コンクラーベ

斉藤一人さんです

20191229105200

斉藤一人さん  言葉の法則のお話

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20210902201111p:plain

 

 

「言霊」で、この方法がいいよっていうのが、「単語法」ってやつなんです。

 


「言葉の法則」のお話

今日はですね、言葉についての話をします。

日本は昔から、「言霊」の国だよって言われているんですけど、本当に世界で一番言葉を大切にしている国ではないかと思います。

また、日本の言葉って、すごく味わい深いんです。

よく、まるかん(銀座まるかん)では、「天国言葉」と「地獄言葉」っていい方をするんだけど、「愛してます」「ついてる」「嬉しい・楽しい」「感謝しています」「幸せ」「ありがとう」「許します」っていうこの言葉が「天国言葉」と言うんですけれど、いつも自分が爽やかになって、聞いている人が爽やかになるような言葉を言っている人って、またそれを言いたくなるんです。

例えば、「感謝してます」って言っているような人って、また「感謝してます」って言いたくなるようなことが起きるんです。

ところが、不平とか不満とか口とか泣き言とか言ってると、また、それを言いたくなっちゃうようなことが起きるんです。

また、それをのべつ言ってるんです。

言葉によって現実を引き寄せるんだっていうことがあるんです。

これが日本語の不思議なところで、その言葉によって、いろんなことを引き寄せてしまう。

それで、成功する人っていうのは、必ず成功するような言葉のクセを持ってるんです。

例えば、自分がいつもいつも言ってる言葉によって、成功するか失敗するかの人生が決まっちゃうんです。

それで、よく私が教えるんですけど、「座右の銘」ってありますよね。

私の「座右の銘」。

で、「座右の銘」って、やっぱりあれも言葉なんですよ。

いい言葉を持っている人と持ってないいない人で全然違うんですけど、例えば「勇気がないんだ」「自分は勇気がないんだ」っていう人いますよね。

で、そういう人は、「私は勇敢である」とか、「私は勇気を持ちたいんだ」って言うと、言ってる言葉に対して自分が否定するんです。

「いや、自分は勇気ないよ」


それよりも「言霊」で、この方法がいいよっていうのが、「単語法」ってやつなんです。

「勇気、勇気、勇気」
「勇気を持ちたい」とか、「勇敢に生きる」とかって言っちゃダメなんです。

ただ、単語を、「勇気、勇気、勇気、勇気、勇気」って、何回も何回も言うんです。

それで、大体1000回以上言ってくると、心が満ちてくるんです。

それを何日間か続けると、自然と勇気が湧いてくるんです。

それだけじゃなくって、「勇気、勇気、勇気」って言ってる間に、「勇気って、人にはっきり物を言えることなんだ」って、「言う気持ちなんだ」っていうことが分かってくると、これがまた「言霊」の作用で深い意味がわかってきて、「あぁ、自分って、はっきりものを言わなかったなぁ」、そういうことも自然に浮かんでくるんです。


それも、何回も何回も言ってる間に、脳の中から浮かんできて、自分に必要な言葉が浮かんでくるんです。

「自分は色んな人と出会いたいんだ」。

異性でもいいし、自分の師匠になる人でもいいし、日本と出会いたいとか、いいお店と出会いたいでもいいです。

ものとの出会いもあります。

人との出会いもあります。
出会いたい場合は、ただ単語で「出会い、出会い、出会い」って言ってると、「出会い、出会い、出会い、出会い」って言ってる間に、「『出会い』って、『出て会う』ということは、出会いというのは、自分が出かけなければ起きないんだ」って。

だから、「出会い、出会い、出会い、出会い、出会い」って言ってる間に、どこかへ出かけようって気になってくるんです。

それはもう、引っ込み思案だった、前のあなたとは違うんです。

心に「出会い」というのが詰まってて、「出会い」の意味すらわかってる。

出て会うんだ。


自分は愛が欲しいんだ、愛を与えなきゃいけないんだ。

「自分は愛が欲しい」「人を愛したい」っていうより、単語、「愛、愛、愛、愛、愛」って言ってたら、愛が満ち溢れてくるの。

そうすると、「愛、愛、愛、愛、愛」って言っる間に「愛」って、「あ」と「い」なんだ。

「あ」と「い」が重なって、「愛」という言葉なんだ。

すると、「愛」ってなんだろう。
「あいうえお」から始まった、一番の「あ」と、二番の「い」、一番大切、言葉の中で1番大切な始まり、「あ」と「い」なんだ。


言葉で大切なのは、「愛」なんだ。

愛のある言葉を喋ろうって、愛のある人生を送ろうて、こういうことになってくるから、単語を並べる。

単語を何回も何回も何回も、自分に必要な単語を、何回も何回も言うの。

これがいいことを呼び寄せる「言霊」の始めなんだよ。

だから、「ついてる」でもいいの。

「ついてる、ついてる」って言うのをいっぱい言おうが、「感謝してます」でもいいの。

「天国言葉」のどれかでもいいの。

変な話、「美味しいね、美味しいね」って、この言葉でもいいの。

食べる時に、食べて終わった後に、「あぁ、本当に美味しかったね」って言う、こういう言葉を連呼してみるの。


1日何回も何回も言ってみるの。

修行だと思って、一つの言葉を一日1000回言うといいの。

「千」って、すごい不思議な数字なの。

千人でも何でもそうなんだよ。

「千」という言葉には、非常に不思議な力がこもってるの。

これも「言霊」なの。

だから、1日、好きな単語を1日に1000回言うおっていうのをやってみると、すごくいいことが起きるから、やってみてください。


言霊の不思議

一人さんに出会うまで、私にはたくさん知りたいことがありました。

それは、人はなぜ生きているのか、神様は本当にいるのかなと、子供がよく聞くようなことばかり。

大人になると、みんなそんなことを考えなくなるのか、考えても無駄だと思うのか、そんな話、あまりしませんよね。
ところが、一人さんは、私のそうした質問に、見事なまでに、スパッと答えてくれました。

「人はなぜ生きてるのかな」っと聞けば、「それは幸せになるためだよ」。

「神様って、本当にいるのかな」と聞けば、「いるよ。鏡を見てごらん。そこに映っているのが神様だよ」。

自分の顔しか写っていない鏡を見て、不思議そうな顔をする私に、一人さんはこう言いました。

「鏡から「ガ」をとってごらん。

『自分が、自分が』という我がとれて、人の幸せを考えられるようになった時、そこに写っている人は『カミ』になるんだよ」

「一人さん、私、もっともっと幸せになりたいな。

どうしたら、もっと幸せになれるの?」

ある時、こう聞いた私に、一人さんは言いました。

「幸せになりたいなら、いい言葉を使いなよ」

「いい言葉」というのは、「そうでございますわね」などという丁寧な言葉という意味ではなくて、自分も周りも楽しくなる言葉。

「言霊」という言葉がありますよね。

言葉には魂が宿っていて、言ったことは現実になると言われているんです。

だから、できるだけ前向きの言葉を言った方がいいのですが、人は、何も考えずに言葉を口にすると、無意識のうちに、マイナスの言葉をたくさん言っているんです。

例えば、晴れている日に「今日は空が青くて気持ちいいな」というのと、雨が降った日に、「雨で嫌になっちゃう」というのと、どちらが多いかと言うと、「雨が降って嫌になっちゃう」ですよね。

「今日は元気いっぱいだぞ」と言わなくても、「疲れた」と言ったりするでしょう。

ヒールが折れて、「全くついてないな」ということがあっても、ヒールが折れない時、「今日はヒールが折れなくて、ついてるわ」とは言いませんよね。

「ついてる」「ついてる」と言っていれば、本当についていうことばかり起こるようになるし、「幸せだなぁ」と言っていると、本当に幸せになるんです。

逆に「ついてない」といえば、ついてないことばかり起こるし、「疲れた」と言って元気になることはありません。

むしろ、そういったことで、どっと疲れを感じたり・・・。

しかも、こういうマイナスの言葉って、聞かされた方もいい気持ちはしません。

「ついてない、ついてない。自分って、自、どうしてついてないんだろう」なんて言う言葉ばっかり言ってると、本当についてない人生になってしまうのです。

私たち一人さんの弟子は、一人さんの言う通りにやってきて、本当についてることばかりあったし、幸せにもなりました。

一人でも多くの人に幸せになってほしいと、私達弟子は、ボランティア活動として、幸せになる言葉の会をそれぞれ立ち上げました。

私が立ち上げたのは「天国言葉の会」。

どんなことをするかと言うと・・・。

 

言えば言うほど運が良くなる「天国言葉」


私たちは、前向きで、自分も人も楽しくなる言葉を「天国言葉」、逆に、言った方も聞かされた方も気持ちが暗くなる言葉を「地獄言葉」と呼んでいます。

そして私は、「天国言葉の会」会長。

この会では、どんなことをするのかと言うと、

「愛してます」

「ついてる」

「嬉しい」

「楽しい」

「感謝してます」

「幸せ」

「ありがとう」

「許します」

という代表的な天国言葉を八つを1セットとして、毎日1セットを10回、100日言うという会なんです。

「『ついてる』と言おうね」「いい言葉を使おうね」と言っても、普段あまり使っていなければ、なかなか口から出てきません。

それ以前にいい言葉がどんな言葉なのか分からないという人もいるかも・・・。

だから、まずどんな言葉が「いい言葉」なのかを知り、口癖にしてしまおうというわけです。

いうのはいつでもいいんです。
朝起きて一番に言ってもいいし、夜、お風呂に入りながら言ってもいいのです。

私は歯医者さんが苦手です。

だから、治療を受けている間は、ずっとこの天国言葉セットを心の中で唱えています。

天国言葉を唱えていれば、良い波動が出て、先生もきっと良い波動を出すに違いないなんて思いながら。

実際、ひどい目にあったことはありません。

注射が苦手な人もおすすめです。

きっと注射の効き目も倍増するに違いありません。

そして、どんな時にも地獄言葉は使わない。

地獄言葉とは、

「恐れている」

「ついてない」

「不平不満」

「愚痴・泣き言」

「悪口・文句」

「心配事」

「許せない」

など、聞いていると気持ちが暗くなってくる言葉。

もし言ってしまったら、天国言葉セットを3回言って、打ち消します。

よく「今日もまた地獄言葉を言っちゃった」何て落ち込む人がいるけれど、「地獄言葉」を言ったと分かるだけでも、大したものです。

だって、普通はどういう言葉が地獄言葉か考えることすらしないのですから。

だからといって、地獄言葉を言ってもいいということではありません。

地獄言葉は、あなたに不幸をもたらします。

f:id:shiho196123:20210907000641p:plain

天国言葉は笑顔を作る


毎日、天国言葉を言っていると、人相が変わってきます。

笑顔が多くなって、気持ちも穏やかになってきます。

いつもニコニコして、天国言葉を言っている人って、魅力的だと思いませんか?

一人さんによると、世の中には「類友の法則」というのがあって、似たような人が集まるそうです。

つまり、あなたが天国言葉を言ってニコニコしていれば、あなたの周りに集まってくる人たちも、魅力的で、感じの良い人ばかりになります。

そして、いつも楽しいことばかり話していられます。

誰かに意地悪しようなんて考えたりしない人ばかりですから、もし誰かに助けが必要なときは、いつでも協力し合えます。

しかめっ面をして「嬉しい」「楽しい」「幸せ」というのが難しいように、笑顔で愚痴を言ったり、不平不満をいうのは難しいものです。

地獄言葉を言っていると、眉間にシワが寄ってきて、視線は下、背中が丸くなって・・・・・暗いですよね。

こんな暗い人達の側にはあまり行きたくないでしょう。
集まってくるのは、似たような人ばかり。

ますます近寄りたくなくなります。

あなたが魅力的になれば、あなたの周りには、魅力的な人が集まってきます。

天国言葉と笑顔で魅力を手に入れましょう。

 

斎藤一人さんの話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとうございます。

 

www.youtube.com

https://youtu.be/kt-9lFbSfU0

お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

我が儘勝手で申し開きもございません。

上記の赤色のボタンを押してくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村