20191229105200

斉藤一人さん 日本人の先祖はヒマラヤを素手で上がってきたんだよ

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20200323141326j:plain


 

 

 

ある学者が言うように、人間の起源がアフリカだとすると、俺たち日本人の先祖は、ヒマラヤを素手で上がってきたんだよ。

何の道具もなしで来たんだよ。

 

 

 

あんまり立派な人間になっちゃだめ。つまんねえもん


<斎藤一人>


で、あんまり出すぎちゃだめ。

あんまり立派な人間になりすぎちゃだめ。

本当に滅多に出てこないの、嫌な奴なんか。

でも、もし嫌な奴が出てきたら、コロッとやっつけちゃう。(笑)

嫌な奴が出てきたら「お前、嫌な性格だねえ」とか。

この前、質問の中にさ、「何年も付き合ってて、その人の嫌なところが見えてきたんですけど、どうしたらいいんでしょう」って。

いや、何年も付き合って、嫌な奴は嫌な奴だよ。

長年付き合ってて嫌な奴なんだから、嫌な奴は嫌な奴だよ。

そういう人はどうしたらいいでしょうって、離れればいいだけのことなんだよ。

そこまで、人間が練れて、いい人になって我慢しても、つまんない。

魅力ないよ。

精神論もあんまり行き過ぎちゃうと、つまらない。

本当だよ。


<お弟子さん>


みんないい人だと思うの間違いだよね。


<斎藤一人>


その考え方面白くない。(笑)


神様が感情をつけてくれた


<お弟子さん>


ブログの書き込みの中に、「自分の事をいじめる身内がいて辛いけど頑張ってる」って。

そうすると、その答えに「相手は愛からそういうこと言ってるのでは」って書いてる人がいる。

これは精神論の人の穴、落とし穴だなって。


<斎藤一人>


穴だよ。

人を傷つけるようなこと平気で言ってる。

「根はいい人だ」って、根がいいやつはそういうことは言わないんだよ。

お前、根っから悪いからそういうことを言ったんだ。

人を傷つけておいて、根はいい人で通ると思ったら大間違いだ。

それで、俺みたいな考え方が嫌な奴は、立派な人のファンになればいい。

一人さんのはそうじゃない。

俺は感情論者だから。

だって神様が感情を付けてくれた。

悪いもんじゃないの。

感情を殺して生きるより、この感情を使う正しく使うことなの。

嫌な奴が出てきているのに、いい人ですなんて。

嫌な奴は嫌な奴なんだよ。

嫌な奴のことを「いい人ですね」とか言ったり、「根はいい人です」とか言うから、そいつは反省しないんだよ。

「口の利き方、気をつけろよ」って。


<お弟子さん>


口は悪いけど根はいい人ってよく言うもんね。

違うと思う。


<斎藤一人>


違うよ。

本当に根がいい人だとしたら、気をつけな。

「あなた、口の利き方、気をつけた方がいいよ」って。

損してるから。

「口の利き方よくした方が良いよ」って。

愛だよ、教えてあげれば。

で、それが斎藤一人流なんだよ。

精神論者は山ほどいるんだよ。

山ほどいるよ。

だから、自分の好きな精神論を選びな。

服と同じだよ僕と同じだよ。

一人さんのが正しいんですかって。

俺流だもん。

俺が好きな人が俺のファンになればいいんだよ。

いろんな人がいるから、好きなの選びなって。

どれが正しいなんてないの。

自分の好きなの選びな。


日本人の先祖はヒマラヤを素手で上がってきたんだよ


<お弟子さん>

優しくて、強くなきゃね。

それが本当の優しさだよね。


<斎藤一人>

強くないと、愛する人を助けられないんだよ。

愛ほど強いものってないんだよ。

あのね、優しいって強さだよ。

優しくって弱いっていうのはクズだよ。

それで、自分が弱いと思っている人は、弱いと勘違いしてるんだよ。

人間、弱い奴なんていないんだよ、本当は。

ある学者が言うように、人間の起源がアフリカだとすると、俺たち日本人の先祖は、ヒマラヤを素手で上がってきたんだよ。

何の道具もなしで来たんだよ。

海から入ってきたやつは火山を見て入ってきたんだよ。

ポリネシアの方から、最後に日本についたやつは桜島、海しか見えないところで火山が爆発すると、あそこに島があると分かってエッサエッサきたんだよ。

だからずっと火山帯を伝わってポリネシアから来てるんだよ。

丸木舟に乗っかって、食い物なんかちょっと積んで、こうやってきたんだよ。

その血が俺達に流れてるんだよ。

もう片方はヒマラヤによじ登ってきたんだよ。

途中、熊にも会えば、象にも、何にでも会ったんだよ。
それに食われたんじゃない、食ったんだよ、俺たちは。(笑)

そうだよ。

俺たちは食いながら来たんだ。

だって、食われたら俺達の先祖にならないんだから。

どう考えたってそうなんだよって。

それを否定しているのはいいけど、絶対そうなんだよ。

コレラも流行り、ペストも流行り、いろんなもん流行ったんだよ。

その中で死んじゃったやつは俺たちの先祖じゃないんだよ。

生き残った人しか俺たちの中に流れてないんだよ、血が。

ね。

それを、みんなで弱いふりしてるけど、弱い奴なんかいないんだよ。

それが本当なんだよ。

だから、弱いふりしてるの、やめな。

とぼけちゃだめだよ。

本当は人は強いんだよ。

がん細胞だって何だってやっつけちゃうだけの力が、本当はあるんだよ。

それをみんなで弱いふりしてるんだ。

弱いふりしてると、誰かが何かしてくれると思ってるんだよ。

だけど、本当は人は強いんだよ。

困ったことだって笑い話に変えられるぐらい強いんだよ。

それをみんな忘れてるんだよ。

俺もそうだし、俺のお弟子さんもそうだし。

大概のことは笑い話にしちゃうんだよ。

それで笑って、笑って、こうやってきてね、何が基準ですかって言われた時、私「もしもし地獄」を基準にって。(笑)


<お弟子さん>

笑っちゃうもんね、話始まったら。


<斎藤一人>

だから、いつも怒ってる部長でもなんでも、部下のこと腹ばっかし立てる前に「もしもし地獄」を基準にしたら、大概のことは腹立たない。

人は笑って生きられるんだよ。

俺は嫌な奴が出てきたって絶対戦うんだっていったら、出てこないんだよ。

待ってるんだけど、出てこない。(笑)

人間はね、備えあれば憂いなしっていうんだよ。

出てきたらどうしようとか、困っちゃうというやつのところにはの別出てくる。

出てこないかなって待ってるやつには出てこないもん。

あのね、人生ってのは、道を歩いてたら前から虎が出てくるんだ。

しばらくぶりに虎の話するか。


<お弟子さん>

懐かしい、大好き。


自分が弱い人間だと思うのか、漁師だと思うのか


<斎藤一人>

ある人が山を歩いていたら、虎が出てきたから、びっくりして逃げる。

その次に蛇が出てくる。

と、今度は吊り橋に逃げるんだ。
と、吊り橋が切れるんだ。

で、その吊り橋の、弦につかまってるとリスが出てくるんだよ。

そのリスが上で、弦をかじるんだ。

で、弦が切れて、落こって死ぬんだ。

逃げると、だんだんだんだん、弱い奴にも怯えて逃げるようになってくる。

最後には弱いリスにでも殺されるんだよ。

怖がるってそういうことなんだよ。

ところがね、人生っていうのは、一体自分が弱い人間だと思うのか、自分が強い漁師だと思うのか。

猟師だったらトラなんか出てきたら嬉しくてしょうがない。

虎の毛皮で一儲けって、蛇なんか出てきたらバンドにしちゃって。


<お弟子さん>

ベルト。(笑)


<斎藤一人>

ベルとか。

リスだったら置物にして一儲けしちゃう。(笑)

人間、自分が弱い人間だと思うかが、猟師だと思うかで、えらい違いなんだよ。

弱いと思えばどこまでも弱くなれるんだよ。

人間ってのは想像の産物だから、いくらでも弱くなれる。

ところが、一旦自分が猟師だったら、勝手に猟師の息子なんかになったら、鉄砲を持って、ずっと獲物を探して歩いてる。(笑)

虎に出会ってビックリしてるやつと、10日も歩いているのにトラと出会わないで泣いてる奴がいる。

同じ人間だよ。
どっちにするかなんだよ。

自分が弱い人間だと思えば、どこまでも弱くなる。

際限なく弱くなる。

いい加減にやめないと人生駄目になっちゃうよ。

気がつかないとね。


自分の一生だから、本当に幸せです


<斎藤一人>

俺の基本は、神様からもらった人生、1日でも1時間でも嫌な思いしたらもったいない。

だから、俺にとっては、嫌な奴が出てくることすらレジャーなの、よく来たって、待ってたんだもん。


<お弟子さん>

めちゃ楽しんでるよね。

究極の肯定論者。


<斎藤一人>

ああ、そうだよ。

だから、俺にとってはどんなことでも待ってましただよ。

備えあれば憂いなしだよ。

いつでも備えてる。

どんなまずい飯屋いったってオッケーなの。

そのぐらいのこと、答えは山ほど用意してある。

どっからでも来い。

どんな旅館でもいい。

だって、人生なんかいくつもないもん。

飯食うか、寝るか、いくつかしかないんだ。

それに一個に対して10も答え用意しててみな。

なんでもないから。

「まさかこんな目に遭うとは思わなか」ったって、遭うよ、いくらでも。(笑)

まずい飯屋なんか山ほどある。

本当だよ。

すごい奴、いくらでもいるもん。

ね、本当だよ。

みんなね、備えがないんだよ。

人生被害者だと思ってる。

自分の人生、自分の楽しいように持っていかなきゃしょうがないだろうって。

わかる?

ね、自分の一生だから、本当に幸せですって。

俺はどんなことしても幸せに生きるんだよ。

どこから切っても幸せに生きられる。

だから、俺のお弟子さん達もみんな幸せになれるんだよ。

俺、どんな質問が来ても、俺だったら、こんなの幸せになるのがわけねやって。

みんな勝手に行き詰まってるんだよ。

だけど、この程度、なんでもないよ。

俺、16のとき7000円持って家を出て、それからずっと上がりっきりで、下がったこと一回もないんだよ。

大変なことなんか、世の中にない。

みんなね、覚悟が勝ればいいの。

覚悟が足りないんだよ。

うちなんか兄弟いっぱいいるから、兄弟喧嘩がひっきりなしで、その挙句に「お前、世の中甘くない」って言われたけど、世の中に出て、俺あんなに喧嘩する人たち、会ったことない。(笑)

世の中甘いよ。

本当だよ。

俺は世の中に出たら、甘くてしょうがない。

もっと甘いと思って出て行くからいけないんだよ。

で、「仕事が辛いんです」って。

金を使って遊んでるほうが楽しいに決まってるんだよ。

ディズニーランドだって、働いてる人は、結構大変なんだよ。

稼ぐっていうのは大変に決まってるんだよ。

お金もらうんだよ。

それを楽しくないですって。

当たり前なの。

海の水はどこでなめたって塩っぱいんだよ。

それを、「美味しいですね」とか、「自然の塩には甘味がありますね」ぐらい言えって。

わかりきったこと言うなって。

かっこ悪いんだよ。


言葉から力が湧いてくる


<斎藤一人>

どんな職業でも、かっこいい人がいる。

かっこいい人は決まって、

「私この仕事が大好きなんです」

大変じゃないですかって聞かれると、

「こんなの大変なうちに入れませんよ」って笑って答える。

試しに、そうやって答えてみな。

この言葉から不思議な力が湧いてきて、勇気と、かっこよさが出てくる。

よく、辛いことや、やなことは、吐き出した方がいいというけど、吐けば吐くほど本当に自分を弱くするし、カッコ悪くする。

自分たちの仕事はきついとか、大変とか、言わない、カッコ悪いから。

「この程度はわけないです。こんなも仕事のうちに入んない、遊んでるようなもんですよ。私、仕事大好きだから」って言うとかっこいいの。

かっこばかりつけるな、じゃない、かっこぐらいつける。

泣き言行ったら働かなくていいんですかって。

泣き言言ったって働かなきゃ食えないんだよ。

だから、言わないの。

「こんなのたいしたことないですよ。遊んでるようなもんですよ」

そうやって言えばいい。

だって、どうせやらなきゃならないんだから。

あのね、泣き言言ってやらなくていいならいいけど、泣き言いっても働かなきゃなんない。

わかる?

俺だって講習会やるって、この先ずっと公演予定詰まっちゃってるんだよ。

俺、泣きたいよ。(笑)

泣いたって、笑ったってやらなきゃならないんだよ。

ね、そうしたら、笑顔でやった方がいいじゃない。

試しに、みんなから「大変だね」って言われても、

「全然。部長の怒鳴り声なんて、なんでもないですよ」って、笑って言ってごらん。

心の中から、勇気が湧いてくるから。

まず、言葉から変えてみな。

本当に、かっこいい自分に生まれ変われるよ。

かっこいいと、男も女も、すごくモテるようになる。

みんな、やってみて。

 

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村