コンクラーベ

斉藤一人さんです

20191229105200

斎藤一人さん 押し出しておいて、優しい人にみんなが惚れる

スポンサーリンク

 

f:id:shiho196123:20201202201119p:plain

 



 

 

押し出しがあって、優しい人はめったにいない

 

 

成功するものには成功するものには「いい驚き」がある

数日後、ひとりさんから連絡が入った。

「みっちゃん、押し出しの話なんだけど。

もうちょっとレクチャーしたいんだけど、みっちゃんの都合はどうだい?」

「うわぁ、ひとりさん、いいんですか?」

私は飛び上がって、喜んだ。


待ち合わせの時間、ひとりさんは愛車のワンボックスカーでやってきた。

「今日はちょっとドライブして、その後、ひとりさんファンの集まるお店に一緒に行こうよ。

この押し出しの話って、みんなにとっても、ものすごく大事なことだから、今日来ているお客さんにも話をしてあげよう」

私はパァーッと嬉しくなった。

今日「ひとりさんファンの集まるお店」に来た人は、ものすごくラッキーだ。

全国から、一人さんファンが集まって、一人さんの話をしたり、CDを聴いたりして、楽しいひと時を過ごす場所だ。

この「ファンの店」に、時間があると、ひとりさんはふらりと顔を出す。

そして、自分が今一番大切に思っていることなどを即興で話したり、お客さんから質問を受けたりする。

ラッキーにも、ひとりさんから直接、話が聞けた人は、それはそれはついているし、それはそれは嬉しそうだ。

この「ひとりさんファンの集まるお店」は、みっちゃん先生隊の担当なので、私もお店でお客さんが大喜びしている様子を見ていると、なんとも嬉しくなる。


ワンボックスカーに乗り込むと、ひとりさんは早速話を始めた。

「みっちゃん、俺はさ、こうして普段はワンボックスに乗っかかっているよね。

でもさ、実はロールスロイスとかジャガーとか、一通りの外車は持っているんだよ」

「はい、そうですよね。

ひとりさんの駐車場に、素敵な車がずらっと並んでいますよね」

私は前に見せてもらったことのある、一人さんの駐車場を思い浮かべた。

ここには、ひとりさんの愛車がたくさん眠っている。

ミンクブルーのロールスロイス、真っ白なジャガー、ベンツ、ベントレ、ポルシェなど、男の人だったら、一度は憧れるような会社がずらっと揃っているのだ。

「俺は普段はワンボックスカーに乗ってても、一流ホテルでパーティーがある時は、外車に乗っかって行くんだよ。

なぜかっていうと、いざとなったら、押し出す必要があるんだよな。

パーティーにも、全国からみんなが、ひとりさんに逢いたいって、集まって来てくれるんだよね。

そういう時は、俺は、かっこいい入り方をするのが礼儀なの。

ロールスロイスでサーっとホテルの会場に入っていくと、待っている皆が興奮して、ものすごく喜んでくれるんだよね。

『やっぱりひとりさんはかっこよかった』『逢えてよかった』っていう、みんなの夢を壊さないでいられるの。

そういうの、俺、大事な仕事だと思っているんだよね。

だから、駐車場で眠っている外車も、俺にとっては、押し出しの道具なんだよ」

車が有料道路の料金所に差し掛かった。

そこに立っている年配の男性に、いつもひとりさんは丁寧に挨拶をする。

「どうも、ご苦労様です」。

男性も、ひとりさんの事をすっかり覚えていて、「お客さんのこと、覚えていますよ。すごく丁寧な方だから」とか、「お気をつけて、良い旅を」とか、声をかけてくれるのだ。

ひとりさんは流れ作業をしている人や、目立たない仕事をしている人には、特に丁寧に声をかけている。

私も真似してみるんだけど、相手の人は、ものすごく感激して、喜んでくれる。

単純なことだけど、流れ作業の人に「丁寧に声をかける」ということを知っている人は、恐ろしいぐらい少ないのが現状だ。

この料金所のおじさんも、まさかこの男性が、日本一の大実業家だということは、全く気付いていないだろう。

料金所でお金を払うと、ひとりさんは再び話しを始めた。
「世間では押し出しがあるやつって、必ず威張るって決まっているんだよな。

例えば、ああいう料金所のおじさんに、高級車に乗っている人ほど、投げるようにお金を渡したり、無言でプイと横を向いてお金を払ったりする人が多いんだよ。

それで押し出しをしていない人ほど、いばらないで、丁寧に接する。

これが、今までの世間の決まりだったんだよな。

だから、みっちゃんは、この決まりを良い方に崩すの。

ここに驚きを入れるんだよ」


えっ・・・・・、、ひとりさんはまた何を言いたいんだろう?

驚きって何のこと?

決まりを崩すって何?

私はさっぱり意味が分からず、ちょっと頭がクラクラしてきた。

ひとりさんは構わず話を続けた。

「あのね、みっちゃん。

有名になるものってね、必ず驚きがあるんだよ。

例えば、仙台の定義山っていうところで名物になっている『油揚げ』があるんだよね。

この『油揚げ』って、ものすごく分厚いんだよ。

こんなに厚くて、厚揚げかと思うくらい」」

鶏三和自分の人差し指と親指を3CMぐらい広げて、私に見せた。

ふーん、そんなに厚い「油揚げ」があるのか、だけどこれって一体何の話なんだろう?

私にはまだ話の全貌が全くつかめなかった。

ひとりさんは続けた。

「この『油揚げ』を最初に食べた人は、すごく驚くんだよね。

そう、いい驚きがあるの。

だから、この、『油揚げ』って、全国的にあっという間に有名になったんだよ。

何が言いたいのかって言うとね・・・・・・。

押し出しがあるやつって、必ず威張るだろ?

でも、みっちゃんはこれから、押し出しといて、人にはうんと優しいの。

そうすると、人は驚くんだよ。

驚いて、イチコロまで行っちゃうんだよね。

『みっちゃんって、かっこよくて成功していて、その上、なんていい人なんだろう』って。

俺が言いたいこと、わかるかい?」

私は膝を打って、大きな声をあげてしまった。

「ああ、そういうことなんですね!」

一人さんの言いたいことが、ようやく私にもわかった。

「押し出しておいて、威張る人」では、そんじょそこらにいっぱいいる。

でも、「押し出しているのに、どんな人にも限りなく優しい人」は、見たことがない。

そう、目の前の一人を除いて・・・・・・。

まさに一人さんのことだ。

「ああ、私、一人さんのおっしゃりたいことが、だんだんわかってきました。

『押し出しているのに、限りなく優しい人』は、めったにないから、そういう人が出てきたら、人は驚いて、感激して、そういう人の事をうんと応援する。

そうなった時、あっという間に成功できちゃうということですね」

私は一気にまくし立てた。

ひとりさんは顔を綻ばせて、「そうそう、そういうことが言いたかったんだよ」となんとも嬉しそうに笑った。


この車の中の短時間のレクチャーで、私はこれから目標とすべき人物像が見えてきた。

「押し出しておいて、限りなく優しい人」

まさに、ひとりさんのような人を目指すということだ。


「怒られたい人」は稀にいるけれど「いばられたい人」はいない

ひとりさんの車は千葉九十九里付近を走り、ユーターンして、新小岩に向かった。

これから、新小岩の「ひとりさんファンの集まるお店」に行くのだ。

その途中でも、ひとりさんのレクチャーは続いた。

「ねえ、みっちゃん、この世の中に、『押し出しといて、威張るやつ』っていうのはザラにいるんだよ。

だけど、『押し出しといて、優しい』っていう人は滅多にいないよね。

この落差が、ものすごく魅力的なんだよ」


「そうですね、ひとりさん」

私は今まで出会ってきた人たちを、走馬灯のように次々と思い浮かべた。

確かに、大きな会社の社長だったり、有名な作家さんだったり、講演家などの職業がついてて、押し出しの効いた人が何人かいて、その人たちから強くて華やかな「風格」や「オーラ」が漂っていた。

そういう人たちの多くは、お客さんやファンの前では、親切で優しい。

でも残念なことに、一旦楽屋や舞台裏に戻ると、スタッフに威張ったり、秘書のことを怒鳴りつけていたりする人もいる。

私の知っている限り、いつどんな時でも、誰に対しても、限りなく優しくて丁寧なのは、ひとりさんだけだ。

しかもひとりさんは、押し出しが物凄い。

普段は、ポロシャツでワンボックスに乗っかっているけれど、いざパーティーとなると、アルマーニのスーツにボルサリーノの帽子、素晴らしい高級車で颯爽と登場する。
それでいて、パーティー会場のスタッフ全員に、ふかぶかと頭を下げたりするのだから、そのギャップに皆やられてしまう。

ひとりさんに会った人は、皆一発で、ひとりさんの大ファンになってしまう。

人々が、ひとりさんにひかれてやまない理由が、私はやっと言葉にして説明できるような気がした。

車は「ひとりさんファンの集まるお店」のすぐ近くまで着いた。

ひとりさんは駐車場に車を止め、顔なじみの商店街の人に声をかけながら、楽しそうに店まで歩いている。

その短い間、再び話を始めた。

「みっちゃん、いいかい?

この世で一番馬鹿な奴っていうのは、威張るやつなんだよ。

なんでかって言うとね、怒る奴っているだろ?

でも、中にマレに『僕、叱られたいんです』って言う人もいるんだよ。

でも、『威張ってほしい』って言う人だけはいないんだよ。

それでな、怒るやつは、年々歳をとるにつれて、丸くなる奴っているんだよ。

でも、威張ってるやつで治る奴って、滅多にいない。

何故かって言うと、怒る奴っていうのは、愛があるんだよ。

親が子供を一生懸命怒るのは、子供が可愛いからなんだよ。

だから、怒る奴には、多少でも愛がある。

でも、威張る奴には愛がないんだよ」


「分かります、ひとりさん」。

私は答えた。

「威張っている人って、正論を言っているように見えても、『これって、どこかおかしいな』って分かりますよね。

それって、愛がないんですね」


「そう、愛がないんだよ。

劣等感があったり、自分が満たされていないから、人からエネルギーが奪おうとして、威張るんだよな」


「ああ、なるほど、そうなんですね」私は深く納得した。

そうか、自分が満たされていないから、威張るんだ。

ひとりさんがいつも「まず自分のことは愛するんだよ。

自分のことを、すごいねって褒めてあげるんだよ」って言っている意味は、ここにあったんだ。

一人さんの言うことには、必ず深い意味がある。

いろんなことを教わっていくうちに、それがどんどんパズルのようにはまっていく。

一人さんの教えは、全て矛盾なく、繋がっているのだ。

日本一の大実業家、我らが大師匠、一人さんの教えは、やっぱりとてつもなくすごい。

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

www.youtube.com

 お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

 

我が儘勝手で申し開きも御座いません。

 上記の赤色のボタンを押してくださいね。

 



 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村