コンクラーベ

斉藤一人さん 感性

f:id:shiho196123:20190322152706j:plain


 

研ぎ澄まされた感性

 

 目次

心の時代

地球には宇宙エネルギーが
注がれてるんですね。

宇宙エネルギーが
固まって物質になります。

人は宇宙エネルギーを
そそがれると気持ちがいいんです。

ある社長が
社員に聞かれたんですね、
服は持ってるんですか、
それで社長は
たくさん持っていると答えました。

社員は見たことがないと反論しました。

その社長の答えは
私はお金をたくさん持っているから
どこの服屋さんでも
たくさん買えると答えたんですね。

どこの服屋さんも
その社長のクローゼットらしいんです。

これからは心の時代ですから
手に入れないと
気が済まないのではなくて
見るだけで済むものは
見て済ましてください。

本当に必要なものを買うだけで
過ごしてくださいね。

いつでも買おうと思えば買えるんですから
見て済むものは見るだけにしておいてください。

凄い人生

ある人の食事が
アジの開きとお味噌汁と
お新香だったんですね。

簡単な食事に思われますが
アジを捕まえるのは
朝早くに起きて沖まで行って
捕まえて それを干して
アジの開きにするんですね。

まず漁師さんがアジを取って
築地の人が仕入れをして
それを魚屋さんが仕入れて
それを買って食べるんですね。

世の中に簡単なものなんてないんですね。

それが凄いことだとわかると

凄い食事をしてるんですね。

それに気がつかない人が
簡単なものを
食べてますねと言うんですね。

f:id:shiho196123:20190322153009j:plain

感性

そういう感性がないと
百万本の薔薇を見た時には
すごいといいますが
感性が磨かれてくると
たんぽぽを見ても凄いと言います。

どんな食べ物でも
生きてるものですから
食べ物に文句を言わない方がいいですね。

どんな食べ物を食べても
これすごいねといえば
すごいものに囲まれてるから
すごい人生なんですね。

超能力者が出てくれば
すごいといいますが
何の能力もないのに
子供を大学まで行かせる方がすごいです。

その凄さが違って見えれば
世の中には
たくさんのすごい人が
いてるんだと思うんですね。

食事も花も人も
ものすごいんですね。

どんなものでもすごいと思えるようになると
そう思える自分はすごいんですね。

我は神なり愛と光なり。


じゃじゃ馬

私たちの主役は
神様から頂いた
針の先ぐらいの
分け御霊というものがあります。

それが心臓の中に入っていて
それを真我と呼んでいます。

神様が道具として付けてくれたのが
手だとか足だとか頭なんですね。

脳はじゃじゃ馬なんですね。

乗りこなすことが出来れば
名馬になりますね。

ところが脳にやられてしまうんです。

私は綺麗で 可愛くて
得だと脳に言うんです。

例えば中卒だとしても
大卒の人と比べれば
7年間早く社会に出ているから
得だと脳に言うんです 。

脳はコンピューターと違って
思ったものを運んでくる力があるんです、
これを牽引の法則と呼びます。

学歴がなくて馬鹿にされるとか言うと
脳はバカにする人を連れてくるんです。

脳にはそういう働きがあります。

脳は1万円稼ぐのも
100万円稼ぐのも同じなんです。

あなたがあなた自身を信じられなくても
脳に任せとけば脳はできるんです。

例えば製造メーカーで
製造の研究者がいなくても
脳にはできるんです。

脳は不可能を可能にするんです。

f:id:shiho196123:20190322153324j:plain

自分は中卒でダメなんだと言うと同時に
脳は喜ぶんですね、
頭を使わなくていいからです。

家が貧しいから学校には行ってません、
勉強をしていないから本を読んだんです、
体が弱いから自分の代わりになってくれる人
育てようと考えたんです。

これは松下幸之助さんの話なんですが
この三つのおかげで
自分は偉くなれたんだと考えていました。

家貧しいから駄目だというのは
嘘ですね、
世界の偉人伝なんかは
ほとんど家が貧しいですね。

その偉人伝には大金持ちが
さらに金持ちになったという話は出てきません。

脳は怠けたいだけなんです。

人生は脳を怠けさせないゲームなんです。

もし16歳から商人をしていれば
お金がないとすれば
それはおかしいんです。

脳に任せとけば後は脳が考え出します。

同じものを売っていて
あまり売ることができない人が
おかしいと思わないんですね。

そういう人はおかしいと思わない人と付き合っています。

脳に対して
脳がサボろうと思う考えを
インプットすることは厳禁ですね。

脳に対しては
あくまでも
自分が損になることは
言ってはいけませんね。

脳は偉大なるコンピューターなんです。

脳に不利になるものを入れてはいけません。

どうして人の頭は成功するかといえば
人の中には分け御霊という神様がいます。

ただ理解してもらいたいのは
どの宗教にも奇跡があるんです。

劇的に病気が治った人とかいるんです、
どの宗教も同じです。

変人

仏教は昔、願い事を聞かなかったんです。

お釈迦様のいた時代の話です。

なぜ聞かないかといえば
お釈迦様は王子だったんですね、
それを捨てて出てきた人が
お金持ちになりたいんですと言っても
そんな話は聞くわけがありません。

彼女欲しいんですと言っても
そんな話は知らないと
言って聞くわけがありません、
元は王子様なんです。

お釈迦様ははっきり言うと
かなり変人なんですね。

変人だからいけないのではなくて
世俗の言うことは聞いてくれません。

そうするとインドの方でも
ヒンズー教に変わりました。

ヒンズー教はお願いに行くと聞いてくれます。

密教

仏教は最後の最後に密教を作りました。

密教は願い事を聞いてくれます。

お釈迦様でも布みたいなものを巻いていたんですね。

密教は違います
紫のいい服を着て護摩を焚いたりします。

自分に自信がない人は自信がないんです。

偉そうなお坊さんが 護摩を焚いたりしていると
その気になりますね。

その気になったあなたに奇跡が起きるんです。

どこの誰かが奇跡を起こすのではなくて
自分が自分に奇跡を起こすんですね。

本来自分の自信にない人は
自分にはできないけれども
脳にはできると思ってください。

 

f:id:shiho196123:20190322153531j:plain

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読有り難う御座います。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ナチュラルライフ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村