20191229105200

斉藤一人さん 少女時代の夢

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200219163206j:plain

 

 

一人さんのお姉さんの少女時代の夢は「映画評論家になること」。

初めて映画館で観た映画が、オリヴィアハッセーの「ロミオとジュリエット」で、その美しさとストーリーの素晴らしさに惹き込まれました。

 

 

少女時代の夢

 

一人さんのお姉さんの少女時代の夢は「映画評論家になること」。

初めて映画館で観た映画が、オリヴィアハッセーの「ロミオとジュリエット」で、その美しさとストーリーの素晴らしさに惹き込まれました。

以来、お小遣いを貯めては、近所の映画館に通うのが私の密かな楽しみでした。

古本屋さんで、一冊の映画雑誌を買って、繰り返し、繰り返し眺めては、ハリウッド女優や俳優、映画のタイトルを、コツコツ暗記していました。

私が中学生ぐらいで、一人さんが5~6歳の時でしょうか?

当時、私があまりに映画に夢中だったので、弟には映画の楽しさを味わってほしいと、幼い一人さんを映画館に連れて行ったことがあります。

その頃の一人さんは、どこに連れて行っても、おとなしくお利口さんにしていたので、私は映画館にも連れて行きました。

映画館で大人に混ざって座っても、大きな声を出したり、モジモジ体を動かすこともなく、嬉しそうに映画に見入っている一人さん。

そんな一人さんの横顔を眺めながら、二人で映画を楽しむ時間は、幸せなひとときでした。

しかしある日、映画館に入ると、その時上映されていたのが、「化け猫」のホラー映画だったのです。

化け猫の首がいきなり飛んで、空中を回転し、牙を剥きながら、こちらに飛んでくる。

その恐ろしいことといったら!

その画面を見た一人さんは、目を開いて立ちすくみ、私の手を振り払って、映画館の外に走って行きました。

それ以来、私が一人さんに「ボクちゃん、映画行こうか?」と誘っても、「ボク、行かない・・・・・・」と断るように・・・・・・。

よっぽど、怖い思いをさせてしまったのだと思います。

当時のことを、一人さんが覚えているかどうか分かりませんが、5~6歳の男の子にはかなり衝撃的な体験だったのでしょう。

今、昔の映画をDVDで見ていると、幼い頃のひとりさんのびっくりした顔とともに、映画に夢中になっていた少女時代を思い出すのです。

 

望んでも、望んでも、平凡な幸せはこなかった

 

私の幼い頃からの夢は

「ささやかでもいい。 平凡な幸せが欲しい」

でした。

こう思うようになったのは、私の育った環境が、強く影響しているのかもしれません。

私は幼い頃から、商いで忙しい母に代わって、掃除、洗濯、炊事になどの家事、兄弟の世話や家業の手伝いに追われてきました。

どうしても、自分のことより、人のために時間を使うことが多かったのです。

ゆっくり習い事をしたり、おんな友達と連れだって買い物に行くような、娘らしい青春の思い出はほとんどありませんでした。

また、私の家に、住み込みで働いている、若い男性の従業員の人が多く暮らしていました。

私は年頃の娘になるにつれ、家の中がどうにも落ち着かず、自分の居場所がないように感じることもありました。

家の中をきれいに掃除して、テーブルの上に小さい花を飾り、大好きな絵をゆっくり描いたりする生活。

そんな「平凡な生活」に憧れ続けました。

ところが私の思いに反し、現実は、大変なことでトラブルが続き、苦労が絶えない生活でした。

私は20歳の時に夫と結婚しましたが、結婚してから、夫が病気やけがで26回も入院したのです。

また父や母の介護に追われ、父や母を看取ると、今度は夫が寝たきりになり、夫も私が介護するという「介護つくし」の生活になりました。

夫は4年前に亡くなりましたが、私は夫の介護をしているうちに足の股関節をひどく痛め、思うように歩けなくなってしまいました。

夫を亡くして一人になり、気力も体力もなくなった私の前に現れたのが、弟の一人さんです。

一人さんはよく

「姉さん、ドライブに行かないかい?」

「姉さん、旅行に行かないかい?」
と私を誘ってくれました。

最初、私は、一人さんの誘いにも、正直乗ることができませんでした。

「私は、歩けないから、いい」

そう言って断ろうとする私に、一人さんは

「姉さん、俺も、歩かないよ。

 どこへ行くにも、車で行くんだから、大丈夫だよ」

そう言って、私の心をやんわりとほぐし、連れ出そうとするのです。

そしてある時、車の中で、

「姉さん、この先、どんなことをやってみたいのかい?」

と一人さんがたずねました。

「この先のことなんて、考えられない! 将来なんて無だよ!」

その時の一人さんの、がっかりしたような、悲しそうな顔・・・・・・。

弟を悲しませていることはわかっていたけれど、その時の私には、どうすることもできませんでした。

しかし、その時から、一人さんは姉である私に、「精神的に幸せになる方法」を、本格的に教え始めました。

今まで、精神的なことなど、勉強したことのない私にもわかるように、色々な例えを出して、あの手、この手で教え始めたのです。

姉である私を幸せにしようとは、誠心誠意、魂を込めて教えようとする一人さんの姿に、私も徐々に、心を動かし始めました。

 

f:id:shiho196123:20200219163633j:plain




両親のバランスをとって生きていく


一人さんから、「精神的に幸せになる方法」を教わるようになって、最初にショックを受けたことが二つあります。

「ああ、私が子供の頃から考えてきたことは、間違いだったんだ!」と、改めて気がついた瞬間です。

一つ目は、「ささやかでもいい。平凡な幸せが欲しい」は間違いだったということ。

小学生の時からずっと、「平凡な幸せ」を追い求めてきた私。

それにもかかわらず、その願いがずっと叶わなかったのは、一人さん曰く、

「もうこれ以上、何事も起きませんように・・・・・・」と、ビクビクしながら生きていたから。

そのビクビクした波動が、困ったことやトラブルを、何度も引き寄せていたのです。

「そうか、一人さんが言うように、波乱は、魂を向上させるために、神様がくれたプレゼントだったのね。

これからは、どんな波乱がきても、ありがたく受け取って、魂を向上させよう!」

私はそう気づいた時から、

「波乱万丈、大好きです!」

「波乱万丈、どんとこい!」

と自分自身に言葉をかけて、豊かな思いを放つよう、考えを改めました。


そして、もう一つ、頭をガーンと殴られたように、ショックを受けたことがあります。

それが「両親のバランスをとって生きていく」という一人さんの言葉です。

どういうことかというと、私はずっと、自分の両親のことを、こんなふうに思ってきました。

「なぜ、父は、遊んでばっかりいるんだろう」

「なぜ、母は、仕事ばっかりしているんだろう」

こんなに極端な両親はいない。

父が遊んでばかりいるせいで、母は仕事に走った。

母はずっと外出しているので、私たち子供の面倒を、ゆっくり見ている暇もなかった。

この父と母のせいで、私は兄弟は、苦労が絶えなかった・・・・・・。
ずっとそう思ってきたのです。

ところが、私のこの思いに対し、一人さんは、両親について、こんなふうに思っていたのです。

「うちの親父って、遊んでばかりいて、仕事してるの見たことないよな。

 うちのお袋は仕事ばっかりして、遊んでるところなんか、見たことないよな。

 親父の生き方がいけないとか、おふくろの行き方がいけないとか、そういうことじゃない んだよ。

 親父は遊んでばかりいた。

 おふくろは仕事してばかりいた。

 俺には、その両方の血が混じっているんだよ。

 例えば、鉄だけの建物だと、そのうち曲がっちゃうし、コンクリートだけの建物だと、そ のうち崩れちゃう。

 でも、両方のいいところを生かした鉄筋コンクリートになると、そのビルが100年でも持 つんだよ。

 だから俺は、遊び好きのオヤジと、仕事ばっかりしているおふくろを見ていて、自分の  で、鉄筋コンクリートにすりゃいいんだと思って生きてきた。

 姉さん、いいかい?

 何かあったら、不幸の材料にしちゃいけないんだよ。

 親父がこうだから、お袋がああだから・・・・・・って、悪いところばかりを見て、その ことで自分が不幸になっちゃいけないんだよ。
  
 どう解釈しても構わないから、自分の得になる解釈をするんだよ。

「俺には、あの親父の嫌なところが流れてるんだ・・・・・・」

「俺には、あのおふくろの嫌なところが流れてるんだ・・・・・・」じゃないの。

「俺には、親父の遊び好きの血と、おふくろの仕事好きの血が流れているから、すごくバラ ンスが取れている!」

俺はずっとそう思って生きてきたんだよ。

だから俺は旅行にもどんどん行くんだよ。
仕事もじゃんじゃんするんだよ。

こうして、バランスをとって幸せになっちゃうと、親がありがたく見えるんだよ。

親が嫌いな人は、自分が不幸なんだよ。

親の問題じゃないんだよ。

なんでもいいから自分が幸せになっちゃうと、人間っていうのは、「生んでくれてありがたかった・・・・・・・」っていう気になっちゃうの。

だから親の嫌な思い出なんか忘れて、幸せになっちゃうよ」

「・・・・・・・」

一人さんは、今までずっと、両親の事をそう思って生きてきたんだ。

ああ、同じ環境で育っていながら、私とは、解釈の仕方が全然違う・・・・・・。

頭をブロックで殴られたようなショックでした。

しかし私も、この日を境に、「両親のバランスをとって生きていこう」と決めました。

遊びもどんどんするし、仕事もじゃんじゃんする。

そう思って毎日を過ごすと、なんだか生き生きしてくるのです。

そして両親にも「ああ、生んでもらって、ありがたいな」という感謝の気持ちが生まれてきたのです。

一人さんに教えてもらった「両親のバランスをとって生きていく」

このことを知ったおかげで、60年以上も思ってきた両親への気持ちが、プラスに変わった瞬間でした。

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村