コンクラーベ

斉藤一人さんです

20191229105200

斉藤一人さん 上手く行かないのは、当たり前

スポンサーリンク

f:id:shiho196123:20210326183409p:plain

 

 

人は、改善・改良を繰り返しながら成長するようにできている

 

 

思いは現実になる原理とは


頑張り屋さんっているじゃないですか。

でも、一人さん流の正攻法だと頑張らなくても成功するわけですよね?


斎藤一人さん

そうだね。頑張らなくても成功する。

自分のことを頑張り屋さんと思っている人ってね、

実は、そんなに頑張ってないよ。

頑張っているって言うのはね、改善することを言うんだよ。

良くなることを頑張るって言うんだよ。

 

「頑張るとは改善である」、とても明快です。


辛くても、愚痴っちゃダメ!!


ポジティブということで考えると、当然ですが一般的にはポジティブであるべきと言われていますよね。

でも、どうしようもなく辛い時には、ポジティブな気持ちになれる理由はなく、やっぱりネガティブな言葉が出てしまいます。

僕も、そんな状況にある人には「辛い時は、愚痴を言ってもいいんだよ。

辛い思いを吐き出してもいいんだよ」と言っていたことがあります。

一人さんはよく、「相手の肩の荷を降ろしてあげる」とおっしゃいますが、こういう状況での対応は、一人さんのおっしゃる「肩の荷をおろしてあげる」、ということになりますか?


斎藤一人さん

それはちょっと違うね。

うまくいっていない人にさらにネガティブなことを考えさせたり、言わせたりしたら余計に落ち込むだけなんだよ。


そうなんですか?


斎藤一人さん


その人にとって、「これは駄目だ」ということがわかったんだから、ネガティブの状況をなんかではないし、失敗ではないんだよ。

大体、失敗っていうものがありえないんだ。

でもみんな、何かにつけて失敗にとらわれがちになってしまうよね。

最初からうまくいくものなんてないんだから、うまくいかないのなら、改良すればいいだけなんだよ。


改善していけばいいんですね。

そういう意味では失敗はないということですね。


斎藤一人さん

当然だよ。

最初から何でもうまくいくと思っていたら、その道で長年やって来られた諸先輩方をバカにしているのと同じだよ。

居酒屋を一件作るのだって、居酒屋のお客さんだった人が、ある日突然、居酒屋をやりたいと言ってすぐに上手くいくもんじゃない。

これまで居酒屋をやってきた人たちがずっと苦労しながら試行錯誤してきた形が今、あるんだから。
そうですね。

何事もそんなに簡単に成功するものではないですから。


斎藤一人さん

でも、何かに挑戦するっていうことはいいことなんだよ。

そんな勇気があるからこそ、成功するんだからね。

だから、何かを始めたのなら、失敗しても、単に改良あるのみなんだよ。

と言うか、改良していくしかない。

木が成長するのと同じように、人も改良・改善しながら進化するんだ。

それが当たり前なんだよ。

そのことを大変だと思うほうがおかしいんだ。


そこは大事なポイントですね。

僕たちは、一度失敗すると、もう、この世の終わりみたいに思ってしまう。

僕も失敗してしまうと、「うわ~、やってしまった!!」とか思ってしまって、しばらく落ち込んで何もやりたくなくなったりしますからね。

でも、おかげさまで、最近では「最初からうまくいかないのは当たり前」だと思えるようになって、前よりは落ち込む時間が短くなりましたね。


斎藤一人さん

それはいいね。

どんな状況になっても、改良すればうまくいくに決まっているんだよ。

それに、改良するためのアイデアが何か浮かんでくるはずなんだ。

自分の商売に関することで、何もアイデアが浮かばないとしたら、その人は何かがおかしいんだよ。

「そのアイデアを絞り出すのが大変なんだよ」という人もいるのかもしれないけれど、本来なら知恵なんて湧き上がるように出てくるものなんだ。

出ないのだとしたら、その人は出ないような考え方を持っているということ。

そして、最初から「知恵なんて出るわけない」と思い込んでいるような人なら、その浮かんだ知恵で改良しようとしても、結果的に失敗してしまったりするんだよ。


ネガティブな思いが頭をよぎっただけで失敗してしまうんですね。


斎藤一人さん


要するに、うまくいかなかった時は、うまくいかないような知恵が働いたということ。

例えば、ひとつのものに改良を加えてよくして行かなくてはならないのに、全く違う新しい別の事に手を出したりしてね。

失敗する時は、失敗するような原理できちんと働いているんだよ。


なるほど。

わかりやすいですね。

では、やり方さえ間違っていなければ、アイデアは勝手に湧き上がってくるものなんですね。


斎藤一人さん

木でも成長する時は、上の方を目指しながら伸びていくよね。

横を目指すことはないんだよ。

上を目指していると色々なことが起きてくるけれど、そこに面白みもあるんだよ。

人間は自然と向上するようにできているんだ。

だから、向上することは大変なんかじゃない。

向上しない方が大変なんだよ。

逆に、今のままでいることの方が難しいんだ。

例えば、きちんと手入れをされた盆栽を見てごらん。

ずっと同じ形に留めておこうとするために、針金なんかでぎゅっと全体を縛っているよね。

木が大きくなったり、枝が太くなったりしないように手入れをしているんだよ。


なるほど、人間も同じですね。


斎藤一人さん
そう。山に自然に生えている木なんかは、そんな手入れなんかされていないよね。

だからすぐ着くと上を目指して大きく太く育っていく。

俺はね、俺のところに来る人たちに巻きついている針金を外してあげる係なんだよ。

そうすると皆、のびのびと上を目指して育っていくんだよ。


お弟子さん達も、本来の姿に戻ってグングン成長していくんですね。

僕もひとりさんには針金を外してもらったように思います。

 

上手くいかないのは、当たり前。

人は、改善・改良を繰り返しながら成長するようにできている。

 

f:id:shiho196123:20210326183841p:plain


一人さんの「惜しみなく与える」とは?


ということは、先ほどの話に戻ると、ネガティブな気持ちになっている時にその思いを吐き出す、という以前に、もう、そんな気持ちになる必要性はないということですね。


斎藤一人さん

そう。さっきも話したように、失敗しないと思っている人には、失敗しない知恵が出ることになっているからね。
もちろん、それがその人にとって本当にやりたいことかどうか、というのが大前提だけれどね。

だから、ある人がこの方法で成功した、と言ったからといって、それはその人が成功した方法であって、全員に通じるやり方ではないということ。

その方法が、自分には向いてないと思うのなら、やらなくてもいいんだ。


だから、人の意見に左右されてはダメなんだよ。

俺の神様が指導してくれているのは、俺だけのやり方であり、俺の成功の仕方なんだから。


そうですね。その人だけにとっての成功のスタイルというものがあるんですよね。


斎藤一人さん

ちなみに、俺の成功のスタイルは、事業をどんどん拡げてビルを建てたり、選挙に出たりすることではなくて、人に親切にしたり、自分の知恵を出せるだけ人にあげること。

だから、知恵をあげた人がお返しで、逆に俺のことを褒めてくれる本を出したりするんだ。

そんなことが起きてくるんだ。
いつかどこかで、まいた種が戻ってくるんだよ。

人ってあんまり他の人のことを褒めないものなんだよ。

だから、そんなに褒められている人ってどんな人なんだろう、って知らない人からもう俺は興味を持ってもらえたりするんだ。

でも俺は、どちらかと言うと自分は褒められたいような人間じゃないんだよ。

褒めたい方の人なんだから。


そうですね。一人さんはいつも惜しみなく与える側ですね。


斎藤一人さん

とにかく、誰も損をしないんだから、心の狭いことをしなくてもいいんだよ。

惜しみなく与えればいいんだよ。

例えば、ある飲食店に人気メニューがあったとして、そのお店が人気メニューのレシピを公開したとしよう。

そういうことだって、店の機密情報を出してしまうと思う人もいるかもしれないけれど、ちっとも惜しいことではないんだ。
だって、レシピを提供しても、作らない人は作らないんだから。

その商品を買った方が早いと思う人は買うし、食べに行った方が早いと思う人は食べに行くもんだからね。


そうですよね。

レシピ通りに作ってみようと思う人は一部でしょうね。


斎藤一人さん

俺は商品を販売するにあたって、日本で最初に、「購入後の商品でも、使用後に気に入らなかったらお金を全額お返しします」っていう対応を始めたんだよ。

その時も、国からすごく反対されたんだ。

でも、今ではそれが当たり前になっちゃったんだよね。

だって、どちらにしても、メーカー側は消費者からクレームが来たら、お金を返すことにはなるんだから同じなんだよ。

でも、日本人のモラルからすると、使い切った商品に対してお金を全額返してくれ、という人なんか滅多にいないものなんだよ。

商売をするなら、同じ日本人を信じないとダメなんだよ。
それよりも、そういった真摯な対応が次の売りに繋がるのなら、それでいいんだよ。


そうですね。

確かに使い切って商品に対して返金してくれって言う人は、ほんのわずかではないでしょうか。


斎藤一人さん


そうだね。

それに、「与える」ということに関しでも、「与える」という意識になるよりも、「できることはやってあげればいい」という気持ちでいることだよ。

道行く人から「駅に行くのはどちらですか?」って聞かれたなら、「こっちですよ」と教えるのと同じくらい単純なことなんだよ。

「商売とは、どういうことですか?」と聞かれれば、「こういうことだよ」と答えてあげるんだよ。

「そんなことをそんな子、わざわざ隠しておく必要がどこにあるんですか?」ということ。

そもそも、縁のある人にしかそういうことも聞かれないからね。

だから俺は、自分ではそんなにたいしたことをしているとは思っていないよ。


それに、「一人さんは何でも知っていますね」と言われるけれども、知っていることしか聞かれないからね。

俺にスポーツの話を聞く人なんかいないからね。


確かに、僕もスポーツ関係の質問を一人さんにしたことはないですね。


斎藤一人さん

だから、自然とそういう流れになっているんだよ。

 

「惜しみなく与える」ということに関してですが、学生時代に後輩によく食事を奢っていたんですね。

最初は後輩も感謝してくれていたんですが、だんだん慣れてくると、感謝されることもなくなってきました。

これは、僕のやり方が間違っていたんですかね?


斎藤一人さん
それも一つの良い経験だったということだよ。

次から気をつければいいんだよ。


そうですね。良い経験でした。

最初の頃は割り勘にすべきなのかな、なんてことを考えたりしていましたから。


斎藤一人さん


それでいいんだよ。

俺なんか毎日みなと食事しているけれど、誰がお会計は払っているのかさえも、よく分からないんだよ。

周りの人がお金を払ってくれているのか、俺の財布からお金が出ているのかもよくわからない。

でも、俺の理想は、そんなことなんてどうでもいいくらいのお金持ちになっちゃうということ。

もちろん、お金持ちになったからといって誰にでもご馳走するのか、と言われればそうでもないよ。

お礼も言わないような人にはご馳走したくないよね。

だって、自分のお金を出して気分が悪くなるのは嫌だよね。


そうですね。最悪です。


斎藤一人さん


でも、実際には、そんな気分になることもないんだよ。

だって、俺は仲の良い人達としか一緒に食事に行かないからね。


なるほどですね。


斎藤一人さん

俺ってね、人付き合いが良くて、一緒にいる人たちと仲が良すぎるんだよ。

だから新しい人が入って来れないんだよ。

そして、そんな人達からまた新しい人を紹介されると困るんだよ。

だって、付き合いが長くなるからね。

皆、いい人たちばかりだから。

あなたもいい人だから、付き合いが長くなるね。


ありがとうございます。

 

ただ与えたいから、褒めたいから、そうするだけ。

持っているもの、知っていることは、惜しみなく出す。

いつか、蒔いた種は戻ってくる。

 

追伸 一人さんの使命とは?

 

ある時一人さんに何気なく、「一人さんが今世に生まれてきた使命は何ですか?」と聞いてみました。

すると一人さんから、驚きの言葉が飛び出してきたのです。

「俺の今世の使命はまず、一生懸命に仕事をしてお金を稼ぐ。

そして、誰からも寄付をもらわず、税金をしっかり納め、神様のお手伝いをすることだよ」

これはまさに一人さんがやり続けていることそのものであり、意味を掘り下げていくと、とんでもなく深いことがわかりました。

まず、一生懸命にしてお金を稼ぐとは、全てを使って喜んでもらうということ。

お金は人のお役に立って、喜ばれたぶんだけ入ってきますから、稼ぎ続けてきて、成功か大成功かしかない一人さんは、一体どれだけの人に喜ばれているのかわかりません。

そして誰からも寄付をもらわずとは、昔から一人さんは「神様のお手伝いをする時は、絶対にお金を取っちゃいけないんだよ」ということを言っています。

なのでこの記事に書いてあるような神様の豊かさをおろす方法を教えてくれる時も、どんなお話をしてくれる時も、お金を取ったことは一度もありません。

講演会もパーティーも、すべてが自費なのです。

過去に遡ると、私たち10人の弟子以外にも、たくさんの人がひとりさんの教えを求めてやってきていました。

その中で残ったのが私達だったのです。

一人さんは昔から、相手が一人だろうが100人だろうが、今となっては何千人だろうが、無償の愛で与えて与えて、見返りを求めずに、また与えていきます。

全力で出し切ることをしかできなくて、この人には教えるけどこの人には教えない、ということは絶対にありません。

子供にも大人にも全力で、惜しみなく与えるのです。

そして税金については、「日本という治安のいい、豊の国に生まれて、税金を払わないと道路だってできない市公共施設だってできない。

場所代みたいなものなんだよ」と言って、いつも感謝しながら納めています。

目の前の人も大切にするけれど、国全体のことまで考えているのです。

近年、日本よりずっと税率が安いからと、国外に出ていく企業や、富裕層と呼ばれる人たちが後を絶ちません。

このことについて一人さんはどう思っているんだろうと聞いてみると、

「俺たちはどこの国へ行こうが日本人なんだよ。

温泉が好きで、富士山が好きな日本人なの。

俺はせっかく今世日本で産んでもらったから、大好きなこの国に恩返しがしたいの」

と言いました。

与えて与えて見返りを求めずに、それでも与える一人さんの姿・・・・・・これは愛と光の神様そのものを、見事に行動に映し出されてる姿ではないだろうか、と私は思わずにはいられません。

豊かさを引き寄せたかったら、まず豊かな人につくことだと思います。

すると、たとえ現場がすぐには帰らなくても、その時点で自分の波動が変わり、やがて引き寄せが始まります。

私たち10人の弟子も一人さんとの旅路の中で、高額納税者にランクインするようになり、税金を納めさせていただくようになりました。

月間売上1000万、2000万、3000万円の特約店さんも、その豊かさに伴い、多額の納税をすることに喜びを感じる日も、そう遠くはないでしょう。

一つ上の商人を目指し、果敢に挑戦しているのは特約店さんですが、共に目指した愛弟子さんも、一人さんのゆるがない大我に引き寄せられて、ゲームに参戦しています。

神様の愛と光に向かって垂直に登っていく一人さんに、私も、弟子の仲間たちも、そして特約店さん、愛弟子さんも参戦しているのです。

一人さんと共に、大我を持って同じ方向を目指すことができる。

私は、一人さんと生きた今世で、こんなに嬉しいことはないと思っています。

そして最後に、神様のお手伝いをする。

一人さんが日本一、いやもしかしたら世界一「ツイてる成功者」と言われているのは、これをずっとやってきたからのではないだろうかと思います。

一人さんは何十年も前から、神様のお手伝いをしてきました。
納税額日本一の快挙を成し遂げた時も、正当なる努力で仕事をしていたのはもちろんのこと、実は私たちで歯の仲間も一緒に、神様のお手伝いをしていたのです。

この時私は、自力と他力を両方使うということを学びました(この場合の他力とは神様を味方につけるエネルギーのこと)。

では、この神様のお手伝いとは何なのか。

それをやるとどんな引き寄せが起きるのか、それを詳しく紐解きながら、この記事を進めていきます。

 

 

www.shiho196123.net

 

追記 あなたは生きづらくないですか


自分に素直であるという人は

行きづらくなったりはしないのでしょうか?


斎藤一人さん


質問の意味って、こういうことなんじゃないかな?

これが嫌いだとか、あれはやりたくないとかって、嫌なことをやらないで、自分に素直に好きなことだけやって生きていると、だんだん生きづらくなって、うまくいかなくなるんじゃないかってことでしょう?

でもね、うまくいかない時、うまくいかないんだってことが素直に分かれば、それでいいんだよ。

そして、うまく行くにはどうすればいいかをそこからまた素直に学ぶだけなの。


ただ、生きづらいっていうのは、結局のところ、素直じゃないからなんだよね。


人はこの世に、魂を向上させるために生まれてきているんだよ。

だから魂を向上させるにはどうしたらいいかって考えるんだけど、人って完璧じゃないから時々間違うこともあるの。

誰かが間違ったとしても、「学ぶなんて、偉いね」ってその人を許してあげてきといけないの。


よく「ほれ、みなさい」だとか「だから言わないこっちゃない」とか言って、そういうことで優位に立とうとする人がいるけど、それってもはや愛じゃないよね。

「私に従いなさい」って主導権争いになっているだけだよ。

夫婦でもなんでも、うまくいかなくなるのは、必ずどちらかが上とか、従っせようとして主導権争いをするからなの。

争いって、愛じゃないよね。


昔は、女が男より下だって決めつけてうまくいってた時代があるんだよ。

でも現代は、女は女の、男は男の魂として、それぞれがまさく時代になっているから、女だからって男に従うべきだなんて言えない時代なんだよね。

それって要するに、どっちが上とか下とかじゃなくって、互いに励まし合い、助け合いながら魂が成長していく過程が一番素晴らしいってことなの。

そういう時代では、誰一人として犠牲者にならないっていう生き方が正しいし、そういう考え方が当たり前の時代になってきたんだよね。


現代では、学びの過程が一時代前までの人とごちゃごちゃに混ざっていて、いろんな意見がいじっているわけだけど、誰かのために誰かが犠牲になるなんて、もうそんな必要のない時代なの。

だから素直に、楽しく生きていいんだよ。

 

 

www.shiho196123.net

 

 追記の追記 何があっても大丈夫。天が私を守っているから

一人さんは「大丈夫」という言葉が大好きです。


人に相談されると、

「このままで大丈夫だよ」

というくせがありますが、相談されている時、その人についている神様を感じるのです。

そして「このままで大丈夫」という言葉がスッと出ます。

この言葉を聞いた人は本当に「大丈夫」な人生を歩みだすのです。

この世の中で一番不幸なことは、自分のことを「大丈夫だ」と思えないことです。

そしてさらに不幸なのは、周りにその人のことを「大丈夫だよ」と言ってあげられる人がいないことなんです。

人間はもともと等しく「大丈夫」なように、作られています。

学校の成績が悪い人でも、運動会でビリの人でも、そのままで幸せになれるように、神様が作ってくれているのです。

でも、それが分かっていないから、何かあると、「もうダメだ」と思ってしまう。

でも、それが分かっていないから、何かあると、「もうだめだ」と思ってしまう。

「もうできない」「もう嫌だ」そう言いながら、何遍も何百遍も、その人は「もうだめだ」を乗り越えてきたんです。

それは、いつも天が守ってくれているからなんですよ。

だから、今度の事も大丈夫!! 次のことも大丈夫!!

それにね、何であれ、少しずつ少しずつしか、上手くならないのは当たり前。

最初からうまくいくことなんて、ありえないんです。

次はうまくいくから大丈夫!!

もしうまくいかなかったら、その次うまくいくから大丈夫!!

結局、最後にはうまくいくから、大丈夫なんですよ。

一人さんが言うんだから、本当です。

悩んでいる自分には、


何があっても大丈夫。

天が私を守っているから


困っている友人には、

「大丈夫、悪いことは起こらないよ」

言葉に出して言ってみてください。

困っていることは、いつのまにか消えてなくなっているはずです。

笑顔が一番!!

私のお弟子さんの一人、宮本真由美ちゃんがこんな質問をしてきたことがあったんです。

「いつも機嫌よくいようと思っているのに、心のままにいるとぶすっとした顔になっちゃうことがあるの」

「あのね、まゆみちゃん、心がコロコロ変わるから心って言うんだよ」

「じゃあ、どうすればいいのかな?」

「簡単だよ。

笑顔でいることだよ。

心は思い通りにならないんだよ。

どうにかなるのは、顔の筋肉。

自分の心の中の不機嫌を顔に出さなきゃいいんだよ」

笑顔でいたら、周りから見たら、不機嫌かどうかなんてわからない。

笑顔でいれば、誰でも機嫌のいい人に見えるんです。

だから、演技でもいいの、笑った顔を作ってみることです。

普段の笑顔の少ない人って、笑顔を作る筋肉が落ちているんです。

自然に笑えない。

だからね、練習が必要です。

鏡に映る自分に向かって、笑顔が一番。

 

 

www.shiho196123.net

 

 

斎藤一人さんの話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとうございます。

 

www.youtube.com

https://youtu.be/xvYphwbWNEw

お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

我が儘勝手で申し開きもございません。

上記の赤色のボタンを押してくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村