コンクラーベ

斉藤一人さんです

20191229105200

斉藤一人さん 遊びが人生にもたらすものとは

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20210606160602p:plain

 

 

若い頃に思いっきり遊んできたから、人に優しくなれるよね。

 

 

遊びが人生にもたらすものとは?


Q  若い世代にとってのお金の考え方なのですが、例えば

僕は20代の頃は最低限の貯金をするだけで、後は、何でも経験だと思って入ってくるお金のほとんど使ってきたんです。

でも、やはり貯金は若い頃からしっかりするべきでしょうか?


斎藤一人さん

俺もそうだったんだけれどね、大金を残すと何もやらなくなっちゃうんだよね。


Q 一人さんにもん、そんな時代があったんですね。

斎藤一人さん

全部使ってしまうと、その次の仕事をやってまたお金ができたら、またしばらく仕事しないの。


Q ちなみに、お金は何に使っていたんですか?


斎藤一人さん
その頃は、赤坂や六本木に友達と繰り出しては存在していたね。

俺がちょっと普通の人と違うのは、いつも女性を連れていたから、女性目当てのお店に行くことはなかったんだけれどね。

でも、そんな感じでお金を使っていたある日、新小岩に炉端焼きのお店ができたの。

それまでは、炉端焼きなんていうお店はなかったんだ。

そこで今度は、炉端焼きに通うようになったら、もう、六本木まで出るのが嫌になっちゃったんだ。

そのうち、炉端焼きにも飽きてしまって、そこから観音参りになっちゃったんだ。

昔はね、赤坂や六本木で遊ぶのには、すごいお金がかかったんだよ。

普通なら、中年になってから行けるようなお店に、俺は20代の頃から通っていたわけだからね。

当時はね、 夜11頃出かけて朝4時頃になると、そこから横浜へ行って遊んで、また夜になると赤坂に行って、というような日々を毎日続けていたの。

その頃は思っていたよ。

これは、神様が遊ばせてくれているんだって。
だから、70代ぐらいになってやるような神社仏閣巡りなんか早いうちにから始めちゃったんだよ。。

今はもう全然遊びなんて行きたくないもん。

ピタッといかなくなったよね。


Q その頃の経験は、やっぱりかけがえのないものだったんでしょうね。


斎藤一人さん

若い頃に思いっきり遊んできたから、人に優しくなれるよね。

だって、人が遊んでいるのを見ても、俺は絶対何も言わないからね。

逆に「遊びに行ってきな」って言うくらいだからね。

もし、俺が仕事一筋でやってきたのおなら、遊んでいる人を見ると「仕事しろよ」って怒るだろうね。

遊ぶとね、人に優しくなれるんだよ。


Q 若い頃には、遊ぶことが自己投資になるという意識なんかもなかったんですよね。

斎藤一人さん

全然ないね。ただ、楽しいだけだったんだよ。


Q そんな経験は、普通の人はなかなかできないですよね。

若いうちは遊びも大事ってことですね。

斎藤一人さん

そうだね。遊ぶことも大事だけど、でも、やっぱり、仕事をする時には、仕事も大事だよ。


思いっきり遊ぶことも人生の糧になる


出来る人と言うと仕事ができるだけの人のことをイメージしがちだか、遊びを知っておくこともできる人の条件になってくる。

よく、「遊んでばかりいないで仕事をしろ」という人は多い。

けれども、これまで多くの大人たちを見てきたが、「仕事ばかりしてないで、少しは遊んだ方がいいのでは?」と思うような人も多かったりする。


これからは、ゲーム感覚の時代が始まるという一人さんの言葉があったが、やはり、人を楽しませるには自分自身も楽しい体験をしなくてはならない。

また、遊ぶことによって、 より一層、仕事を顔晴ろうという気持ちにもなり、オンとオフのバランスが取れるようになってくる。


僕の場合は、遊べば遊ぶほど仕事をしたくなるタイプかもしれない。

大人になると仕事優先になってしまいがちの日々になるが、忙しくても、月に1回は「思い切り遊ぶ日」をスケジュールに入れてみることもお勧めだ。

そんな遊びとは、自然な中に出かけたり、逆に街に出かけたり、行ったことないようなお店に行ったり、いつも車の人なら電車で遠出してみたりなど・・・・・・。

そんな小さなことを遊びとして取り入れてみよう。


それにしても、一人さんが赤坂で遊んでいたとは、全く想像ができないな。

でも、若くして大人の男の遊びにデビューして、若くしてそんな遊びから卒業しているのは、やっぱり只者ではないと思う。

 

f:id:shiho196123:20210610142907j:plain


百人単位でモテる一人さんの恋愛観とは?


Q 最後の質問ですが、人生において恋愛は必要ですか?

斎藤一人さん

必要だろうな。


Q 必要ですよね。でも、大人になると、特に男の人は仕事に集中すると仕事を優先してしまって、恋愛をしなくなるようなところがありますよね。

僕としては、仕事も恋愛もどっちも大事だなって思うんですけど。

斎藤一人さん

恋愛をしていない人は、単にその人がモテないだけなんじゃないの?

ただし、モテる人っていうのは、相手からすれば、この人と一緒にいたら自分の魂が成長するって思うからその人について行くんだよ。

だから、モテない人というのは、人を成長させられない人ってことなんだよ。


Q なるほど
斎藤一人

だから、俺と一緒にいて魂が成長すると思う女性は、俺のそばにいたいんだよ。

Q 一緒に学びたいんですね。

斎藤一人さん

そう、一緒に学びたい。

だから、俺がモテる秘訣はそれだと思っているよ。


Q 他にモテる秘訣などはありますか?

斎藤一人さん

俺の場合は、皆を幸せにしてあげたいとか、お金持ちにしてあげたいとかを一生懸命にやっているんだよね。

そうすると、それがいいって言って俺についてくる女性もいるんだよ。

でも、笑われるのを覚悟して言うとね。

俺がモテるというのは、一人の女性からとかじゃなくて、百人単位の話をしているんだよ。


Q は ー・・・・。それはすごい話ですね。
斎藤一人さん

俺がね、「彼女になってくれる人」って言ったら、 多分100人以上が手をあげると思うよ。

実際には、もっといるかもしれないんだよ。

だからつまり、モテない人には、「男として、女性人にさえも選ばれないあなたは、問題は感じないのですか?」って思っちゃうんだよ。

そして、もしモテたいのなら、100人とか200人にモテなければだめなんだよ。


運命の人を一人見つければいい、なんて思っている人は、まだその人の努力が、魅力が足りないということ。

もちろん、本当にその100人と付き合えと言っているのではないけれど、「あなたは、それくらい多くの人に好かれる人間になるにはどうしたらいいでしょうか?」ということでもあるんだよ。

俺はね、一人とか二人じゃなくて、1000人とか1万人のことを考えるんだよ。

だから、商売をしても何をしてもうまくいっちゃうんだよ。

だって、たったひとりの心を掴めないのに、商売なんかできないよね。
Q なるほど。恋愛もビジネスのコツも根本は同じということですかね。

斎藤一人さん

というよりも、大勢の人から好かれるような人間であるべき、ということだね。

例えば、アイドル達って、ミーナ、男前でスタイルもいい人たちばかりを揃えているよね。

でも、大衆演劇のスターっていうのはね、背が低いなら高く見せたり、顔も化粧したりして努力をしたり、技を磨いているんだよ。

わかる?

そこがすごいんだよ。

とにかく、一人や二人からモテるのは当たり前。

千人、万人単位で考えないと。

Q こんなにスケールのでかい恋愛論は、初めて聞きました。

斎藤一人さん

だって、女性に好かれるっていうのはね、男にとって最大の難所なんだよ。

特に、モテない人はそう思っているだろうね。

だけど、その代わり、女性が気に入った男にはとことん尽くすんだよ。

俺は 、女性っていうのは尽くしてくれるものだと思っているからね。

とにかく俺は、小さい時からずっとモテてるからね。

モテない人は、過去に女性にひどい目にあったことがあったりして、女ほど怖いものはないと思っていたりするからね。


Q 女性との付き合いがあまりない男性は、女性のことを怖いって思っている人もいますよね。

過去に冷たくあしらわれたことにビビってしまったりして。

斎藤一人さん

あと、モテるかモテないかは、その人の値打ちみたいなものなんだよね。

その人が醸し出す自身やその人が語る話の面白さ、肌の美しさから何から何まで、総合点で判断されているんだよ。

つまり、あなたは魅力的が魅力的じゃないかっていうことを測られているんだよ。

だから女性にモテるっていうのは、大変なことなんだよ。


Q いやー、参考になります。

斎藤一人さん

それに、俺が女性にお金を馬鹿みたいに使わないのはモテるからなんだよ。

だって女性の方は、俺と一緒に喫茶店でコーヒーとか、居酒屋でチューハイを飲んでいるだけで嬉しいんだからね。

50万円のワインをキャバクラでオーダーする必要なんかないん。


Q こんな話は、一人さんならではですね。

でも、男にとって女性にモテることも修行みたいなものなんですね。

斎藤一人さん

はい、修行です。

でも、実際には、千人や万人にモテようが、2人しか付き合えないのが現実なんだよね。

わかるかい?
でも、俺もランクが高いけど、俺が連れている女性もランクが高くて、自分で億のお金を稼げるような人なんだ。

だからね、女の人に物を買ってあげたことはほとんどないし、どちらかと言うと、俺は自分で欲しいものを変えるようにしてあげたいんだよね。


Q なるほど。一人さんが考えるいい女ってどんな人ですか?

斎藤一人さん

社会で自立できている人で、外見も内面も磨くことを考えて、常に向上したいと思っている人。

だって、俺たちは向上するために生まれてきたんだからね。

それが一番楽しいことなんだよ。

魂が成長するのが一番の目的であって、幸せということなんだよね。

 

一人から愛されようとするのではなく、多くの人から好かれる人間になる


一見チャラそうな、モテる・モテないなんていう話も、

一人さんが話すと、深い人生論になってしまう。

それにしても、モテるということ、一人の異性からモテるための恋愛論としてではなく、人間として全ての人からモテるには、という考え方をするのがやっぱり一人さんなんだ。


ビジネスにおいても、日常生活においても、人にモテないことには何事もうまくいかない。

特にビジネスにおいては、時には、一人や数人どころか無限大の人にモテないとビジネスにはならないこともある。


では、モテるためにどうすればいい?

そんな場合は、まずは「モテたい」という気持ちになることだ。

例えば、男性も年を重ねてくると、あまり異性にモテることを意識しなくなるが、これはもったいないことだ。

だって、誰だって、もう出ないよりもてるほうが毎日楽しいのだ。

 

斎藤一人さんの話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとうございます。

 

www.youtube.com

https://youtu.be/kt-9lFbSfU0

お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

我が儘勝手で申し開きもございません。

上記の赤色のボタンを押してくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村