20191229105200

斉藤一人さん 楽しく 楽しく どこまでも楽しく 萩の月

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20201020170615j:plain

 

 

食事でワインを選ぶとき、『赤ですか、白ですか、それとも青にしますか』

 

 


ゲームで笑いながら知恵がつく

この前、みっちゃん先生から一枚のMDをいただきました。

「一人さんのお姉さんのお店で、ひとりさんとお客さんがたくさんしているのを録音したんだけど。

おばちゃんも、聞いてみて」

みっちゃん先生にそう言われ、聞いてみたところ、すごい!

何がすごいかって、言葉で説明するのは無粋なような気がしますので、雑談の様子をそっくりそのまま、ご紹介させていただきます。

さてさて、MDは、ひとりさんのこんな話から始まりました。


人間ってな、思いようなんだよ。

あのさ、俺、家、持ってないんだ。

なんでかって、帰らないといけないような気がするから。

だけど、この千葉は俺の庭だ、と思ってる。

広い庭があると思ってるの。

それで、デパートへ行くと、スーツとか売ってるだろ?

あれ、自分のクローゼットだと思ってる。

コンビニのこと、俺、「冷蔵庫」って言ってる。

あそこから、食べるものとか、飲み物、出してくるの。

そうすると、俺ね、全国に冷蔵庫、いっぱい持ってんだよ。

だから、買ってきて、自分たちの冷蔵庫に入れるのか、コンビニを冷蔵庫と思うのか。

普通は、あそこから買ってきて冷蔵庫に入れるじゃん。

だけど、俺は、あそこごと自分の冷蔵庫だと思っちゃう。

そうすると、「俺の冷蔵庫、日本中にいっぱいあるんだ」って思うと、豊かな気分になるだろ。

だから、豊かさって、考え方なんだよ。

俺の庭、すごいんだよ。

勝手に、県やなんかが管理してくれて、庭師なんか入っちゃってて。

それを、「庭がある家が欲しいの」とかって・・・・・・。

いや、大変じゃなきゃ、いいんだよ。

ただ、「家のローンがあって、大変で」とか、「庭を掃たりするのが、やんなっちゃう」って言うぐらいなら、俺みたいな考えになっちゃえば、あちこち花だらけで、「あぁ、よく管理されてるな」って言うね。

だから、人間ってのは、考え方で、豊かな気持ちにはなれるんだよ。

その考えって、「お金をかけずに豊かな気持ちになるには、どうしたらいいだろう」っていうアイデアだよな。

仕事も、それと同じで・・・・・・。

あ、いいこと、思いついた。

ゲーム、やろうか。

ここは千葉県の成東です。

ここ成東を日本中に広めるのに、ここのお店で出せるお土産を、みんなで考えるよ。

こういうお土産で、値段はいくらで。

名前をつけてもいいよ。

制限時間は1分です。

今から1分以内で考えて、発表してください。

いいですか。

指導者の役目

一人さんが言い終わると、すぐ「できたよ」と、女性の声。

「じゃあ、あなた、どうぞ」

ひとりさんがそう言うと、拍手が沸き起こり、その後、女性はこう言いました。

「成東なので「なるとう饅頭」。

10個入り980円。なるとの形をしたおまんじゅうで、皮がピンクで」

周囲の人から、「ほぉ~」という声と、笑いが起こります。

すると、今度は一人さんが、

「私は『成東名物 青ワイン』というのは発売します。

ワインの青さは、白ワインに茄子を入れて、ナスから青さを出します。

飲む時は、つまみとして、漬け込んだなすをいただけると」

「ひとりさん、それ、本気で言ってるんですか」

誰かが質問しました。

ひとりさんは「いや、全然、本気だよ」と言うと、続けて、

「それで、成東では、食事でワインを選ぶとき、『赤ですか、白ですか、それとも青にしますか』って、聞くようになるの」

大爆笑た拍手の後、さらに、一人さんはこう言いました。

ここで私は、この中のリーダーです。

社長だと思ってください。

社長というのは、いいアイデアを出そうとしてはダメなんです。

みんなが「この程度でいいのか」とか、「こんなことでも、怒られないのか」と思うようなアイデアを出さなきゃいけない。

だから、「あ、『青ワイン』で怒られないんだ。これなら、何でもありなんだな」

って言っているうちに、いろんなアイデアが出てくるんだよ。

それで、いっぱい出た中に、必ずいいのがあるの。

だから、上に立つ人は、いいアイデアを出すんじゃないの。

出しやすくしてあげるのが、指導者の役目なの。

だから何でもいいの。

OKですか。

アイデアを出そうとすると、アイデアって出ないんだよ


そう言うと、ひとりさんは「じゃあ、もう1分経ったんで、そこの君」

指名された男性客は、「近くの川に鮭が登って来るそうなんで、これにひっかけたもので作ればなと思うんだけど・・・・・・。

わぁ、どうしよう」

それと一人さんは、

「いいアイデアを出そうとすると、アイデアって出ないんだよ。

前に『なるとう饅頭』というのが出たろ。

饅頭を煎餅に替えて、『鳴門せんべい』とかでもいいの。

1分以内に出す、というゲームなんだから、いいのを出そうとしてはいけない。

だから、『なるとう饅頭』ときたら、『せんべい。せんべいに成東って書くんです』とか。

そうすると、後の人が、だんだん、楽になってくる。

じゃあ、次、あなた」

指名された女性客は、「『成東漬け』。きゅうりの漬物で、3本入り500円」

「あ~、それ、いい」「儲けが出そうだ」と、場が盛り上がったところで、再び、一人さんの話。


萩の月

俺たちね、お弟子さん達と、いつも、こういうゲームして遊んでんのんね。

ただ、お弟子さん達はゲームに慣れているから、俺はもう少し遊び度高くしてるんだよ。

例えば、誰かが「こういうお土産で、値段はいくらで」って発表すると、「じゃあ、この人が考えたお土産、買いたい人、手を上げて」っていうのね。

そうすると、6割の人が手をあげたら、みんなで「おめでとうございます」って。

で、わーって、拍手するの。

それから、いろんなことをゲームにしちゃう。

例えば、ここが、目が点になるぐらい、すごい残念な旅館だとしても「ひどい旅館だね」って言わないの。

そうじゃなくて、「このの旅館が、ほとんどお金をかけずに入る方法を、1分以内に考えましょう」って。

そうすると、「掃除をして、きれいにする」とか、お客さんに何する、かにする、って。

こういうゲームをやってると、楽しんだよ。

だから、「世の中、面白くない」っていうのは、あなたの考えてることが面白くないから。

誰かに楽しませてもらおう、という、何かがあるんだよ。

床が傾いたような旅館に行ったとしても、「この傾きを利用して、ここを売り出す方法を1分以内に考えよう」とかね。

目の前にあるものは何だって利用して、遊びながら勉強するんだよ。

だから、楽しさっていうのは、自分の頭から出すんだよ。

それができるようになってくると、世の中、面白いし、仕事にも生きるんだよね。

それでね、さっき、成東のお土産を考えるゲームをやったんだけど、「成東のお土産ねっ」て言うと 、たいがいの人は、「成東の何かで作らなきゃいけない」って思うよね。

だけど、「シュークリームが何個か入って、『波切不動』(成東の名所)とか名前付けて売ります」とかいうのも、ありなんだよ。

日本で一番売れてるお土産って、仙台の「萩の月」だろ。

あれは、変な話、ただの洋菓子に「萩の月」って名前を付けただけなんだよ。

要するに、お土産ってのは「仙台から買ってきた」とかいうことが分かって、中身が美味しくそれで、いいの。

美味しきゃ、変な話、材料がアメリカのものでも、仙台銘菓とかって袋に書いとけばいいんだよ。

わかるかい。

お客が望んでいるのは、美味しさなんだよ。

それを、成東の土産というと、「成東のこれを利用して」って、お客が望んでないことをするんだよ。

千葉銘菓を作るって言うと、「千葉何かを活かして」って。

そこばっかりで、お客さんが望んでることを考えないのは、ブーだよ。

こういうことね、俺のお弟子さん達はゲームをして、遊びの中で覚えていったの。

そのうち、本当に使えるようなアイデアが、みんなから、バンバン出るようになったんだよ。

だから、最初はどんな間違いでも、俺は「それ、いいね」って言うんだよ。

でも、「それ、いくら」とか、「なんで、成東にこだわるのとか?」ってだんだん、質問を変えていって、「それ、いくら」とか、「ところで、今、一番売れてるお土産、なんだと思う」って。

「『萩の月』が日本一だけど、あれの中身は洋菓子で、名前が『萩の月』って4言うだけなんだよ」とかって。

そうやって、楽しく覚えた事って、いつまでも頭に残るんだよな。

だから、面白いって、大切だよ。

人にものを教えるのでも、何でもな。

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村