこと、商人の私には聞いてはいけません。

私にそんなことを聞くと、とんでもなく突飛な答えが返ってきます。

「笑い」は、神様が、私達が困らないように、その能力を与えてくれたんだ。

人間の宝なんだ。

こういう感じです。

真意はともかく、そういうふうに考えて、頂いたものは、ありがたく利用させてもらえばいいんで。

ところが、笑えない人、「面白くない」という人がいるんです。

そういう人は、お金持ちになっても、つまらなそうにしてる。

挙句の果てに、

「自分は、どうして、幸せになれないんだろう・・・・・」

とか、いいだす。

でも、目の前に起こった現象が「面白くない」じゃあないんです。

常に面白くないことを考えているから、「面白くない」なんです。

この前、私のお弟子さんの息子さんが、日本経済の今後について本を書いたんですが、経済に関心がなくて、その類の本を読んだことがない人が、この本を読んでくれて、

「経済も、意外と面白いものですね」

と、というような趣旨のお手紙をくださったそうです。

経済が面白くない、ということが嘘だった。

そのことが証明されて、よかったなと思っています。


「笑人道」を極めれば、成功

人生って、「笑い」が大切です。

例えば、皆さんの中で、上司との折り合いが悪い人がいると思います。

「嫌な上司に苦しめられていて・・・・・・」

と、大概の方は、そう言うんですが、そんな嫌な上司も、「笑い」があれば、コロッと参ったしてしまいます。

少し、話が横道にそれてしまうのですが、精神修養のために山で滝に打たれる人がいると思います。
私も、たまにそれをやるのですが、滝の上から落ちてくる水というのは、冷たいだけでなく、棍棒でたたかれるぐらい痛いんです。

それに、じっと耐えると、悟りが開ける、という。

ただし、私の場合は、悟りは開けないのですが・・・・・・。

ところが、私たちが日常生活している場所、職場には、滝がありません。

その代わりに嫌な上司がいる。

そう思えばいいのです。

だから、「今日も、あの嫌な上司の下で働かなきゃいけないのか」ではない。

嫌な上司に、なんとかの滝とかいう名前をつけて、

「よし、今日も、滝に打たれに行くか」

と思いながら、会社に行くんです。

それで、小言を言われたら、

「感謝しています!(良い滝と巡り会えて、よかったなと心の中で言ってください)私はツイてます」

という。

相手は、これで、コロッと、マイッタしてしまいます。

私のお弟子さんの中で、これをやった人がいます。

その人は以前、車の教習所で教官をしていた人で、上司と仲が悪かったのですが、毎朝、上司に会った時に、

「おはようございます! 感謝してます」

というようにしたら、上司がご馳走してくれたり、とにかく色々世話をしてくれるようになったと言うんです。

そんなものなんです。人生って。

だから、どうしたら自分が笑えるか、面白くなるか、ということを考えてみてください。

そうすれば、きっと、人生、ハッピーです。


「四」と「九」を味方にする

「四」と「九」という数字は、不吉な数字と言われ、嫌われています。

でも、私は、あえてこの数字を大切にしています。

なぜかと言うと、以前、ある、面白い夢を見たからです。

その夢というのは、数字の「四」と「九」の夢です。

数字の「四」と「九」は、自分達は何も悪いことをしていないのに、世間の人から嫌われていることを悩んでいました。

自分たちなりに嫌われている理由をいろいろ考えたそうなのですが、いくら考えても思い当たるところがない。

そこで、私の所に相談に来たんです。

私も人並みに、周りの人たちからいろんな相談をされることがありますが、このような相談は未だかつて経験した事がありません。

だから、一瞬、どうしていいか分からなくて、しばらく呆然としていました。

ところが、「四」と「九」は、そんなこともお構いなしで、

「こんなかっこいい形なら、人からも好かれますかね」

とか言いながら、二人?で、とっかえひっかえ形を変えていました。

その様子がおかしくて、おかしくて私は笑っていたんですが、

「四」と「九」が、

「笑ってないで、ひとりさんも良いアイデア出してくださいよ」

と注意されたので、私は真面目にこう答えました。

「人が勝手に『四』から『死』を、『九』から『苦』を連想してしまうだけで、あなた達が、悪いわけではないんですよ」

すると、「四」と「九」が、

「ひどいなあ、それ。私たち、二人合わせて『四九(よく)なる』なのに・・・・・」

それを聞いた私は、なるほどそうだなと思って、濡れ衣を着せられた「四」と「九」が、なんだか可哀想になってしまいました。

それで、「これから、俺はあなた達を大切にするよ」

と私が言うと、「四」と「九」はほっとしたのか、

「ありがとう。私たち二人であんたの人生を『四九』してあげるからね」

どいいいt、帰っていきました、とさ。

という、本当におかしな夢なのですが、「四九なる」というフレーズがとても気に入って、以来、私は、「四」と「九」を大切にするようになり、電話番号で車のナンバーにこの数字を入れることにしたんです。

そのせいか、どうかはわからないのですが、確かに、日々、小さな幸せがたくさんやってきました。

そこで、この話を私のお弟子さん達にもしてあげたら、みんな大喜びをして、みんなで、「四九なる祭り」というものをやりました。

なんてことはない、仲間内でいっぱい飲んだというだけの話ですが・・・・・。

でも、「四」と「九」で「四九(よく)なる」だと思えば、別にこの数字を忌み嫌う必要はなくなってしまうんです。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

www.youtube.com

https://youtu.be/f2uufUbyv3s

お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

我が儘勝手で申し開きもございません。

上記の赤色のボタンを押してくださいね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村