20191229105200

斉藤一人さん そのままでいいんだよって自分を褒めること

スポンサーリンク

 

f:id:shiho196123:20201022185235j:plain

 

 

幸せになるのも、成功するのも、行動しないで上手くいくということはありませんからね。

 

 


「そのままでいいんだよ」って自分を褒めること


別に難しい話だとは思っていないんですけど、ちょっと普段、世間の人が入っているような話とは違うので、そのつもりで聞いてください。


まずですね、「行動の星」って言うんだけど、行動する前にやってもらいたいことがあるのね。

それが、自分に向かって「そのままでいいんだよ」って、1日に何回か行ってもらいたいのね。

なんでかって言うと、例えば人間って、なんでも逃げちゃうタイプとか、頑固な人とか、いっぱいいるんだよね。

その人の性質っていうのがそれでそれあるんです。

ただ頑固な人っていうのは、頑固じゃなきゃ生きられない、何かがあったんだよね。

前世からずっと生きている間に。


逃げ方の人っていうのは、つい逃げちゃうような癖があったんだよね。

だけど、それは、その時に逃げなければ、命に関わるようなことがあったから逃げたんだと思うんだよね。

それで弱気の人ってみんな、強気になれない、何か理由があるんだよ。

それを、自分のどこが悪い、ここが悪いって、悪いから直そうっていう形になると、悪い芽を植えてしまって、悪いものがなっちゃうんだよね。

それよりも、そうなったのは仕方がないから「そのままでいいんだよ」「がんばったな」

「よく生きてきたね」とか、よくがんばったねという風にして、やっぱり自分を褒めて、肯定してあげないとこれからが始まらないんだよね。

それで、これからそれを「自分はこのままでいいんだよ」って自分に何回も言えるようになると、人にも言えるようになるんだよね。

一旦まず、認めてあげないとだめだよねっていうことが言いたいの。


「確信すること」と「行動すること」が大事


それから例えば、自分は仕事探してるんだけど、これから何か仕事をしようという人は、例えばラーメン屋さんでもなんでもいいんだよ。

何かお金の話をしちゃって、全然話が違う人はごめんね。

ただお金の話って分かりやすいからするのね。

例えば、「貯金通帳に1000万円欲しいんだ」って思ったとするよね。

そうするとまず必要なことは「1000万円、絶対に貯められるんだ」っていう確信を持たないとダメなんだよね。

自分に確信がないとやれないんだよね。

これは1億円でも同じなんだよ。

それで、そうなった時「貯金通帳に1000万円あることを本当に思い描けますか?」って。

思い描けたとしたら、その次に、1000万円貯まるような行動を取らなくちゃいけないんだよね。

例えば、「働かないでお金がほしい」って言っても無理なんだよね。

この星はそういう風にできてないんだよね。

1000万円を貯めるんだとしたら、例えば自分が日本蕎麦屋をやろうとするんだったら、「まずは下積みにに行ってとか」っていうのがあるように、1000万円って、ビルで言うと10階建てのビルだとするじゃない。

そうすると、一番最初は1回から作っていくと思うけど、実はそうじゃなくて、基礎から作って行かなきゃならないんだよね。

そうすると、穴を掘らなきゃいけないこともあるんだよね。

だから、日本そば屋一つやるにしたって、下積みのような基礎みたいなものがいるんだよね。

わかるかな?

例えばこれが1億円で、100階建てのビルだとするとね、本当に下の方もうんと深く掘らなきゃならない。

だから、上に大きい建物を建てようと思ったら、本当に深く掘らなきゃならないんだよね。

それで、行動しないとダメなんだよね。

だから、自分は例えば1000万円欲しいけど、何をやっていいかわからないんだとしたら、それはその時点で貯金箱買ってきて1日100円でいいから貯金する。
お給料の中から1万円でもいいから貯金して、実際に行動に移していると、だんだんだんだん考えが浮かんでくるんだよね。

つまり、目的に向かっていくことが楽しいことで、この星は行動しないと何もできない星なんだよね。

よく、ひとりさんが納税日本一になったのは、不労所得があったんじゃないかという人もいるんだけども、私は不労所得の貰い方を研究しているわけじゃないし、納税日本一になった時だって、不労所得でなったわけじゃないんだよね。

私は一生懸働いていなかったら、働いてやる方法しか知らないし、教えられないんだよ。

「運良く、こういう財産をもらいました」とかっていうのは、そういう人に聞いてもらいたいの。

きっと、その人はその人なりの、何かをしているはずなんだよね。

だけど、私がやっているのは事業家だから、事業としてのやり方しか教えられないんだよね。

だから、絶対に成功する。

スパゲティ屋をやろうが絶対に成功する。

それで、成功するって信じているから行動できるの。


それから、行動すると同時に、例えば逆上がりだって一回じゃできないんだよね。

何回も、何回も練習して逆上がりだってできるのと同じように、何回失敗しても、「絶対に成功する」っていう確信があるから、これじゃダメだっていうことがわかった、成功に一歩近づいた、そして、さらにこれじゃだめだっていうことが分かって、もっと成功に近づいた。

改良して、改良して、改良してやるのは、絶対に成功するって信じているからなんだよね。

「ついてる」だってそうだよ。

「自分はついてる人間なんだ」と思うから、行動できるんだよね。

だから、確信する。

成功しているところを本当に思い描く。

そして、行動する。

いいかい?

前に山があってこの山がどうしても邪魔だって言うんだったら、ただ考えてるよりスコップ持ってきて、少しでも山を削りな。

それで、本気になって削っているうちにいろんなアイデアが出てくるし、知恵も出てくるの。

だから、行動を伴わないような願い事は、願いじゃないんだよ。

思わずやりたくなっちゃって、本当にやろうっていう、ここはそういう星なんだっていうことが分かってもらいたいの。

それがこの話はね、100回聞いてください。

100回聞けば絶対に分かるから。

はい、以上です。


追伸です

人が不安な気持ちになるのは自然なことなんです。

でも、あまり心配し過ぎたり、ずっと不安な気持ちでいたりすると、人は病気になってしまいます。

病気になったら動けなくなるよね。

では、どうすればいいかと言うと、不安な気持ちになった時には「この不安な気持ちのあとにはいいことがあるんだ」とか「これがいいんだ!」って、自分に言ってあげるの。

この不安な気持ちというのは、実は潜在意識から過去の記憶が蘇ってきたものなんです。

それは放っておくと消えるんだけど、しばらくすると循環して、また上がってくる。

だから上がってきた時に、「この気持ちがいいんだ」っていうのをくっつけて潜在意識に下しちゃえばいいんだよ。

そうすると、次に上がってきた時にはその不安な気持ちが弱くなるからね。

さらに次に来たら、「このハラハラが最高にいいんだ!」とか、「このドキドキの跡がいつもいいのよ!」って言って、それを繰り返すんです。

そうすると、必ず不安を感じなくなりますよ。

少しの不安を大げさに考えてしまう人がいます。

そういう人は、1のことを100ぐらいに考える癖があるんです。

だから実際に起こることを、百倍大げさに考えて自ら不安にしてるの。

そういう人は、不安な気持ちになったら「大げさに考えない」という言葉を何度も言うんです。

そうすると、少し不安な気持ちが治ります。

水も100°になると沸騰するけど、それを少し下げてあげれば沸騰しないんです。

それと同じで、不安や心配も沸騰すると人の体は病気になるの。

だから、 下げてあげれば病気にならない。

こういうのは、少し下がれば十分なんです。


ただ、何でもそうだけど、やらないとだめだよ。

この星は行動の星だから。

薬だって、処方されたものを見ているだけでは効かないよね。

食事も、出されたものをただ見ているだけでは栄養にならないし、お腹もいっぱいになりません。

聞いただけで知ってるつもりになっても、実際にそれを行動に移さないと、お腹もいっぱいになりません。

聞いただけで知ってるつもりになっても、実際にそれを行動に移さないと、結果はついてこないんです。


だから、何事もまずやってみる。

行動癖をつけようね 。



斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村