コンクラーベ

斉藤一人さんです

20191229105200

斉藤一人さん 実力は人間の力 ツキは天の力

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20201226003440j:plain

 

 

実力は人間の力だけど、ツキは天が与えるものだから。

 

 


実力は人間の力、ツキは天の力

サイコロをポロッと振って1が出る確率は1/6。

ところが、実際に6回振ってみたら、一回は1が出るかと言うと、そうはいかない。

それを連続して一をだし続けようというのは、天文学的な数字になってしまう。

でも、それを可能にするものがあります。

それは何かと言うと、言葉です。

誤解しないで下さいね。

この話は、「賭け事に強くなる」とかいう話じゃないですよ。

仕事運が良くなるとか、幸せになれるとか、そういう類の話ですからね。

さて、話を元に戻します。

だいぶ前の話ですが、テレビで新体操の競技会を見ていた時に、明らかに美しい、ビジュアル系の選手と、大変失礼ですが、そうでない選手が出てきて、長い紐をくるくるさせながら踊っていたんです。

技量的には、そうでない方が上らしいんですが、彼女は優勝出来なくて、明らかにビジュアル系の女性が優勝したんです。

皆さんは、どうして、実力がある人が勝てなかったと思いますか?
私流に解釈すると、簡単です。

ビジュアル系の女性は、小さい頃から周りの人達に、

「可愛いね、綺麗だね」

とか言われて、親切にされたりするものだから、いい思いをすることが多いんです。

そうすると、いい思いをするたびに、

「あら、今日はツイてる」

と思ってしまう。

積み重ねの結果、

「私は、ついてる星の下に生まれたんだわ」

と、自分の人生そのものを、ついてると捉えてしまう。

そういう人は、ここ一番という時のノリが他の人と全然違うんです。

何を言いたいかと言うと、「勝負強い人」というのがいるんです。

そういう人は、大概、

「自分はついてる人間だ」

と思っているんだ、ということです。

ツキって、強いんです。

実力よりも、ツキの方が上です。

なぜかと言うと、実力は人間の力だけど、ツキは天が与えるものだから。

「あの人より私の方が実力では上なのに、どうして私が負けるんだ?」

と、人は言うけれど、私に言わせると、負けて当然なのです。

あの人と、あなたの勝負ではないんです。

それで、大概の人は、天には勝てないものなのです。


「ツイてる」と言った人が、ツイてる人間

おかしなことを言う人間でしょ、私って。

でも、そうでなければ、私が高額納税者番付で一番になる、なんて事は絶対ありえないんです。

私は、中学校しか出ていません。

商人の息子として育てられたから、多少は商売のことを知っているつもりですが、ずば抜けて秀でた商才があったわけでもないんです。

でも、どうしたわけか、私は納税額日本一になってしまった。

それは、ツキ以外の何者でもないんです。

別に謙遜しているんじゃないんですよ。

私は、本当に、ツイてる人間なだけなんです。

では、なぜ、私は「ツイてる人間」なのか、ということになるのですが、答えはいたって簡単です。

昔から「ツイてる」というのが口癖だったからなんです。

どうして「ツイてる」という言葉を口癖にしたのかと聞かれても、そんなこと、私にも分かりません。

くしゃみをした後に、必ず「ちきしょーめ」という人がいますが、その人に、どうして、「ちきしょーめ」というのかを尋ねてみても、多分答えられないでしょ。

それが、口癖というものです。

私の「ツイてる」という口癖も、それと同じことです。

それで、無意識のうちに「ツイてる」という言葉を口にしてきたら、ツキがどんどん舞い込んで、今に至るわけです。

だから、「ツイてる人間になる」って、その程度のことでいいんです。。

「ツイてる、ツイてる」と、言えばいいんです。

ツイてない人間って、自分のことを「ツイてない人間だ」と思っているだけなんですよ。

ツイてる人間と、ツイてない人間の違いとは、たったそれだけのことなんです。


現在悩んでいる事は1年後には消えてしまう

人間、生きていたら、いろんなことがありますよね。

楽しいことだけじゃなく、悩んだりすることもある。

多分、皆さんの中にも、現在、何かに悩んでいる人がいると思うんです。

でも、「悩み」って、一体何でしょう?

皆さん、それぞれ意見があるかと思うんですけど、私流の悩みの定義は、こういうことになっています。

悩みとは、自分ではどうにもできないこと。

どうにかなることなら、何とかしているはずだから、悩みにはならないんです。

どうにもならないから、悩んでいる。

それが悩みの特徴です。

ただし、人はそのことで一生悩んだままなのか、というと、そうじゃない。

試しに、皆さんに質問しますが、1年前に自分が何に悩んでいたか、覚えていますか?

2年前に悩んでいたことを思い出せますか?

この前、あるところで1000人の人にこの質問をしたら、覚えている人は一人もいませんでした。

ということは、あなたが今悩んでいることも、1年後にはなくなってしまうんです。

なぜ、そうなるかと言うと、理由は一つあるんです。

悩みが、勝手になくなったんです。

自分が何かをして、あれを解決し、これを解決して悩みが解消した、というものではない。

自然と消えたんです。

それは、時間が解決してくれているんです。

時計の針が、一秒、一秒、時を刻む事に、徐々に。徐々に消えてなくなる。

時間が、あなたの味方をしてくれているんです。

だから、今、悩んでいることに対して、

「自分は何もできない。無力だ」

と、思ってはいけません。

「何もしていない」というわけではないんです。

悩みがある時、たいていの人は、アレコレ心配します。
心配しているんだから、「何もしていない」ということはあり得ないですよね。

しかも、人間には、思ったことを引き寄せる力があるんだそうです。

心配すると、悪いことが起こることもあるんです。

よくある話ですが、

「浮気がバレたらどうしよう」

と、ビクビクしていると、浮気をしていることがばれてしまう、とか。

だから、悩みがあってもハラハラ、ドキドキしてはいけないんです。

時計のカチ、カチ、カチッという音が「ツイてる、ツイてる、ツイてる」に聞こえなくちゃいけません。

時計のカチ、カチという音を聞いて、

「あぁ、時間が自分の味方になってくれているんだ」

と思っていれば、いいんです。

そう思うだけでも、随分気が楽になるでしょ。

ところで、この話は、お弟子さん達の間で、「心が1/1000だけ軽くなる話」と言われているんですが、本当は、「心が1/100だけ軽くなる話」だったんです。

ところが、他の人たちにこの話をしたら、

「どうして1/100だけ軽くなるのかわからない」

と言われて、「1/100」から「1/1000」に変えたんです。

心が軽くなる話をしている本人が、心が重たくなっちゃいけませんからね。

私自身の心を軽くする、ということで・・・・・・。

 

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとう御座います。

 

www.youtube.com https://youtu.be/9arBgGTxkWU

 お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

 

我が儘勝手で申し開きも御座いません。

 上記の赤色のボタンを押してくださいね。

 

 



 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村