20191229105200

斉藤一人さん 仕事も人生も大化けする心得

スポンサーリンク

 

f:id:shiho196123:20200305104302j:plain

 

 

でももし、アドバイスがおかしいなって感じたら、どんな偉い人にだって「質問ですが」と前置きして、相手の真意を聞くことが大事だよ。

 

 

 

嫌な人には要注意

 


世の中、どんな所にも嫌な人間はいる。

もちろん、仕事をしていれば、同じ社内にも、取引先にも、お客さんにも、嫌な人ってどうしてもいるんだよね。

とにかく、嫌な人とは、自分から関わらないことだよ。

近くには寄らないで、そっと距離を置くべきです。

親が嫌いなら、親と離れて暮らせばいいし、同僚が嫌いなら、異動を希望してもいい。

社長が嫌なら、転職してもいいんです。


それでも、嫌な人が近づいてきた場合には、自分だけは機嫌良くいることだよ。

会社では、人の悪口を言ったり、妬んだりしない。

笑顔で元気でいる。

さらに人に対して、嫌なことをせずに、親切にする。

こんなふうにね。

すると、あなたと同じような素敵な人が集まってくる。

これを「類友の法則」といいます。

類は友を呼ぶ。

いい人が集まれば、に仕事ができる。

だから、いい仕事がしたいなら、まずあなた自身が魅力のあるいい人になることだよ。

ただし、嫌な人が近づいてくることもある。

その時は、我慢しちゃいけないの。

それも大切。


サラリーマンをしているAさんの話をしよう。

Aさんの同僚Bさんは、嫌味なことばかり言う上司に悩まされていた。

わざとBさんの筆箱をシェーカーように振って、「いい音するね」と言ってみたり、「正義派ぶってるんじゃないよ」と小声で耳打ちしたり、嫌がらせをしたりしてくる。

Bさんは、この嫌がらせに反論せず、嫌な気持ちを表に出さないよう、努めて明るく元気に仕事をしていた。

ある日、Bさんは娘からもらった可愛いパソコンケースを使っていたら、それを見て嫌味な上司が「これ、若い女の子にもらったもの?」と高笑いで、このケースを持ち上げた。

それを見て、たまらなくなったAさんは「毎回、Bさんに酷いことを言って何が楽しいんですか? 余計な話をしにこの席につかないで欲しいんだけど、パワハラで訴えますよ」と、フロア中に聞こえる大きな声で、怒鳴った。

その瞬間、みんなの視線が嫌味な上司に集中。

上司は、おずおずと席から離れていった。

この日から、上司はBさんに近づかなくなったんだそうだ。

嫌な人が近づいてくる時は、こうやって、はっきり言葉に出して伝えることが大事だよ。

嫌な人が近づいてくる時は、こうやって、はっきり言葉に出して伝えることが大事だよ。

Bさんのように我慢していては、何の解決にもならない。

今の時代、言葉にしなきゃ伝わらないことが多いからね。


嫌なことは、はっきり相手に言う。

そして、Aさんのように自分も守り、人も守ってあげられる人になる。

これも魅力のある人の条件のひとつなんだよ。

 


嫌な時は嫌だと伝えよう

 


他人から嫌な言葉を言われた。

ひどい仕打ちを受けた。

そんな時は、「嫌だ」と言おう。


こっちが悔しくて眠れない夜を過ごしても、相手はのうのうと寝てるんだから。

眠れないあなたの方が損しちゃう。

嫌な時は嫌だと言うべき。

我慢から恨みしか生まれないからね。


それに、嫌な気分を引きずっていると、その嫌な波動があなたの周りの人にも影響を及ぼすことになる。

仕事で嫌な人に会って、それを引きずって家に帰ったら、嫌な波動を家の中に持ち帰ったことになっちゃうよね。

だから、相手を恨んだり、憎んだりしても、何の徳もしないよ。

それより、「部長もまだ、人生の修行の途中だから仕方ない」「まだ彼女は、未熟で、発展途上なんだ」って、許してあげることです。


そして、もう一つ大事なことは、

「人を変えることはできない。自分が変わるしかない」ということ。


例えば、あなたが、職場の上司にパワハラをされていたとするよね。

まず、どうすればいいか、教えよう。


会社の中には、パワハラをされていない人もいる。

その人の行動をよく観察することだね。

パワハラされないために何をしているか、どんな話し方をするか研究して、自分も同じように行動してみること。

必ずうまくいくとは言えないけど、会社へ訴える前に、そのくらいは自分でやってみることだよ。


先日、「今の仕事は気に入っているけれど、何となくうまくいかなくて、困っているんです。どうしたらいいんですか」って、相談が来たの。

この答えは簡単だよ。

直接、社長に「社長と上手く仕事をしたいのですが、どうすればいいんですか?」と聞けばいいだけ。

一人さんに相談したって、奥さんに相談したって、解決はできないんです。

社長本人に伝えなければ、良い方へは進まないんだよ。

それに、その方が話が早いだろ。


「社長と上手くやりたい」と、社長に伝えるって事は、働く中での人付き合いをすごく真剣に考えている証拠だよね。

そんな部下がいたら、可愛く思えてくるもんだよ。

相談することで、社長の距離も縮まるはずです。

時には、自分から一歩踏み出す事も必要なんだよね。

いずれにしても、人との関係を良くしたいなら、まずは自分が変わることが大切だよ。

「自分が変わればいい」と腹をくくれば、楽になるの。

相手から逃げることも選択肢のひとつだし、「変わらないこの人のために、自分ができることは何か」と考えることも一つの方法。


相手は無理に変えることはできない。

だから、相手に期待しない。

部下や上司に対してだけでなく、奥さんやご主人、子供や親に対しても同じことが言えます。

これがわかると、それだけで、人間関係はスムーズになるよ。

 


注意されやすい人になれ

 


仕事に限らず、先生や、監督など、指導者の良し悪しが問われているけど、これからは、指導される側の能力も大切になってくるんです。

アドバイスを受ける方にも受け方ってものがあるんだよ。

上司がアドバイスしやすいような、態度をとるのが部下の役目です。

まず、礼儀として、相手の目をきちんと見て、話を聞くこと。

ぶすっとした顔を見せちゃいけないよ。

話を聞き入れる姿勢を見せるの。

そして、内容を聞いたら、「教えていただき、ありがとうございます。また、ご指導をお願いします」って、頭を下げるんです。

自分のために時間を割いてくれたんだから、感謝の言葉を忘れないことだよ。

こうして、きちんとアドバイスを受ければ、指導する側の心も軽くなるんです。

それに、もっと教えてあげようっていう気持ちになるしね。


アドバイスは、謙虚な気持ちで受けること。

きちんとアドバイスを受けることができたあなたは、一歩前進することができる。

アドバイスを受ける能力が高い人って、何が良い指導者になれるんだよね。


でももし、アドバイスがおかしいなって感じたら、どんな偉い人にだって「質問ですが」と前置きして、相手の真意を聞くことが大事だよ。

その時にくれぐれも、「なんでそんなことを言うんですか?」「それは間違ってますよね?」と、大声出して、怒っちゃだめだよ。

どんな時でも「怒りの枕詞」はつけないこと。

感情が入れずに、冷静に聞きたいことを聞くだけでいいんです。

そして、万が一、「お前はバカだ」「だから使えないんだよ」といった、あなた自身の人格を否定する言葉、「女はどうせ、結婚したら仕事を辞めるから」といった、あなたの価値観を否定する言葉を投げかけられた時は、きちんと反論することも必要だからね。

場合によっては「私とは意見が違います」「それはおかしいのではないですか」と正すことも必要だよ。


何でも「はい、はい」って言えばいいってものでもない。

上司だって、店長だって、社長だって、お客様だって同じ人間だからね。

相手を奴隷のように扱う人は、許してはいけません。

ここは、戦ってもいいんですよ。

 


魅力のある人には、「〇〇」がある

 


仕事をしていく上で、どんな人がうまくいくのか。

その答えはとっても簡単。

魅力的な人になることです。


どんな人が魅力的かというと、まずは自信がある人だね。

本当は自信がなくてもいい。

「自信がありそうに見える人」になることだよ。


坂本龍馬だって、薩摩と長州を結びつけるために、自信満々で京都に向かった。

不安な気持ちでいたら、反発する両者を繋げることなんてできないからね。

龍馬の大きな自信に、人を魅了されていたんだよね。


「自信のある人」に見るためには、態度、容姿、髪型、服装、全てにおいて気をつけなくちゃいけない。

まずは、見た目からだよ。

中身よりも見た目のほうが変えやすいからね。


それから、魅力的な人って「愛」がある。


どんな人にも優しくできる人。

特に、自分より立場が下の人に、どれだけ配置できるかなよね。

ドライブインのトイレを掃除するおばさんにも、コンビニでアルバイトするお兄ちゃんにも、きちんと「ありがとう」「お疲れ様です」と言える人は、間違いなく優しい人です。


仕事でも同じだよ。

飲み会で、若い人たちが盛り上がっている中、「先に帰るね」と退席する部長は、嫌われないだろ?

帰る前に少し多めにお金を渡しておけば、部長の悪口を言う人はいないよ。

「早くいなくなって、しかもお金まで払ってくれる、いい部長だ」って言われるんです。

強いのに、弱い人に優しい。

こういうギャップも、いいんだよね。


そして、魅力的な人は「また」がある人でもある。

変な意味じゃないからね。

「この人に”また”、会いたい」

「この人から”また”、買いたい」

と思わせる人、ということなの。


相手から「また」、と思われる、魅力のある人になるにはどうすればいいか。

人を褒めることだね。

自分のことを褒めてくれる相手には、自分また会いたいと思うし、自分を応援してくれる人には、次に会うのが楽しみになるよね。


他にも、人の悪口を言わないで、いつも前向きな言葉を言う人は、会うと周囲が癒される。

こういう人になることだよ。


特に、仕事をしていたら、「また会いたい」って思われなきゃうまくいかない。

どんなに味がいいラーメン屋だって、暗い雰囲気の人が作っていたら、また行きたいとは思わないよね。
サラリーマンも同じだよ。

リピーターに恵まれることもそう。

同じプロジェクトを一緒にやっているメンバー同士でもそう。

しかも感じがいい人と、みんな仕事がしたいんだよ。

だから、あなた自身が魅力的な人になること。

これが大切だよ。

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村