コンクラーベ

斉藤一人さんです

20191229105200

斎藤一人さん ベンツの人生、トラックの人生、そしてバイクの人生

スポンサーリンク



 

 

いろんな種類の車があるのは当たり前。

 

それを不平等と呼ぶのは不思議です。

 

 

 

ベンツの人生、トラックの人生、そしてバイクの人生

 

 

どんな自分になりたいの?

 

何がやりたいの?

 

「分からない」「特に、やりたいものなんてない」という答えで、本当にいいのでしょうか。

 

 だって、満たされない心があるんでしょう。

 

ということは、少なからず、「今の自分」 は「なりたい自分」ではない、ということじゃないですか。

 

考えてみてください。

 

どうして命を授かったのか、ということを。

 

あなたは、あなた自身の人生を歩むために授かった命です。

 

他人と同じ人生でないことを悩んでも、仕方がありません。

 

一人さんは、よくこんなことを言います。

 

「車にもいろんな種類があるだろう。

 

 ベンツもあれば、トラックもあるし、バイクもある」

 

いろんな種類の車があるのは当たり前。

 

それを不平等と呼ぶのが不思議です。

 

種類が異なるものを同じ天秤にかけること自体が無理。

 

平等、不平等ではなく、いろんな人生があるだけです。

 

それよりも。あなたが、あなたの人生をどうしたら楽しめるかが一番大切。

 

あなたが、あなたのいろんな可能性に気づくために授かった命です。

 

あなたは、人を愛するために授かった命です。

 

あなたは、誰かから愛されるために授かった命です。

 

あなたが、命を輝かせるために授かった命です。

 

だったら、どうしたら、命が輝きを放つのか考えてみてください。

 

楽しんだ人が成功者。

 

今を楽しめない人は、今すら幸せじゃないんだから。

 

未来も幸せにはなれません。

 

楽しもうと思ったら、自分はどんな自分でありたいのか、何をしたいのかを、とことん追求してみることです。

 

とは言うものの。私は「社長になりたい」 と思って、商売を始めたわけではありませんでした。

 

ただ。働くのが好きで、好きでしょうがなかった。

 

それを追求してみたら、ここまで来てまったのです。

 

もともと、両親がとっても働き者ですから、私も、その「働き者」を受け継いだのでしょう。

 

高校を卒業して、父が経営する水産会社に事務員として就職して、それからずっと働き通し、休んだのはお産の時だけ。

 

子供を保育園に預けて、朝から夕方まで働きました。

 

子供たちに夕飯を食べさせて、お風呂に入れて、寝かしつけてから、夜中に市場で働いて•••••••ということが1日おきにあった時期も ありました。

 

でも、昔の私は、働きたくて、働いているのに、なぜか心が満たされませんでした。

 

もちろん、結婚して、子供も欲しかったから、妻となり、子供も産みました。

 

それでも、どうしたことか、私は自分の人生に輝きを感じることができませんでした。

 

未熟児で生まれたせいもあってか、病弱な自分。 

 

その自分から生まれた子供も、また病弱。

 

当然です、みかんの木にみかんの実しかならないのですから。

 

でも、当時の私は、そのことに気づかず、

 

病院で泣きわめく我が子を見て、私自身が

 

「泣きたい」と思うこともありました。

 

 

斎藤一人さんの話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読ありがとうございます。

 

www.youtube.com

https://youtu.be/kt-9lFbSfU0

お世話になっております。

Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

www.youtube.com

我が儘勝手で申し開きもございません。

上記の赤色のボタンを押してくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

お手数ですが、遠慮なさらずに押して欲しいんです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

シンプルライフ - ブログ村ハッシュタグ
#シンプルライフ

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

 

www.shiho196123.net

 

にほんブログ村テーマ LOVE & PEACEへ
LOVE & PEACEPVアクセスランキング にほんブログ村